和泉市きまぐれWatch

大阪府和泉市のネタをきまぐれに取り上げる個人ブログ

橋下徹流・アイデア収集術?

大阪市の橋下徹市長が「小中学生にも留年させる」と問題提起したことが話題になっているのを見るにつけ、思うこと。それは、「橋下徹市長は、他人にアイデアを考えさせるのが本当にうまい」ということ。特に(自分に反対する)相手に考えさせる手法が本当にうまい、と思います。ずるすぎるぐらいに、うまい?


橋下徹市長のやり方は「周囲を挑発することで意見を集める」というものでは?
具体的には、以下のような流れ:
  1. まず、関係者から反対意見が出そうなアイデアを(わざと)ぶちまける。
  2. 案の定、反対の声が上がる。
  3. そこで、「じゃあ、どういうやり方があるのか?」と相手に対案を求める。
  4. 一連の騒ぎをマスコミが取り上げる。
  5. 世間の注目を集める。どんどん、周囲を巻き込んでいく。
  6. 結果として、他人にアイデアを出させる。

橋下徹市長は一貫して、この手法で周囲を動かして=頭を使わせて、アイデアを集めているのでは? と個人的には感じています。

今回の「小中学生・留年問題」場合:
  1. まず、「一定の学力レベルに達しない小中学生は留年させる」とぶちまける。
  2. 案の定、市教育委員など関係者から反対の声が上がる。
  3. そこで、他にどういう対策があるのかを、関係者に検討させる。
  4. こうした一連の騒動を、(案の定)マスコミが取り上げる。
  5. それを見た世間の人たちも話題にする(ツイッターやブログなど)
  6. 結果として、社会全体を巻き込んで、小中学生の学力を向上させるためのアイデアを集めることができる。


もちろん、誰にでもできるワザではないと思います。
例えば、以下の要素が必要では?:
  1. 知名度が高い。
  2. マスメディア(新聞・テレビ局など)の扱いに慣れている。
  3. しゃべりがうまい。
  4. 神経が図太い(笑)


なにはともあれ、自身の発言をマスメディアがこぞって取り上げるのを見るたび、橋下徹市長はウハウハ気分なのでは?

むしろ「そうですか。では市長、どうぞご自由に」と周囲から放置されるほうが、橋下市長としては困った状況に陥るような……?(^^;)

しかし、そうはならないところ(というか、させないところ)が、橋本市長のすごさ、なのかも?


……と、ひさびさの記事投稿が和泉市ネタではないのですが(汗)

ちなみにツイッターでは、ほぼ日で(=ほぼ毎日)つぶやいているので、ご覧いただければ幸いです。
和泉市きまぐれWatch (izumiwatch)

またツイッターの過去ログについては、以下のツイログでご覧いただけます。
和泉市きまぐれWatch(@izumiwatch) - Twilog
※「Twilog」(ついろぐ)とは、Twitterのツイート(つぶやき)をブログ形式で保存するサービス。


【参考リンク】