和泉市きまぐれWatch

大阪府和泉市のネタをきまぐれに取り上げる個人ブログ

11月12日(土)・13日(日)「周年祭」開催/パン工房カワ・和泉店(和泉市観音寺町)

2016年11月12日(土)・13日(日)パン工房カワ・和泉店(和泉市観音寺町)で「周年祭」が開催される、という話。「今年は35年の節目にぴったりの 35枚のお得なクーポン付き!!」とか。パン工房カワの新聞折り込みチラシより。


パン工房カワの新聞折り込みチラシ(表)
パン工房カワの新聞折り込みチラシ(表)

パン工房カワの新聞折り込みチラシ(裏)
パン工房カワの新聞折り込みチラシ(裏)


以上、簡単ですが、お知らせまで!


弥生文化博物館で「文楽」の講演会(1月30日)

2011年1月30日(日)、大阪府立弥生文化博物館(和泉市池上町)で「文楽」の講演会が行われる、という話。講演会のタイトルは『大阪文化再発見講座「世界無形文化遺産 文楽の魅力」』。人形浄瑠璃「文楽」を気軽に楽しめる講座なのだとか。大夫・三味線・人形の解説、人形遣い体験のほか、ミニ公演『「艶容女舞衣(はですがたおんなまいぎぬ)」酒屋の段より』も上演されるとのこと。

大阪文化再発見講座「世界無形文化遺産 文楽の魅力」のチラシ画像。
大阪文化再発見講座「世界無形文化遺産 文楽の魅力」のチラシ画像。

詳細は以下の通り。
タイトル
大阪文化再発見講座「世界無形文化遺産 文楽の魅力」
場所
府立弥生文化博物館ホール(和泉市池上町4。最寄り駅:JR信太山駅から徒歩10分)。
時間
午後2時~3時30分
定員
170名(当日先着順。午後0時30分から整理券配布・午後1時30分から受付)
参加費
無料(ただし入館料が必要)
※入館料 一般400円/65歳以上・高大生300円
※冬季企画展「続・発掘へんろ-四国の弥生時代-」も閲覧可能
内容
1)大夫・三味線・人形の解説
2)人形遣いの体験
3)文楽ミニ公演「艶容女舞衣(はですがたおんなまいぎぬ)」酒屋の段より


【参考リンク】


府中町に不用品・家電の無料回収会場(期間限定)

府中町に不用品・家電の無料回収会場が期間限定で設置されている、という話。無料回収の開催日程は、2010年12月19日(日)~12月28日(火)。受付時間は朝9時~夕方5時まで期間外は不法投棄となるので要注意!(汗)。場所は、和泉中学校近く、コンビニ(ファミリーマート・和泉府中七丁目店)の隣
不用品・家電回収会場の地図(Googleマップ)

不用品・家電の無料回収会場のチラシ画像・表
不用品・家電の無料回収会場のチラシ画像・表

不用品・家電の無料回収会場のチラシ画像・裏
不用品・家電の無料回収会場のチラシ画像・裏


チラシによると、エアコン・パソコン・洗濯機(全自動・2層式とも)は無料で回収。さらに今回は、自転車・バイクも無料で回収するとのこと。壊れていてもオーケー、とあります。さらには、フライパン・なべ・かま・ゴルフクラブ・金属製品・ステンレス製品・アルミ製品・銅製品・真ちゅうなども。

ただし、なんでも無料回収というわけではないのでご注意を。テレビ・冷蔵庫・タイヤなど、有料となるものもあるようです。


というわけで、私も行ってきました(笑)。会場近くまで来たとき、一見すると誰もいないようなので、焦りました。しかし、組立式のパイプテントがあって、そこに担当の人が座って待機していました。大丈夫かと思いつつ、料理鍋とかも持っていったのですが、あっさり引き取ってくれました

回収現場を見渡すと、ブラウン管テレビや電子レンジなどのほか、レンジ台や鍋・やかん、あるいは三輪車や自転車とかも置いてあるような……?

とにかく金属が含まれているものであれば、引き取ってくれるようです。一方で、プラスチックのみの製品はダメとのこと(プラスチックバケツとか? たまに持ち込みがあるのだとか)。

この週末に回収会場前を通りかかった人の話では、たくさんの方が訪れていた、のだとか。これから年末の大掃除シーズンということで、さらに不用品・不要家電が出てきたご家庭からの持ち込みも多いのでは?

フリーダイヤルもあるので、判断に迷ったら、事前に問い合わせてみてはいかがでしょうか? また、持ち込みできない方には出張回収サービスもあるとのこと(ただし出張料が必要)。


チラシ掲載の回収例は、以下の通り:
家電製品
液晶テレビ、エアコン、洗濯機、給湯器、ボイラー、ビデオ、コンポ、ラジカセ、アンプ、美容器具、食器洗い機(食洗機)、オーブントースター、ファンヒーター、ストーブ、扇風機、換気扇、ゲーム機、楽器類、掃除機、乾燥機、除湿器、炊飯器、餅つき機、ガスレンジ、電子レンジ、アイロン、ミシン、編み機
OA機器
パソコン本体、ノートパソコン、ワープロ、液晶モニター、ファックス、電話機、コピー機、プリンタなど
機械・工具など
農機具、トラクター、耕耘機、チェーンソー、草刈り機、自転車、バイク、バッテリー、水中ポンプ、発電機、溶接機、各種エンジン、重機、アルミホイール、鉄製のロッカー、物干し竿、鉄パイプ類、エレキギター、鉄スクラップ、自動販売機など

ちなみにチラシによると、不用品・家電の無料回収を行っているのは、「ジェイリング」という大阪の会社。ホームページを見ると、不用品回収のほか、ハウスクリーニング(ゴミ屋敷の掃除?)、遺品整理などのサービスも取り扱っているようです。



回収会場の場所(Googleストリートビュー)大きな地図で見る


「焼肉 だんじり屋」、10月4日に完全リニューアルオープンしていた

「ほんわか屋」改め「焼肉 だんじり屋」が2009年10月4日(日)から完全リニューアルオープンしていた、という話。チラシで見た情報です。チラシには『あの、ほんこん・タンクが当店を完全プロデュース』と書いてあるのですが、ということは、今は無きあの「ほんこん亭」が復活した感じなのでしょうか?

ほんこんプロデュース「焼肉だんじり屋」の広告チラシ画像。
「焼肉だんじり屋」の広告チラシ画像。


チラシによると、「焼肉だんじり屋」の特長は以下の通り:
  • 各テーブルに簡易仕切り
  • 完全無煙ロースター
  • 貸切予約食べ放題あり


忘年会・新年会各種パーティー予約承り中ほか、スタッフも募集しているようなので、興味を持たれた方は問い合わせされてみてはいかがでしょう?


【「焼肉 だんじり屋」の店舗概要】
住所
〒594-0082 大阪府和泉市富秋町2丁目10番9号(地図はチラシを参考のこと)
営業時間
11:30~24:00
定休日
年中無休
電話番号
0725-45-8929


ちなみにタンクさんとは、お笑いコンビ「シンクタンク」の肥っているほうの人(本名:辻 智之(つじ ともゆき))で、大阪府岸和田市出身なのだとか。


【参考リンク】


「タナカウ本店」がノートコーナー増設中

和泉府中にある老舗の文房具・オフィス事務用品店「タナカウ」(本店)が、ノートコーナーを増設中、という話。「ロディア」「フォブ・コープ」「六度法マスターノート」など、和泉市はもとより、泉州地域では手に入りにくいブランドメーカーのノートや話題のノートが続々入荷中、なのだとか。チラシ「タナカウ本店NEWS Vol.6(9・10月号)」からの情報です。

タナカウ本店NEWS(ニュース)Vol6 9・10月号のチラシ画像
タナカウ本店NEWS(ニュース)Vol6 9・10月号のチラシ画像


「タナカウ(田中宇)」本店とは、JR阪和線和泉府中駅近くの文房具・オフィス事務用品店。いつごろ創業したのかは不明ですが、昔からある文房具店だと思います。文房具・事務用品や画材などが充実していて、イズミヤなどの文房具コーナーにない商品でも、タナカウに行けば見つかるかも……という、個人的にはそんな印象のお店。
※ちなみに光明池サンピア店(泉北高速鉄道・光明池駅前サンピア2F)もありますね。

定価販売のお店と思いきや、一般文具・事務用品は20%オフで販売。またポインカード(チラシの誤記? ポイントカード?)もあるようです。
※でも私はもらったことがないです。何度か購入したことがあるけれど……最近、発行した?

そんなタナカウ本店では、ただいまノートコーナー増設中とのこと。チラシやホームページによると、取り扱っているノートの商品例は、以下の通り:


アピカ(APICA)
「無地表紙ノート」
コクヨ(KOKUYO)
東大合格生のノートから編み出されたの「美しく書くためのノート」
ショウワノート(SHOWA)
『六度法マスターノート』と言われる「美しい文字が書ける練習用ノート」。「“キレイな字”のための練習ノート、字形整正技術「六度法」を採用。 | Narinari.com」に詳しい説明あり。また、六度法については「六度法ノート-富澤敏彦の「美しい字を書く技術」」という本があります(シティプラザ図書館でも借りられます)。
ツバメノート
1万年以上永久保存可能(!)という「ツバメ中性紙フールス」を使用。高級クラシックノートとして知る人ぞ知るこだわり派メーカー。
ロディア(RHODIA)
科学者やデザイナーなどのクリエイターに大人気のブランド。
フォブ・コープ(F.O.B COOP)
全国展開している輸入インテリア雑貨のセレクトショップ。ステーショナリーのほか、家具、キッチン用品なども取り扱っているブランド。
エトランジェ ディ コスタリカ(etranger di costarica)
オリジナルデザインステーショナリーをはじめ、インポート生活雑貨、インポート玩具などを販売しているブランド。
ライフ
高級特別抄造紙Lクリームライティングペーパーを使用した「ノーブルノート」。


そのほか、ホームページでは、こんな商品・サービスの紹介が。
  • 学校プリント用ガバットファイル」(大量のプリントやテスト用紙を1冊に綴じることが可能)
  • 受験生応援グッズ(単語帳やチェックペン、必勝グッズなど)
  • 和泉市・高石市・泉大津市の事業系可燃ごみ用指定袋
  • 喪中はがき印刷
  • ヴィダジャパンコスメ 透明枠練り洗顔石鹸
  • インフルエンザ対策用のマスク
  • uni50周年限定モデル「ユニカラー240リミテッドエディション」(10月1日販売)の予約受付


というわけで、気になったという方は、一度「タナカウ本店」をのぞいてみてはいかがでしょうか? ただし、車で行くという方はご注意を。駐車場はなく、また店舗前道路は一方通行なので。周辺の道路状況(Googleマップによる地図)を確認しておきましょう。


◆タナカウ(田中宇)本店の店舗概要
住所
大阪府和泉市府中町7丁目3-46(Googleマップによる地図
営業時間
月~金曜日 午前9:00-午後8:00/土・日・祝日 午前9:00-午後6:00
定休日
毎月第2、3日曜日


【参考リンク】