和泉市きまぐれWatch

大阪府和泉市のネタをきまぐれに取り上げる個人ブログ

おすすめのオーブン電子レンジ「HITACHI MRO-GS7-H(日立)」購入レポート:評価・感想・レビューなど

今回はネット通販体験・評価レポート。日立の過熱水蒸気(ボイラー式)オーブン電子レンジ「MRO-GS7(H)」(ライトグレー)を、昨年12月にネット通販で購入した、という話。個人的には、あたためメインで使うならおすすめの電子レンジだと思います。3万円以下という価格ながら、給水タンク方式のスチーム機能も搭載されており、コストパフォーマンスの高いレンジ。また操作についてはジョグダイヤルではなく、時・分・秒などの専用ボタンがあるので、手動調理がしやすい便利な電子レンジとして、個人的には気に入っています。

というわけで、このページでは「日立の過熱水蒸気(ボイラー式)オーブン電子レンジ「MRO-GS7(H)」(ライトグレー)」の評価・感想・レビューなどをご紹介しています。あと、ページ末には、デジカメ写真画像も掲載(取扱説明書・マニュアルの一部も含む)しています。参考にしていただけるとうれしいです。

日立の過熱水蒸気(ボイラー式)オーブン電子レンジ「MRO-GS7(H)」(ライトグレー)の商品画像。
日立の過熱水蒸気(ボイラー式)オーブン電子レンジ「MRO-GS7(H)」(ライトグレー)


※購入したのはジョーシンWebのページ「MRO-GS7-H | 日立 | 過熱水蒸気オーブンレンジ 22L ライトグレー | ジョーシン」から。そのときの価格は長期修理保証(5年) も含めて、約26,000円でした。しかし2011年1月現在ではアマゾンでも、より安く購入できるようなので、ここではアマゾンの商品ページにリンクしています。


オーブン電子レンジ購入(買い換え)のきっかけ


買い換えのきっかけは、使っていた電子レンジがたびたびエラーメッセージを出すようになったため(「H98」のエラー表示。マグネトロンの問題? なのだとか)。購入後10年近く経っていることもあり、レンジが壊れる前に買い換えを決めました(ちょうど、不要家電の無料回収サービスもあったので)。
※ちなみに買い換え前の機種は、ナショナルのオーブンレンジ「NE-J40」(99年製)です。


通販利用時の注意点


ところで、通販の場合は基本的に「商品の配送」のみなのでご注意を。「宅配便」で、玄関先までの配達となります。梱包の開封から商品の設置そして旧製品の処分まで、すべて自己責任です。「アース線の取り付け」も自分でやることとなります(といっても、ドライバーでネジを外して取り付けるだけなので、それほど難しくないはず?)。
商品の設置および使用していたレンジの引き取り(処分)を望む場合は、地元の家電量販店などで購入するとよいでしょう。


オーブン電子レンジの選び方のポイント


さて今回、私がオーブン電子レンジ選びのポイントとしたのは、以下の2点です。
庫内の清掃のしやすさ
具体的には、庫内が全面フラット(平面)かどうか?
とくに庫内上面を要チェック。ヒーターガラス管が向きだしのタイプがある。
庫内の掃除のしやすさを重視する人にオススメのチェックポイント。
電子レンジの大きさ(設置スペース)
欲しいオーブン電子レンジが、設置したいスペースに収まるサイズかどうか?
「給水タンク」式のスチーム機能
スチーム機能をうたっていても、実際は角皿に水を注いだりする「簡易スチーム」タイプもあるので。
以上の基準をもとに「価格.com - 電子レンジ・オーブンレンジ | 製品情報、価格比較、通販」で、現在発売されているレンジを探してみたところ、「日立のオーブン電子レンジ MRO-GS7-H」を発見。他のオーブンレンジとも比較してみた結果、これを購入することに決めました。

というわけで、次は「日立オーブン電子レンジ MRO-GS7-H」の特長(メリット)を紹介してみます。


「日立オーブン電子レンジ MRO-GS7-H」の特長(メリット)


MRO-GS7-H」の特長について、箇条書きで紹介してみます。

  • コンパクトで省スペース。外形寸法は幅483×奥行386(ハンドル含む42.7)×高さ340(mm)。
  • 背面壁ピッタリ設置&上方放熱スペース10cmでオーケー。
  • 全面フラット庫内で掃除しやすい。上面もフラット。ヒーターガラス管がむき出しになっていない。
  • 「給水タンク」式のスチーム機能。
  • ボタンの数が多い。「早らくキー(カテゴリー選択ボタン)」ほか、ワット数および時分秒ボタンがある。
  • 操作音・終了音(メロディー)は「ブザー音(ピピピ音)」や「無音」に切り替え可能(音量調節はなし)。

逆に今度は、「日立オーブン電子レンジ MRO-GS7-H」の短所(デメリット)と思われる点について、触れてみたいと思います。


「日立オーブン電子レンジ MRO-GS7-H」の短所(デメリット)?


日立オーブン電子レンジ MRO-GS7-H」の短所(デメリット)については、以下の通りです(あくまで個人的な感想です)。
オート調理のメニュー数やレシピ数が少ない
上位機種と比較すると、オート調理のメニュー数やレシピ数が少ない。オートメニュー数は33、レシピ数(付属のクッキングガイド掲載数)は89。
庫内容量が22Lと小さめ?
個人的には前のレンジとほぼ同じなので、特に不満はありません。ただし上位機種では、庫内容量の標準的なサイズ30L以上がなので、念のため指摘しておきます。
オート調理の「できあがり時間の計算表示」が遅い?
オート調理では、「できあがり時間の目安」が表示されます、しかし、表示されるまでの計算時間が遅いような?(40秒ぐらい?)。前のレンジでは、すぐに表示されていたので。
複数調理機能がない
上位機種に搭載されている「2品同時オーブン」「2品同時あたため」といった、複数の食品を調理する機能はありません。
黒皿用の「取っ手」が別売
黒皿を取り出すときに使う「取っ手」は付属していません。別途購入するか、あるいはふきんやオーブン用手袋を用意する必要があります(ウチでは、前のレンジに付属していた取っ手をそのまま使っています)。
もっとも、こうしたデメリットよりメリットのほうが多いと思ったので、購入したわけですが。

というわけで、次は「こんな方におすすめのオーブン電子レンジでは?」という例を挙げてみたいと思います。

【2011/02/06追記】
ちなみに「MRO-GS7」の黒皿用の取っ手の型番は、「MRO-N80 003」(希望小売価格:840円・税込)です。MRO-GS7の取扱説明書(PDFファイル)の4ページ目に記載されています。
「MRO-GS7」の黒皿用の取っ手の型番

楽天で「MRO-N80 003」を検索すると、販売しているショップが見つかりますが、家電量販店に注文すれば取り寄せることができると思います(たぶん送料無料、というか不要)。


「日立オーブン電子レンジ MRO-GS7-H」は、こんな方にオススメ。


個人的には、以下のような方にオススメのオーブンレンジだと思います。

  • あたためがメインという方
  • お手入れ・掃除のしやすいオーブン電子レンジが欲しい方
  • コンパクトで省スペースなレンジを選びたい方
  • マニュアル調理が多いという方
  • ジョグダイヤルが苦手という方
  • ボタン操作を少なくしたい方
  • オート調理やオーブン機能はあまり使わない方

次は、「日立オーブン電子レンジ MRO-GS7-H」の評価・感想・レビューです。


「日立オーブン電子レンジ MRO-GS7」の評価・感想・レビュー


実際に日立オーブン電子レンジ MRO-GS7を使ってみた感想や評価、レビューそして気づいたことなどを以下に挙げておきます(といっても、メリットとデメリットのまとめみたいですが)。
  • 出力切替や時分秒のボタンがあるので、個人的には操作しやすい。ジョグダイヤル方式でボタンが少ない上位機種に比べると、ボタンを押したりダイヤルを回したりする回数は少なくて済んでいる、と思う(しかしこの評価は、個人の好みによって異なるかもしれません)。
  • ご飯のあたため(200g)は「やや弱」の仕上がり設定で、できあがりやや熱めかな? という感じ。ちなみに「100g未満のものはマニュアル調理で」と説明書にあります。
  • あたための出来具合は、食品の分量や器の大きさなどで違ってくるみたい。仕上がり調節あるいはマニュアル調理で好みの設定を見つけるのが良さそう。
  • オーブンやスチーム機能は、まだほとんど使っていないので未評価。
  • 運転中の音は、個人的には問題ないレベル(騒音に感じないレベル)。
  • 操作音・終了音(メロディー)の切替専用ボタンはない。「温度/仕上がりボタン」の3秒押しで切り替え。切替やすいとはいえないが、ひんぱんに切り替えるわけではないので、個人的には問題なし。
  • ウチでは「ブザー音」に設定。標準のメロディー音はやや大きめに感じるため。
  • 「Made in Thailand」(タイ製)だった。

続いては、購入時のトラブルや不具合など……。


購入時のトラブル、不具合など


日立オーブン電子レンジ MRO-GS7-H」の購入してから2011/01/現在で1ヶ月ほどになりますが、エラーメッセージが出たり、動作がおかしくなったりといったトラブルや不具合は、今のところありません。

次はお待ちかね? の、商品画像のご紹介です。


「日立オーブン電子レンジ MRO-GS7-H」の商品画像など


「日立オーブン電子レンジ MRO-GS7-H」の商品箱。
1)「日立オーブン電子レンジ MRO-GS7-H」の商品箱。上に載せているのは、半分に折った新聞紙。

商品箱の上面。
2)商品箱の上面。商品の取り出し方が記載されているので、この通りに取り出すと良い。

箱から取り出した「MRO-GS7-H」
3)箱から取り出した「MRO-GS7-H」

「MRO-GS7-H」の背面。
4)「MRO-GS7-H」の背面。アース線取り付け位置。プラスネジ。

「MRO-GS7-H」の背面。
5)「MRO-GS7-H」の背面。黒い部分が蒸気吹き出し口。

「MRO-GS7-H」の側面左側。
6)「MRO-GS7-H」の側面左側。下から電源コードが出ている。

設置した「MRO-GS7-H」。
7)設置した「MRO-GS7-H」。プライバシー保護のため、モザイクかけてます(汗)

「MRO-GS7-H」の取扱説明書および料理集(クッキングガイド)。
8)「MRO-GS7-H」の取扱説明書および料理集(クッキングガイド)。カラー印刷じゃないのが残念。

「MRO-GS7-H」の庫内。
9)「MRO-GS7-H」の庫内。

「MRO-GS7-H」の庫内。
10)「MRO-GS7-H」の庫内。スチーム吹き出し口。上面がフラット。

「MRO-GS7-H」の庫内右側。
11)「MRO-GS7-H」の庫内右側。

「MRO-GS7-H」を初めて使うときの説明。
12)「MRO-GS7-H」を初めて使うときは、空焼き(脱臭)しなさいとのこと。

「MRO-GS7-H」の付属品など。
13)「MRO-GS7-H」の付属品など。

「MRO-GS7-H」の給水タンク。
14)「MRO-GS7-H」の給水タンク。フタを開けた状態。

「MRO-GS7-H」の給水タンク
15)「MRO-GS7-H」の給水タンク。フタを閉じた状態。

旧製品レンジの付属品である黒皿用の「取っ手」。
16)旧製品レンジの付属品である黒皿用の「取っ手」。「MRO-GS7-H」にはこの取っ手が付属していないので注意(別売り品とのこと)。


次は、「日立オーブン電子レンジ MRO-GS7-H」の主な仕様をご紹介します。


「日立オーブン電子レンジ MRO-GS7-H」の主な仕様一覧


メーカー型番:MRO-GS7 H
サイズ:34.0×48.3×38.6cm
本体重量:約13500g
原産国:タイ
交流式
電源:AC100V
レンジ手動出力(W):800、600、500、200相当、100相当
レンジ消費電力(最大):1450W
オーブン出力:1280W
オーブン消費電力:1330W
オーブン温度調節:100~210度、250度※発酵(30・35・40・45度)※最高設定温度での運転時間は5分間です。その後は自動的に250→210度に切り替わります
グリル出力:1280W
グリル消費電力:1330W
庫内形状:フラット
センサー種類:赤外線センサー+温度センサー
スチーム機能:水タンク
スチーム機能(過熱水蒸気):ボイラー式
オーブン/グリル機能(方式):上下平面ヒーター式(1段)
オーブン/グリル機能(最高温度):250度※最高設定温度での運転時間は5分間です。その後は自動的に250→210度に切り替わります

最後におまけとして、他に比較したオーブン電子レンジをご紹介しておきます。


おまけ:他に比較したオーブン電子レンジ


日立オーブン電子レンジ MRO-GS7-H」と比較したオーブン電子レンジを、以下にご紹介しておきます。

「Panasonic 3つ星ビストロ スチームオーブンレンジ コモンブラック NE-A263-CK」の商品画像。
Panasonic 3つ星ビストロ スチームオーブンレンジ コモンブラック NE-A263-CK

「ビストログリル皿」がウリ。仕事などの関係で夜に家事をすることが多いいわゆる「夜カジ」な人向けの電子レンジということで、ボタン一つで終了音・操作音をOFFにできる専用の「ブザー音 切/入キー」を装備しているのが特徴。ただし、スチームは給水タンクを使うものの、庫内奥の「水受皿」に水をためてスチームを発生させる仕組み。なぜかこの機種、置いている実店舗が近隣にはなかったため、実物を見たことなし。おそらく庫内上部は管ヒーターむき出しだろうということで、却下となりました。あと、色がブラックしかないので。

「Panasonic 3つ星ビストロ スチームオーブンレンジ ホワイト NE-A303-W」の商品画像。
Panasonic 3つ星ビストロ スチームオーブンレンジ ホワイト NE-A303-W

ビストロシリーズでは唯一、庫内上部がフラットな機種(だったと思います。購入検討の方は要確認のこと)。ただ、ウチではサイズが大きすぎる、ということで却下。あと、ボタンキーの数が少なすぎるのも気になりました。


参考リンク




↓最後にもう一度、紹介しておきます。

日立の過熱水蒸気(ボイラー式)オーブン電子レンジ「MRO-GS7(H)」(ライトグレー)の商品画像。
日立の過熱水蒸気(ボイラー式)オーブン電子レンジ「MRO-GS7(H)」(ライトグレー)



楽天ブックスのトラブル:新品なのに「折れ」「破れ」?

楽天ブックスで本や雑誌を注文したら、新品なのに「折れ」「破れ」のある商品が連続して届いた、という話。これまでアマゾンなど他のサイトで購入したことがありますが、「折れ」「破れ」といった不具合は一切なかったので、ショック……楽天ブックスではトラブルが多いのでしょうか? というわけで、今回はネット通販のお話です。


とりあえず、ウチに届いた「折れ」「破れ」のあった商品の写真を以下に掲載しておきます。1冊は、本体表紙の真ん中に折れた跡が。しかし不思議なのは、カバーには全く折れ目がないこと。なぜ中身にだけ折れ目が付いていたのか……? もう一冊は、裏表紙の右下隅の破れ。作業員が梱包する時に傷づけた? しかし、破れた切れ端は箱の中に入っていませんでした。出版社から納入された時点で、すでに破れていたのでしょうか?

「折れ」のある楽天ブックス購入「本」の写真画像。
「折れ」のある楽天ブックス購入「本」

「破れ」のある楽天ブックス購入「雑誌」の写真画像。
「破れ」のある楽天ブックス購入「雑誌」


楽天booksでは、こうしたトラブルが多いのでしょうか? ためしに「楽天ブックス トラブル」でGoogle検索してみたら、似たようなトラブル事例が見つかりました。『初めて楽天で本を買ったんだが2冊のうち、1冊が中古みたいな状態(表紙、中面の左中央あたりに読んだときに出来る折跡がある)』とか、『発売されたばっかりの本を買ったのにも関わらずコンビニでさんざん立ち読みされた後の雑誌みたいによれよれ状態のが届いたぞ。ありえねーつーか、ブックスで働いてる奴らまさか休憩中に売り物の本回し読みとかしてないよな? 』など……。もっとも、一番の話題は「注文した商品が届かない」というトラブルのよう?(汗)。


ネット通販で購入した本・雑誌に「折れ」「破れ」があったのは、個人的には今回が初めての経験。アマゾンやオンライン書店bk1(ビーケーワン)などで購入したことがありますが、こんなトラブルはありませんでした。スリキズもほとんどない、新品が送られてくるのが普通という感じです。書店のように立ち読みがないので、美品が発送されるのは当然ともいえますが……。
※もちろん梱包時や納品時に多少のスリキズがつくことはあるでしょうし、実際、ちょっとしたスリキズを目にすることは、新品といえどもあります。


ちなみに古本・中古本の場合は「折れ(ドッグイア。角折れ)」「破れ」あるいは「書き込み」など、不具合のある商品が届いたという経験がけっこうあります。例えば、ブックオフオンライン、イーブックオフ、古本市場あるいはアマゾンマーケットプレイスとか……。ただし、この場合は古本なので、ある程度のリスクはやむを得ないとは思います。
※それでも出荷前の検品をしっかりやっていれば、起こりえないのですが。ちなみに美品に見えても、ウェットティッシュなどで拭いてみると、ホコリやタバコのヤニなど、汚れが予想以上に取れたりすることも。特にDVDやCDとか(汗)。

もちろん実績からいえば、楽天ブックスから美品が届くことのほうが多いのです。しかし、連続して「折れ」「破れ」といったトラブルに出会ってしまうと……「折れ」「破れ」のある商品が届くリスクが高いというなら、利用しづらいです(^^;)というか、購入したくない(当たり前?)


とはいえ、本・雑誌だけでなく、DVD・ブルーレイ・CDやゲーム、ソフトウェアや洋書も購入できるので、楽天booksも、Amazonと同じくらい便利。それに「楽天ポイントがたまるキャンペーン」があったり、Amazonにはないメリットもあります。というわけで、送料無料キャンペーンがある場合は、楽天ブックスも利用したいところ、なのです。


今のところ、ネット検索の結果でも楽天ブックスの評価・評判など感想はイマイチのようですが、今後、楽天booksの商品管理や梱包・発送時の取り扱いなどが改善されて、楽天ブックス利用者の評価が向上してくることを期待したいと思います。ということで、楽天ブックスでの購入レビューでした。

【追記】2011年到着分から以下のような、商品出荷の担当者氏名が明記された「出荷検品表(票?)」が同封されていました。楽天ブックス側の改善策、ということでしょうか?

楽天ブックスの出荷検品表
楽天ブックスの出荷検品表


※まあ、本来は楽天ブックスに返品や交換を申し込むところなのですが、今回はあえてやめておきました。というのも、一冊は書き込んだりするもので、もう一冊は雑誌だったので、まあいいかなぁ……と。手続きや交換待ちも面倒なので(疲れるし)。ただし、大切に読みたい本や装丁のきれいな本などだったら、絶対に返品・交換を申し込みます!(^^;)

※ちなみに、ページの順番違いなら「乱丁本」、ページの抜けなら「落丁本」ということで、出版社への交換申込が基本。でも店舗(書店)での購入なら、現物があれば交換対応してもらえるはず? ネット通販の場合は……知りません(汗)。なお、個人的には落丁本・乱丁本にあたった経験はありません。

【参考リンク】


「DRETEC 10キーデジタルタイマー「シンプティ」 ホワイト T-181WT(ドリテック)」購入レポート:評価・感想・レビューなど

今回はネット通販体験・評価レポート。ドリテックのデジタルタイマー「『DRETEC 10キータイマー 「シンプティ」 ホワイト T-181WT(ドリテック)』」を、amazon(アマゾン)で購入した、という話。商品価格は約1,000円。その安さにもかかわらず「音量調節が2段階」「大きな液晶表示・ボタン」「カウントアップ機能」「リピート機能」など、機能も充実した使いやすいキッチンタイマーといえます。「防水機能など不要。とにかくシンプルで安いキッチンタイマーが欲しい」という方には、オススメのキッチンタイマーであると、個人的には思います。

というわけで、このページでは「『DRETEC 10キータイマー 「シンプティ」 ホワイト T-181WT』」の評価・感想・レビューなどをご紹介しています。あと、ページ末には、デジカメ写真画像も掲載(取扱説明書・マニュアルの一部も含む)しています。参考にしていただけるとうれしいです。


『DRETEC 10キータイマー 「シンプティ」 ホワイト T-181WT(ドリテック)』の写真画像。
DRETEC 10キータイマー 「シンプティ」 ホワイト T-181WT



『DRETEC 10キータイマー 「シンプティ」 ホワイト T-181WT』の特長(メリット)


『DRETEC 10キータイマー 「シンプティ」 ホワイト T-181WT』」の特長について、箇条書きで紹介してみます。


  • シンプルで操作簡単な10キータイマー
  • 最大設定時間は99分99秒
  • カウントアップ機能付き
  • リピート機能付き
  • アラーム鳴動時間は30秒
  • アラーム鳴動時に「00m00s」で点滅する
  • 立てて使えるスタンド付き
  • スライド格納式壁掛けフック付き
  • 強力磁石付き(ネオジムマグネット)
  • 電池付き(単4形乾電池×1個)



次は、「『DRETEC 10キータイマー 「シンプティ」 ホワイト T-181WT』」の評価・感想・レビューです。


『DRETEC 10キータイマー 「シンプティ」 ホワイト T-181WT』の評価・感想・レビュー


実際に『DRETEC 10キータイマー 「シンプティ」 ホワイト T-181WT』を使ってみた感想や評価、レビューそして気づいたことなどを以下に挙げておきます。
【注】購入後まもなく、このタイマーを知人に譲ってしまったため、細かいチェックができませんでした。あらかじめご了承ください。

  • 時計機能なし。
  • 液晶画面が見やすい。
  • ボタンが見やすく、押しやすい。
  • 10キータイプなので、「300(3分)」とすぐにセットできる。
  • 電池交換は、かんたん。
  • サイズがスリム。
  • 「MADE IN CHINA」(中国製)だった。

続いては、購入時のトラブルや不具合など……。


購入時のトラブル、不具合など


『DRETEC 10キータイマー 「シンプティ」 ホワイト T-181WT』」の購入後、基本的にトラブルや不具合はありません。

次はお待ちかね? の、商品画像のご紹介です。


『DRETEC 10キータイマー 「シンプティ」 ホワイト T-181WT』の商品画像など



Amazonから届いた商品の箱の写真画像。
1)アマゾンから届いた箱(佐川急便)。

アマゾンの箱を開封したところの写真画像。
2)アマゾンの箱を開封したところ。
商品およびamazonの納品書兼領収証。配送中の商品損傷を防ぐため、台紙にのせた商品をビニールでくるんで固定している。この台紙は、接着剤で箱の底に固定されているため、商品取り出しの際は注意が必要。

『DRETEC 10キータイマー 「シンプティ」 ホワイト T-181WT(ドリテック)』の商品パッケージの写真画像(表側)。
3)今回、購入した商品『DRETEC 10キータイマー 「シンプティ」 ホワイト T-181WT(ドリテック)』の商品パッケージの写真画像(表側)。

『DRETEC 10キータイマー 「シンプティ」 ホワイト T-181WT(ドリテック)』の商品パッケージの写真画像(裏側)。
4)『DRETEC 10キータイマー 「シンプティ」 ホワイト T-181WT(ドリテック)』の商品パッケージの写真画像(裏側)。音量切替スイッチのところに穴が開けられている。これにより、音量切替スイッチを操作して、アラーム音量(大・小)が確認できる(店頭販売品を購入する場合)。

『DRETEC 10キータイマー 「シンプティ」 ホワイト T-181WT(ドリテック)』本体前面の写真画像。
5)『DRETEC 10キータイマー 「シンプティ」 ホワイト T-181WT(ドリテック)』本体前面の写真画像。

『DRETEC 10キータイマー 「シンプティ」 ホワイト T-181WT(ドリテック)』本体裏面の写真画像。
6)『DRETEC 10キータイマー 「シンプティ」 ホワイト T-181WT(ドリテック)』本体裏面の写真画像。マグネットは1つ。磁石1つでも、冷蔵庫などにしっかりと固定できる。

スタンドを立てた状態の『DRETEC 10キータイマー 「シンプティ」 ホワイト T-181WT(ドリテック)』の写真画像。
7)スタンドを立てた状態の『DRETEC 10キータイマー 「シンプティ」 ホワイト T-181WT(ドリテック)』の写真画像。

『DRETEC 10キータイマー 「シンプティ」 ホワイト T-181WT(ドリテック)』の電池カバーを開けたところ。
8)電池カバーをフタを開けたところ。電池カバーはスライドさせて取り外す。取り外す際は、スタンドを上げておく。使用電池は、単四形乾電池1個。

『DRETEC 10キータイマー 「シンプティ」 ホワイト T-181WT(ドリテック)』の液晶表示部(縦の長さ)。
9)『DRETEC 10キータイマー 「シンプティ」 ホワイト T-181WT(ドリテック)』の液晶表示部。大きさは、縦が約2cm?

『DRETEC 10キータイマー 「シンプティ」 ホワイト T-181WT(ドリテック)』のタイマー取扱説明書(その1)
10)『DRETEC 10キータイマー 「シンプティ」 ホワイト T-181WT(ドリテック)』のタイマー取扱説明書(その1)。カウントダウン機能、カウントアップ機能および電池交換の説明など。

『DRETEC 10キータイマー 「シンプティ」 ホワイト T-181WT(ドリテック)』のタイマー取扱説明書(その2)
11)『DRETEC 10キータイマー 「シンプティ」 ホワイト T-181WT(ドリテック)』のタイマー取扱説明書(その2)。乾電池の交換方法が説明されています。

『DRETEC 10キータイマー 「シンプティ」 ホワイト T-181WT(ドリテック)』のタイマー取扱説明書(その3)
12)『DRETEC 10キータイマー 「シンプティ」 ホワイト T-181WT(ドリテック)』のタイマー取扱説明書(その3)。電池寿命の説明があります。1日30秒アラームを鳴らした場合で、約1年間作動するとのこと。その他、製品仕様など。

『DRETEC 10キータイマー 「シンプティ」 ホワイト T-181WT(ドリテック)』のタイマー取扱説明書(その4)
13)『DRETEC 10キータイマー 「シンプティ」 ホワイト T-181WT(ドリテック)』のタイマー取扱説明書(その4)。電池についての警告や注意書きなど。


おまけとして、現在、私が使用しているキッチンタイマー「TANITA 丸洗いタイマー100分計 ホワイト TD-378-WH」との比較写真も掲載しておきます。


「TANITA 丸洗いタイマー100分計 ホワイト TD-378-WH」との比較(その1)
14)「TANITA 丸洗いタイマー100分計 ホワイト TD-378-WH」との比較。大きさについて。

「TANITA 丸洗いタイマー100分計 ホワイト TD-378-WH」との比較(その2)
15)「TANITA 丸洗いタイマー100分計 ホワイト TD-378-WH」との比較。厚みについて。

「TANITA 丸洗いタイマー100分計 ホワイト TD-378-WH」との比較(その3)
16)「TANITA 丸洗いタイマー100分計 ホワイト TD-378-WH」との比較。裏面の状態について。

「TANITA 丸洗いタイマー100分計 ホワイト TD-378-WH」との比較(その4)
17)「TANITA 丸洗いタイマー100分計 ホワイト TD-378-WH」との比較。大きさについて。

「TANITA 丸洗いタイマー100分計 ホワイト TD-378-WH」との比較(その5)
18)「TANITA 丸洗いタイマー100分計 ホワイト TD-378-WH」との比較。正面サイズについて。

Amazonの領収証(納品書)の写真画像。
19)アマゾンの領収証(納品書)。商品の保証書についての説明、返品・返金および交換方法についての説明が記載されている。


次は、『DRETEC 10キータイマー 「シンプティ」 ホワイト T-181WT』の主な仕様をご紹介します。

『DRETEC 10キータイマー 「シンプティ」 ホワイト T-181WT』の主な製品仕様一覧


表示方法:液晶デジタル4桁
アラーム鳴動時間:30秒間
最大セット時間:99分99秒
カウントアップ最大計測時間:99分59秒
常温時精度:±0.013%以内
動作温度範囲:0~40℃
電池:単4形乾電池1個
商品サイズ:97×60×18mm
商品重量:63g
保証期間:1 年
MADE IN CHINA(中国製)

最後におまけとして、他に比較したデジタルタイマーをご紹介しておきます。


おまけ:他に比較したデジタルタイマー


『DRETEC 10キータイマー 「シンプティ」 ホワイト T-181WT』」と比較したキッチンタイマーを、以下にご紹介しておきます。

TANITAのデジタルキッチンタイマー「TD-379」シリーズの商品画像。
TANITAのデジタルキッチンタイマー「TD-379」シリーズ


「TANITA 丸洗いタイマー100分計 ホワイト TD-378-WH」の商品画像。
TANITA 丸洗いタイマー100分計 ホワイト TD-378-WH

実は今、使用しているキッチンタイマーがこれ。こちらのタイマーについては、以前の記事『おすすめのキッチンタイマー「TANITA 丸洗いタイマー TD-378-WH(タニタ)」購入レポート:評価・感想・レビューなど』で、詳しくレポートしています。

※その他、amazon.co.jp ホーム&キッチン「キッチンタイマー」の検索結果で、たくさんのキッチンタイマーが見つけられます。


参考リンク





↓最後にもう一度、紹介しておきます。

『DRETEC 10キータイマー 「シンプティ」 ホワイト T-181WT(ドリテック)』の写真画像。
DRETEC 10キータイマー 「シンプティ」 ホワイト T-181WT


ちなみに、オレンジやブルーもあります。

『DRETEC 10キータイマー 「シンプティ」 オレンジ T-181OR(ドリテック)』の写真画像。
DRETEC 10キータイマー 「シンプティ」 オレンジ T-181OR


『DRETEC 10キータイマー 「シンプティ」 ブルー T-181BL(ドリテック)』の写真画像。
DRETEC 10キータイマー 「シンプティ」 ブルー T-181BL



おすすめのキッチンタイマー「TANITA 丸洗いタイマー TD-378-WH(タニタ)」購入レポート

今回はネット通販体験・評価レポート。タニタのデジタルタイマー「TANITA 丸洗いタイマー100分計 ホワイト TD-378-WH」を、amazon(アマゾン)で購入した、という話。値段は約2,000円と高め。しかし、「防水で丸洗い可能」「音量調節が3段階」「液晶表示やボタンが大きい」など、とても使いやすいキッチンタイマーなので、価格に見合った価値はあると思います。個人的には、おすすめのキッチンタイマーです!

というわけで、このページでは「TANITA 丸洗いタイマー100分計 ホワイト TD-378-WH」の評価・感想・レビューなどをご紹介しています。あと、ページ末には、デジカメ写真画像も掲載(取扱説明書・マニュアルの一部も含む)しています。参考にしていただけるとうれしいです。

「TANITA 丸洗いタイマー100分計 ホワイト TD-378-WH」の商品画像。
TANITA 丸洗いタイマー100分計 ホワイト TD-378-WH



キッチンタイマーの選び方のポイント


今回、私がキッチンタイマー選びのポイントとしたのは、以下の3点です。

防水機能があること
キッチンで使用。濡れた手でも安心して使える。汚れても水で洗えるので便利。

音量が選べること
個人的には、大きなアラーム音は好みではないので。

液晶表示部分が大きいこと
数字が見やすいため。

ボタンキーが大きいこと
数字が見やすいため。また、ボタンキーを操作しやすいため。

以上の基準をもとにアマゾンでいろいろなキッチンタイマーを探してみた結果、「TANITA 丸洗いタイマー100分計 ホワイト TD-378-WH」を発見。他のキッチンタイマーとも比較してみた結果、購入することに決めました。

というわけで、次は「TANITA 丸洗いタイマー100分計 ホワイト TD-378-WH」の特長(メリット)を紹介してみます。


「TANITA 丸洗いタイマー TD-378-WH」の特長(メリット)


「TANITA 丸洗いタイマー100分計 ホワイト TD-378-WH」の特長について、箇条書きで紹介してみます。

  • 「丸洗いもできる防水タイプ」なので、塗れた手でも使える。お風呂でも使える。
  • 音量が3段階で切り替え可能(大・中・小が選べる)。特に「大」は、「しっかり聞こえる大音量」。テレビの音に負けない。
  • 液晶画面は大型表示で、見やすい。
  • 数字キーは、タイムをセットしやすい10キータイプ。
  • ボタンが大きいので、見やすく、押しやすい。
  • 繰り返し使えるリピート機能付き。
  • 使用電池は単4形乾電池(2本)なので、エネループなど充電池が使える(ボタン電池型キッチンタイマーとの違い)。
  • マグネット式、フック式の両方に対応している。
  • 最大100分(99分99秒)まで測定できる。

逆に今度は、「TANITA 丸洗いタイマー100分計 ホワイト TD-378-WH」の短所(デメリット)について、触れてみたいと思います。


「TANITA 丸洗いタイマー TD-378-WH」の短所(デメリット)?


「TANITA 丸洗いタイマー100分計 ホワイト TD-378-WH」の短所(デメリット)については、以下の通りです(あくまで個人的な感想です)。

価格が高い。
約2,000円というのは、売れ筋のキッチンタイマー(1,000円ぐらい?)と比べると、価格が高い?

本体サイズがデカイ。ゴツイ。
「大きい」というより、これらの表現のほうがぴったりだと思います。キッチンタイマーとしては、正直、大きい。iPhoneをひとまわりでっかくした感じ? 大きさがある分、重量もやや重い(約110g。電池含む)。

電池交換が簡単にできない。
電気交換時には電池フタを外す必要がある。この電池フタは、精密ドライバーが必要なほどの小さなネジ6本で留められている(防水仕様のため)。そのため、ネジを外す作業に手間がかかる。また、電池フタを取り付ける際には、防水機能に必要なゴムパッキン(黒くて細い輪ゴムのようなもの)をきちんと取り付ける必要がある。

「カウントアップ機能」がない。
カウントダウン機能のみのタイマー。スタートボタンを押すと「0,1,2……」と経過時間を表示する『カウントアップ機能』がない(安い製品でも標準で付いてたりする機能なのに……)。


もっとも、こうしたデメリットより、メリットのほうがずっと多いと思います(だからこそ、購入したわけですが)。

というわけで、次は「こんな方におすすめのキッチンタイマーでは?」という例を挙げてみたいと思います。


「TANITA 丸洗いタイマー TD-378-WH」は、こんな方にオススメ。


個人的には、以下のような方にオススメのキッチンタイマーだと思います。

  • 老眼などで小さな文字が見にくい方。
  • 音量を選びたい方
  • 濡れた手でも安心して使いたい方
  • お風呂で使いたい方
  • 充電池を使いたい方
  • 約100分まで測定可能なタイマーが欲しい方

次は、「TANITA 丸洗いタイマー100分計 ホワイト TD-378-WH」の評価・感想・レビューです。


「TANITA 丸洗いタイマー TD-378-WH」の評価・感想・レビュー


実際にタニタの丸洗いタイマーを使ってみた感想や評価、レビューそして気づいたことなどを以下に挙げておきます(といっても、メリットとデメリットのまとめみたいですが)。

  • 電源オフはない。常時、液晶部分が点灯している。
  • ボタンを押すたびに「ピッ」という操作音が鳴る。この操作音は消音できない。
  • リセットがボタン一押しでできるので便利(タイマーによっては長押しが必要なものもあるので)。
  • 時計機能なし(時計付きだったら、もっと便利だったと思う)。
  • 防水なので、指が水で濡れていても安心してボタンが押せる。
  • 音量は主に「小」で使用(「大」「中」は、個人的には音量が大きすぎるという印象)。
  • 液晶画面が見やすい。
  • ボタンが見やすく、押しやすい。
  • 10キータイプなので、「300(3分)」とすぐにセットできる。
  • マグネットが2枚なので、しっかり固定できる。
  • 電池交換は、少々大変。
  • サイズがゴツイ。もう少しスリムなら、グッドデザインかも?
  • カウントダウン機能はないが、特に不便は感じない。
  • 「MADE IN CHINA」(中国製)だった。

続いては、購入時のトラブルや不具合など……。


購入時のトラブル、不具合など


「TANITA 丸洗いタイマー100分計 ホワイト TD-378-WH」の購入後、基本的にトラブルや不具合はありません。ただし、初めての使用時に「ボタンを押しても反応がない」というトラブルがありました。

商品を開封したあと、さっそくタイマー機能を試してみようとボタンを押してみました。しかし、全く反応がない。アラーム時間をセットしようとしても、数字が入力できなかったのです。

ところが、表側(ボタン側)を下にして床に置いたときに、なぜかキーが反応して「ピッ」という音が鳴る。明らかに誤作動……。これって初期不良品? アマゾンに返品して交換または返金という対応なのか? それともメーカー保証で対応なのか? など、いろいろ頭に浮かびました。

しかし、誤作動トラブルの一般的な対処法として、いったん電池を抜いてみることにしました(このとき、電池交換のめんどうくささに気づいた)。電池フタをはずして電池を抜いて、キッチンタイマー本体をリセット。再び電池をセットしてみたら、「ピッ」という音とともにタイマーが起動。ボタンを押してみたら、今度はきちんと反応しました。これで一安心。

おそらく商品の輸送時に何らかの衝撃や振動があって、そのために誤作動していたのだと思います。もし同じようなトラブルに見舞われたなら、「いったん電池を抜いてリセット」を試してみることをおすすめします。

次はお待ちかね? の、商品画像のご紹介です。


「TANITA 丸洗いタイマー TD-378-WH」の商品画像など


Amazonから届いた商品の箱の写真画像。
1)アマゾンから届いた箱(佐川急便)。なお、CD-Rのケースは、箱のサイズ確認用に置いたもの。

アマゾンの箱を開封したところの写真画像。
2)アマゾンの箱を開封したところ。配送中の商品損傷を防ぐため、台紙にのせた商品をビニールでくるんで固定しています。この台紙は接着剤で箱の底に固定されているため、商品取り出しの際は注意が必要。


「TANITAの丸洗いキッチンタイマー」および東芝の電球形蛍光ランプ電球「ネオボールZリアル」(40ワットタイプ 電球色。型番:EFA10EL8-R)の写真画像。
3)今回、購入した商品「TANITA 丸洗いタイマー100分計 ホワイト TD-378-WH」および東芝の電球形蛍光ランプ電球「ネオボールZリアル」(40ワットタイプ 電球色。型番:EFA10EL8-R)。
※ちなみに東芝の「ネオボールZリアル」は、市内ではミドリ電化で購入可能。また、その方が安かったです(ジョーシンやコーナンには、置いてなかった)。

「TANITA 丸洗いタイマー100分計 ホワイト TD-378-WH」の本体画像。
4)「TANITA 丸洗いタイマー100分計 ホワイト TD-378-WH」の商品画像。大きさは、CD-Rのケースを目安にして下さい。

「TANITA 丸洗いタイマー100分計 ホワイト TD-378-WH」の商品ケースの裏面(上半分)の写真画像。
5)「TANITA 丸洗いタイマー100分計 ホワイト TD-378-WH」の商品ケースの裏面(上半分)。商品の特長や利用例が掲載されています。厨房・キッチンほか、美容室でもおすすめなのだとか(パーマやカラーリングの時間管理に)。

「TANITA 丸洗いタイマー100分計 ホワイト TD-378-WH」の商品ケースの裏面(下半分)の写真画像。
6)「TANITA 丸洗いタイマー100分計 ホワイト TD-378-WH」の商品ケースの裏面(下半分)。主な仕様が掲載されています。

「TANITA 丸洗いタイマー」本体前面の写真画像。
7)「TANITA 丸洗いタイマー」本体前面の写真画像。

「TANITA 丸洗いタイマー」本体裏面の写真画像。
8)「TANITA 丸洗いタイマー」本体裏面の写真画像。マグネットが2枚、ついています。磁石2つで、冷蔵庫などにしっかりと固定できます。

「TANITA 丸洗いタイマー」の説明書(その1)
9)「TANITA 丸洗いタイマー」の説明書(その1)。乾電池の寿命は、約1年とあります(ブザーを1日3回=約90秒、使用した場合)。なお、使用乾電池は、単4刑乾電池が2本。

「TANITA 丸洗いタイマー」の説明書(その2)
10)「TANITA 丸洗いタイマー」の説明書(その2)。乾電池の交換方法が説明されています。

「TANITA 丸洗いタイマー」の説明書(その3)
11)「TANITA 丸洗いタイマー」の説明書(その3)。キッチンタイマーの使い方が説明されています。

「TANITA 丸洗いタイマー」の説明書(その4)
12)「TANITA 丸洗いタイマー」の説明書(その4)。操作方法の説明。前回セットしたタイムを繰り返しセットできるという、便利な「リピート機能」の説明もあります。

「TANITA 丸洗いタイマー」を上から見た図。
13)「TANITA 丸洗いタイマー」の説明書(その5)。フック式とマグネット式の使用例。

「TANITA 丸洗いタイマー」の説明書(その6)
14)「TANITA 丸洗いタイマー」の説明書(その6)。「故障かな?!」と思った時のトラブル対処法および音量・電池寿命・サイズ・重さなどの製品仕様が掲載されています。

電池フタを開けたところ。
15)電池フタを開けたところ。固定ネジは小さいため、精密ドライバーを使用。ちなみに、電池ボックスの周囲についている黒いものは、ゴムパッキン。キッチンタイマーの防水機能を保持するためのもの。

フックの大きさを測定。
16)フックの長さは、約1cm?

「TANITA 丸洗いタイマー」を横から見た図。
17)「TANITA 丸洗いタイマー」を横から見た図。

「TANITA 丸洗いタイマー」を上から見た図。
18)「TANITA 丸洗いタイマー」を上から見た図。

「TANITA 丸洗いタイマー」を下から見た図。
19)「TANITA 丸洗いタイマー」を下から見た図。

「TANITA 丸洗いタイマー」の液晶表示部(縦の長さ)。
20)「TANITA 丸洗いタイマー」の液晶表示部。大きさは、縦が約1.5cm?

「TANITA 丸洗いタイマー」の液晶表示部(横の長さ)。
21)「TANITA 丸洗いタイマー」の液晶表示部。横幅は、約4.5cm?

「TANITA 丸洗いタイマー」の本体サイズ。
22)「TANITA 丸洗いタイマー」の本体の、縦の長さ。

Amazonの領収証(納品書)の写真画像。
23)アマゾンの領収証(納品書)。商品の保証書についての説明、返品・返金および交換方法についての説明が記載されています。

Amazonの空箱の写真画像。
24)Amazonの空箱。ネット通販でのお買い物が続くと、こうした箱がたくさん、たまってしまいます。こうした空箱をゴミとして捨てるか、あるいは何かに再利用・リサイクルするか……。


次は、「TANITA 丸洗いタイマー TD-378-WH」の主な仕様をご紹介します。


「TANITA 丸洗いタイマー TD-378-WH」の主な仕様一覧


設定時間:最大 99 分 99 秒 最小 1 秒
音量:70 db以上(三段階/大:100dB、中:85dB、小:70dB)
音色:電子音
リピート機能:あり
設定時の音:あり
マグネット:あり
耐水性:あり(保護等級7級)
電池寿命:約1年
JANコード:4904785537804
電源:DC3V(単4乾電池×2本使用)
主な材質:ABS
主な付属品:取扱説明書(保証書付き)
商品寸法:D 20.5mm × W 77mm × H 112mm
商品質量:約 110 g(電池含む)
個装箱寸法:D 30mm × W 95mm × H 170mm
個装箱質量:約 150 g
保証期間:1 年


最後におまけとして、他に比較したデジタルタイマーをご紹介しておきます。


おまけ:他に比較したデジタルタイマー


TANITA 丸洗いタイマー100分計 ホワイト TD-378-WH」と比較したキッチンタイマーを、以下にご紹介しておきます。「防水機能など不要、もっと安くて使いやすいタイマーが欲しい」という方には、以下のタイマーのほうがオススメかも?

TANITAのデジタルキッチンタイマー「TD-379」シリーズの商品画像。
TANITAのデジタルキッチンタイマー「TD-379」シリーズ


「DRETEC 10キータイマー」シリーズの商品画像。
「DRETEC 10キータイマー」シリーズ


【追記】「ドリテックのキッチンタイマー」のレポートも掲載してみました。
→『「DRETEC 10キーデジタルタイマー「シンプティ」 ホワイト T-181WT(ドリテック)」購入レポート:評価・感想・レビューなど


参考リンク





↓最後にもう一度、紹介しておきます。

「TANITA 丸洗いタイマー100分計 ホワイト TD-378-WH」の商品画像。
TANITA 丸洗いタイマー100分計 ホワイト TD-378-WH


ちなみにピンクもあります。

「TANITA 丸洗いタイマー100分計 ピンク TD-378-PK」の商品画像。
TANITA 丸洗いタイマー100分計 ピンク TD-378-PK



rowa japan のデジカメ用互換バッテリー(リチウムイオンバッテリー)を購入:ロワジャパンの感想、レビュー、評価など

今回はネット通販体験・評価レポート。rowa japan(ロワジャパン)のデジカメ用互換バッテリー(リチウムイオンバッテリー)を購入した、という話。rowa japanの互換バッテリーの評判は、メーカー純正の電池パックと互換性があり、しかも価格が安いという点。このページでは、バッテリーの商品画像とともに、rowa japanの感想・評価・レビューなどを掲載しています。

注)PCでアクセスして、携帯電話・スマートフォン向けページが表示されている場合は、こちらのPC用ページをご覧下さい(その方が見やすいです)。
http://izumishopping.blog20.fc2.com/blog-entry-151.html


「電池パック NP-40-SA リチウムイオン電池 定格3.7V 750mAh CELL MADE IN JAPAN」と記載のあるシール
↑今回購入したロワジャパンの互換バッテリー(電池パック)

ネットでの評判どおり、メーカー純正バッテリーと比べて、かなり安く購入できました。今のところ、不具合やトラブルは一切なし。デジカメや携帯電話などの予備バッテリーあるい電池パックの買い換えをお考えの方は、ロワジャパンのストアをぜひ一度チェックしてみることをオススメします。
※純正バッテリーの型番を検索すると、互換性のあるバッテリー・電池パックが表示されます(対応製品、在庫などがある場合)。
※【2010/07/09追記】2個購入したバッテリーのうち、1つが2010/06で故障? 充電できなくなってしまいました。2009/11の購入なので、約7ヶ月でダメになった計算。デジカメに入れっぱなしでしばらく使わなかったのが原因かも?


■rowa japan(ロワジャパン)とは?

rowa japanとは、主にデジカメ・ビデオカメラ・パソコン・携帯電話などの互換バッテリー・電池パックを販売している会社(ショップ?)。他に、急速充電器、車のDCアダプタ、モバイルチャージャー(充電器)なども取り扱っているようです。
※注)ロワジャパンの出品者情報によると、会社所在地は大阪府堺市。ただし、販売は通販のみで、店頭販売はしていないようです。

互換バッテリーとは、メーカー純正の充電式バッテリーと互換性を持っている、非純正バッテリーのこと。純正品バッテリーに比べて、同程度の性能を持ちながらも価格が安いのが特長激安といってもいいぐらいの安さ!)。

今回は、アマゾン・マーケットプレイスに出店しているロワジャパンのストア(ロワジャパン@Amazon.co.jp )で、FUJIFILM 充電式バッテリー 型番:NP-40の互換バッテリーを購入しました。メーカー純正の電池パックだと、1個あたり少なくとも4,400円以上の代金(アマゾン出店の他ショップで購入する場合。配送料も含む)。それが、ロワジャパンの互換バッテリーだと、送料無料2個セットで2,800円程度というお値段(激安!)

※今回購入したのは「【2個セット】Pentax Optio S4i.Optio-Sの NP-40 .SANYOセル対応バッテリー」。しかし現在は、在庫切れとなっています。同等品の「【2個セット】FinePix F610.F700の NP-40 (日本製のセル)対応バッテリー」(GS製)は、まだ在庫があるようです。
※ほかにも、ロワジャパンの本社サイトや、ロワジャパンの楽天市場店でも、ロワジャパンの互換バッテリーを購入することができます。
※アマゾンの場合、「アマゾン・マーケットプレイスでのロワジャパンの評価一覧」で、実際に購入した人たちの感想や評価・評判などの口コミ情報を調べることができます。ご参考まで。


■商品の注文から到着までの流れ

さて、実際に購入してから商品が到着するまでの手順・流れは、以下の通りでした。

  1. 日曜の夕方、購入。
  2. 月曜の昼過ぎ、入金確認&発送準備の連絡メール。同日夕方に発送連絡(およびバッテリ使用習慣について)のメール。
  3. 水曜の午前、投函(クロネコメール便)。


ロワジャパンの商品発送は、購入日の翌日と迅速。しかし、クロネコメール便は、お届け日数が2日以上かかるのが一般的。そのため、隣接の堺市からの発送にもかかわらず、実際に届いたのは、やはり二日後でした(普通郵便だったら、火曜日には届いていたかもしれません)。


で、実際に届いた商品の写真は、以下の通り:

ロワジャパンから届いた商品封筒(表側)の写真画像
1)クロネコメール便で届いた封筒。表には購入者の住所と、その下に小さな文字で、購入した商品の型番(商品番号?)が記載されている。
※『商品合計金額により、送料一部弊社負担で、佐川急便に変更され、発送することもございます。』とのこと。

ロワジャパンから届いた商品封筒(裏側)の写真画像
2)封筒の裏側は保証書のようになっています。落札日(購入日)から90日以内新品交換or返金という説明や、返送の際に必要な情報(注文番号、交換・返品の選択とその理由、返金先振込口座番号など)を記入する書式が記載されています。
※【2010/07/09追記】rowa japanの保証期間については、ロワジャパンのストア(amazonのページ)「出品者について」のページ を見ると、『三ヶ月間のロワジャパンの保証、六ヶ月間のメーカー保証』と記載されています。

封筒の中身の写真画像
3)封筒の中身は、商品のみ。納品書など一切ありません。

プチプチ包装されたロワジャパンの互換バッテリーの写真画像
4)プチプチ包装されたロワジャパンの互換電池パック。

ロワジャパンの互換バッテリー「NP-40-SA」の箱の写真画像
5)ロワジャパンの互換バッテリー「NP-40-SA」の箱。

「ASSEMBLE IN CHINA(中国で組み立て)」と記載のある「NP-40-SA」の箱の写真画像。
6)「ASSEMBLE IN CHINA(中国で組み立て)」と記載のある「NP-40-SA」の箱。

箱から取り出した「NP-40-SA」の写真画像
7)箱から取り出した「NP-40-SA」。プラスチックケースに電池パックが入っていました。

「電池パック NP-40-SA リチウムイオン電池 定格3.7V 750mAh CELL MADE IN JAPAN」と記載のあるシール
8) 「電池パック NP-40-SA リチウムイオン電池 定格3.7V 750mAh CELL MADE IN JAPAN」と記載された「NP-40-SA」のシール。メーカー純正と違い、バッテリーには黒いラベルが。はがして使うのかと思ったら、「はがさないで下さい」という注意書きがありました。ちなみにセルは日本製という表示(CELL MADE IN JAPAN)が。

何の記載もないシール裏側
9)裏側には何の表示もありません。

富士フイルム純正電池パックとの比較 その1
10)富士フイルムの純正電池パック「NP-40」との比較 その1。

富士フイルム純正電池パックとの比較 その2
11)富士フイルムの純正電池パックとの比較 その2。


■rowa japan(ロワジャパン)のバッテリー購入後の感想、評価、レビューなど

ロワジャパンの互換バッテリー(電池パック)を実際に使ってみた感想ですが、とくに今のところは問題はありません(当たり前と言えば当たり前ですが)。

この電池パックのセルは「CELLS MADE IN JAPAN SANYO(サンヨー)製」。一方、中国製のセルを使った電池パックもあります。そちらのほうが価格はずっと安いのですが、日本製セルのほうがサイクル寿命が長いということで、今回はこちらを選びました。
※商品ページには、ロワジャパンによるこんな但し書きが。→『もし予備バッテリーをお捜しなら、必ず日本セルで生産のバッテリーを買いましょう。また、リチウムイオン電池も他の電池同様、充電、放電を繰り返すと、徐々に容量は減っていきます。日本セルはサイクル寿命が長い充放電を繰り返すサイクル特性は500回以上可能です(中国セル300回)。使い方によっては1000回以上も可能です。一般的には500回の充放電の後、初期の容量の80%程度になります。』
※ちなみにこの電池パック、FinePix の他シリーズ以外にも、PENTAX(ペンタックス)のOptioシリーズ、PanasonicのLUMIXの一部機種にも対応しているのだとか。

純正バッテリーではないということで、使ってみて万一デジカメ本体が壊れたら……という不安や心配は、多少はあったりします(汗)。しかし、実際にはすでに購入した人の感想や評価など、ネットでのrowa japanの評判を調べてみても、特に目立ったトラブルや不具合はないようです。
※ただし、初期不良の製品にあたった、という話はありましたが。

純正バッテリー・電池パックと比べると、やはり価格の安さは魅力的……ということで、デジカメや携帯電話などの互換バッテリーに興味を持ったという方は、ロワジャパンのストアを一度チェックしてみてはいかがでしょうか?(ただし、購入および使用は自己責任で)。

以上、インターネット通販のショッピングレポートでした。


■【補足1】「ロワ太郎のバッテリ使用習慣」について

商品発送のあと、ロワジャパンから届いた連絡メールに「ロワ太郎のバッテリ使用習慣について」という説明が記載されています。バッテリ使用に関する注意書きなのですが、一瞬どきりとする内容? なので、参考まで掲載しておきます。

×)バッテリーが届いてから、そのまま放置
◎)バッテリーが到着後、すぐに満充電をし、普通の使用で残量が空になるまで使用、その後、再度満充電。この充放電の繰り返しを3回~5回する。

×)旅行や運動会などの使用機会がないので引き出しに長期間保管
◎)二週間に一度は取り出し、ご使用なさるのがベストです。1ヶ月以上使用しない場合はバッテリーの性能維持の為に、30~40%程度の充電残量状態で本体から取り外し、冷暗所に保管してください

×)オリジナル(純正品)を使い切ってからロワのバッテリーを予備で使用
◎)オリジナルとロワのバッテリーをお持ちの場合は、交互で使用すること。バッテリーは長期間使用しないと、バッテリー内の化学反応がなくなる可能性があります。

×)バッテリーをカメラに入れたままで保管
◎)バッテリーを本体に取り付けておきますと、本体の電源が切れた状態でも少しずつ放電されます。この状態が長期間(数ヶ月以上)続くとバッテリーが過放電状態になり、性能が劣化する可能性があります。

×)車の中にそのまま置くこと
◎)炎天下の閉め切った車内など湿度の高い場所でバッテリーを保管しますと、劣化が進み、膨張などの危険があります。バッテリーは10~30℃の場所で保管して下さい。

×)旅行前夜、寝る前にベットのそばのコンセントに充電器を差し、不安定な場所で、寝ている間に充電
◎)周りに何もないところで、状況を確認しながら充電してください。万が一、ご使用方法の誤りによってバッテリの落下、温度の高い場所での保存等で発熱、発火が起きた場合、火災になる恐れがあります。

×)商品の調子がおかしい?自分で修理加工してみる
◎)商品を分解、加工した場合、保証対象外となり、また危険が起きる可能性もございますので、まず弊社にご連絡ください。


■【補足2】マーケットプレイスでの支払い方法について(アマゾンギフト券の購入方法)

マーケットプレイスでの支払い方法は、基本的にクレジットカード支払い、またはAmazonポイント。Amazonポイントは、コンビニで「アマゾンギフト券」を購入することで、貯めることができます(注文時に使用するか、アカウントに追加)。クレジットカードをお持ちでない方、あるいはクレジットカードの利用が不安という方には、Amazonギフト券の利用がおすすめです。

アマゾンギフト券は、コンビニに設置されたマルチメディア端末やサンプルカードを使って、購入できます。ギフト券といっても、商品券ではありません。「ギフト券番号が記載されたレシート」として受けとる形なのでご注意を。

アマゾンギフト券を取り扱っているコンビニや、アマゾンギフト券の購入方法については、Amazonギフト券・Amazonショッピングカードの説明ページをご覧下さい。
※レシートタイプのAmazonギフト券と違い、カードタイプの「Amazonショッピングカード」もあります。お祝いや贈り物にオススメということですが、実際にはコンビニ店頭で販売していないケースが多いようです。