和泉市きまぐれWatch

大阪府和泉市のネタをきまぐれに取り上げる個人ブログ

伯太町のプロボクサー(26)飲酒運転の疑いで逮捕/タクシーに追突、ほか

今回は、残念な事件・事故の話題を2つ……。

一つ目。2017年7月12日、和泉市伯太町のプロボクサー(26)が飲酒運転(酒気帯び運転)容疑で大阪府南署に逮捕された、という話。逮捕容疑は12日午前2時ごろ、大阪市中央区内で酒気帯び状態でワゴン車を運転した疑い。容疑を認めている、とのこと。
酒気帯び運転容疑でプロボクサー逮捕=元新人王再起途上-大阪府警:時事ドットコム


アルバイト先の車を運転して帰宅する途中でタクシーに追突する事故を起こしたことで、警察官が基準を超えるアルコールを確認したため、逮捕された……そうです。

かつて「辰吉2世」とも呼ばれ、全日本新人王を獲得したほどの実力を持ったプロボクサー。しかし2015年に傷害事件を起こして逮捕。「ライセンス停止を経てジムを移籍し、今年8月に復帰4戦目を予定していた」……ということで再起を図っていた最中の、再びの不祥事。本当に残念です。



二つ目。12日午前2時50分ごろ、泉佐野市内の府道でバイクの後部座席に乗車していた和泉市王子町の大学1年(18)が落下、対向車にはねられ死亡した、という話。友人らとバイク5台で連なって走行中、併走していたミニバイクの友人の肩と叩こうと2人乗りのバイクが接近した際、タイヤ同士が接触し転倒。後部座席の大学生が投げ出され、対向車線を走る乗用車にはねられたとのこと。
友人の肩を叩こうとして転倒…バイクの後ろに乗っていた大学生、対向車にはねられ死亡 大阪・泉佐野 - 産経WEST


バイクを運転していたアルバイト男性(21)にけがはなかったものの、接触したミニバイクを運転していた高校3年の少年(18)も転倒して病院に運ばれたとか……。


以前にも何度かブログ記事で『最近の子どもたちって「危険を予知・予測・想像する力が欠如しているのでは?」』と書きました。走行中のバイクから別の併走バイクの運転者の肩を叩こうという行為に、少しでも「危ないかも」「怖いかも」「自分がケガするかも」「相手にケガさせるかも」といった感情あるいは予測が浮かんでいれば、最悪の結果は避けられていたかも……本当に残念です。


ほんの軽い悪ふざけのつもりでしたことが、自分と他人のどちらか・あるいはその両方に最悪の結果をもたらすこともある……二度とこのような悲しい事故が起きないことを祈るばかりです。


「バイクでお巡りさんひいた」和泉市の無職少年(16)、友人の母に説得され出頭

ミニバイクで警察官をひいたという和泉市の無職少年(16)が、友人の母に説得され出頭した、という話。3日(月)午前2時35分ごろ、熊取駅前交番前の一方通行の道路をミニバイクで逆走して男性警部補(40)と衝突、そのまま逃走したとして、泉佐野署が3日、逮捕とのこと。産経WESTの記事より。
「バイクでお巡りさんひいた」16歳少年、友人の母に説得され出頭 - 産経WEST


「警部補は両腕や両膝に軽傷を負った」ということで、命にかかわる大ケガなどなかったのは不幸中の幸いだったと思います。


それにしても16歳といえば、ほんの数年前は「小学生」。登下校中には通学路に立つ見守り隊などの大人たちに「見守られる側」だったはず。それが数年後、自分たちが他人に害を及ぼす「加害者・犯罪者の側」になるというのは、どういうことなのか? 非常に残念です。

……と、以前にも未成年による犯罪に関して、同様のことを書きましたが。


他にも若いコたちのバイクといえば、ノーヘルや原付のニケツ(二人乗り。原付は不可)、信号無視や歩道走行など、いろいろ見かけることも多い(ドラレコに映っていることもあり)ですが、どこを境にして、そんな風になってしまうのか? 本当に残念です……。


小学生3人を児童相談所に送致/和泉市集合住宅・ボウリング球投げ落とし

先月5月、和泉市鶴山台の集合住宅の11階からボウリングの球が投げ落とされた事件で、小学生3人が補導・児童相談所に送致された、という話。大阪府警和泉署が5日、「住居侵入と軽犯罪法違反の非行内容で、府内の小学5年の男児(11)と女児(10)、小学4年の男児(9)の計3人を児童相談所送致」とのこと。産経WESTの記事より。
11階からボウリング球投下、小学生3人を児童相談所送致 大阪・和泉「どうなるか興味あった」 - 産経WEST


この件では、「そもそもボウリングの球って、どこから持ってきたのか?」と個人的には不思議に思っていました。記事には「ボウリング球は団地9階の踊り場に放置されていた」とありました。なぜそんなところに放置されていたのか? 新たな疑問が……。


「ボウリング球を落としたらどうなるか興味があった」とのことですが、これって「もしも人に当たったら」という考えは思い浮かばなかった、ということでしょうか……。『最近の子どもたちって「危険を予知・予測・想像する力が欠如しているのでは?」』と、前回の記事でも書きましたが。

ボウリングの球ではなくても、例えば自転車の乗り方とかも、猛スピードで歩行者のすぐ横を通り過ぎたり、あるいは信号無視したり、見通しの悪い曲がり角に突っ込んでいったり……そういうのを見たことがあります。

でも、それをいえば大人でも、狭い道を猛スピードで飛ばす車やバイク、あるいは自転車がありますね……。


なお、この件については、他の新聞やテレビニュースでも報じられています。
11階からボウリング球落とした小学生3人補導 大阪 和泉 | NHKニュース
大阪府警:ボウリング球を投げ落とし 児童3人を児相送致 - 毎日新聞
11階からボーリングの球投げ落とす、小学生3人送致|MBS 関西のニュース
団地11階からボウリング球投下=小学生3人を児相送致-大阪府警:時事ドットコム


ちなみに、前回のブログ記事はこちら:
鶴山台の団地・上階からボウリング球投げ落とす/小学生3人を児相通告へ|和泉市きまぐれWatch


いぶき野の男性会社員(28)を書類送検/マジックミラー付きスマホを女子トイレに置く

2日午後、和泉市内のコンビニの女子トイレにマジックミラー付きスマホを置き、動画を撮影しようとした和泉市いぶき野の男性会社員(28)が25日、府迷惑防止条例違反(卑わいな行為の禁止)容疑で大阪府警・和泉署に書類送検された、という話。
マジックミラー付きスマホ、動画撮影のために女子トイレに置く 大阪府警、28歳男を摘発 - 産経WEST
トイレにスマホ内蔵の鏡=盗撮容疑で28歳男逮捕-大阪府警:時事ドットコム


時事ドットコムの記事によると「設置から15分後に店長が発見し、同署へ通報。約1時間後、回収に来た男に任意同行を求め、逮捕した。被害者はいなかった」とのこと。

また「府は被害者がいなくても盗撮機器の設置だけで検挙できるよう、4月に同条例を改正」「改正条例の適用は初めて」ということです。


ということは、条例の改正以前は、盗撮機器の設置だけでは処罰することができなかったわけですよね。条例の改正により、やっと法律が現実に追いついた、ということですね。

それでも「条例」でしか対応できていない、つまり「刑法」による対応ではないということで、「まだまだ甘いのでは?」という印象が個人的にはするのですが。


ところでアメリカでは、「盗撮を厳罰化する」という流れがあるようです。

先日見たアメリカのドラマ「MAJOR CRIMES ~重大犯罪課3」のある回では、「盗撮は性犯罪で重罪」というセリフがありました。ただし実際には、州によって異なるようです。

それでも、2015年2月の情報として『共和党は「盗撮行為は被害者が18歳以下の場合は自動的に重罪。最高5年の刑か1500万円の罰金もしくは両方を課す」という法改正案を議会に提出中』『少なくとも30の州が盗撮に対しより厳しい刑罰を制定した』とありました。
4年間少女を盗撮していたのに重罪に問われない男=米オレゴン州 - エキサイトニュース


日本でも「盗撮は性犯罪で重罪」となる日は、やがて来るのでしょうか?


今月、和泉市で発生した、小学生による2つの大事件について

今月、和泉市では、小学生の犯行による大きな事件が2つも起きました。一つ目は7日に発生した、コンビニ店内・放火事件。二つ目は14日、団地上階・ボウリング球投げ落とし事件。いずれもひとつ間違えば被害者が、最悪の場合は死者が出ていたかもしれない重大事件です。

とくに2件目のボウリング球投げ落とし事件は、大きな注目を集めていたようです。複数のテレビニュースやワイドショーでも取り上げられていたほか、ネット上でも、記事コメント投稿欄やツイッターなどで事件に対する感想がたくさん投稿されているのを目にしました。

そこで個人的に気になっているのが、これらの事件について、市内のすべての小学校や中学校で取り上げることはあったのか? ということ。みんなで事件の重大さについて考える機会を設けたのか? どのような話をしたのか? など……。

とくに1件目のコンビニ放火事件のあと、みんなで考える機会を設けたにも関わらず、2件目の事件が起きたのだとすれば、問題の深刻さが児童・生徒たちの一部には伝わっていなかったということで、非常に残念だと思います。

一方で、もし1件目のコンビニ放火事件のあと、まったく取り上げなかった学校があるとすれば、そしてもし、2件目の事件の児童たちが通っていた学校がそうだとすれば……。一市民にとっては、いずれも知るすべはありませんが。

いずれにしても今一度、今回の2つの事件について、他人事ではなく自分事として、真剣に考える機会を市内の小・中学校で設けて欲しい……って、設けているのかもしれませんが、そうしたことが、市ホームページや学校ブログ、校長先生ブログ、あるいは議員ブログなどで触れられていないので、ぜんぜんわからないんですよね(※)

と、今回はこういう話で。


※)少なくとも2017/05/20現在まで、私が普段チェックしているWebページやブログでは、という意味で。もちろん、ありとあらゆるWebページ・ブログなどチェックしているわけではないので、もし言及している方がいらっしゃったなら、申し訳ないです。