和泉市きまぐれWatch

大阪府和泉市のネタをきまぐれに取り上げる個人ブログ

和泉市内で不審な電話が相次ぐ/クレジットカードの確認を求める

和泉市内で今、「クレジットカードの確認を求める不審な電話」が相次いでいる、という話。銀行協会などをかたる人物から「あなた名義のクレジットカードが百貨店などで不正利用されている。本人確認をしたいので、あなたのカードを確認させて欲しい」などという不審電話が相次いだ、とのこと! 大阪府警の防犯メール情報より。
最新情報一覧[大阪府警察安まちメール]


和泉市民の皆さん、くれぐれも気を付けてくださいね!


ちなみに2月18日(土)9時から、「冬の味覚祭~かんきつ祭り~」が『道の駅 いずみ山愛の里』で開催される、とのこと。かんきつ類の特別販売、グルメコーナー、各種イベントほか、土肥ポン太さんの「お笑い野菜講座」も開催とか!
冬の味覚祭~かんきつ祭り~ | SATOMACHI IZUMI


また同じエリアにある(いや、ちょっと離れているかも? ですが)『和泉リサイクル環境公園』では、梅の開花も進んでいるそうですよ!
お知らせと梅の様子(*^_^*)!! | 和泉リサイクル環境公園ブログ


和泉市で「車上荒らし(車上狙い)」が多発、とか

和泉市で「車上荒らし(車上狙い)」が多発しているらしい、という話。「車上荒らし、警察に聞いたら和泉市めちゃ多いらしい。 和泉市民気を付けて」という、実際に被害に遭われた方のツイートをきょう、目にしました。実は数日前にも、やはり和泉市内で発生した車上ねらいのツイートを見たばかり……。


「車上荒らし(車上狙い)」とは、駐車場に駐めてある自動車等の積荷や車両内から現金や品物を盗むこと。カーナビやカーオーディオなどの車内部品、あるいはタイヤやアルミホイールなどの車外部品、そして車内に置かれたカバン内のクレジットカード・貴重品などが狙われることが多いとか。
車上狙い - Wikipedia


和泉警察署の地域安全情報提供のページに掲載されている和泉市内での「犯罪発生情報」によると、平成29年1月30日現在、「車上ねらい 12」となっています。単純計算で、三日に一度は、和泉市内で車上ねらいの被害が発生している、ということに。
和泉警察署地域安全情報提供(大阪府警察)


というわけで、車をお持ちの和泉市民のみなさん、くれぐれも車上荒らしにはご注意を!

※特に「屋外の契約駐車場」を利用されていらっしゃる方は、車上荒らし対策として「盗難警報機」の導入もオススメかも
盗難警報機| 豆知識 | カー用品情報 | イエローハット


和泉市・北松尾小学校で「地域安全MAP教室」開催(終了)

2016年11月26日、和泉市・北松尾小学校で「地域安全MAP教室」が開催された、という話。犯罪社会学の小宮信夫・立正大教授が「犯罪者は場所を選ぶ。『入りやすい場所』と『見えにくい場所』に注意し近づかないことが大切」と説明した、とのこと。毎日新聞のネット記事より。
地域安全MAP教室:犯罪者は場所を選ぶ 危険な箇所、事前に把握 和泉 /大阪 - 毎日新聞


和泉市立図書館には、小宮信夫さんの著書『子どもは「この場所」で襲われる』(小学館新書 2015.12)が所蔵されています。実は私、この本を借りて読みました。読み応えのある内容だったので、和泉市で小宮さんをお招きして、防犯講演会をしてもらうと良いのでは? と、ブログで紹介しようと思っていたのです……が、今まで出来ていなかった、のでした(汗)


以下、本の内容を簡単にご紹介いたします。

この本によると、現在、世界の主流となっている最新の犯罪理論は「犯罪機会論」とのこと。この理論の特徴は、犯罪が起きる「場所」に注目している点。不審者・犯罪者といった「人」を見分けるのではなく、犯罪が起きる「場所」を見分け、そうした危険な場所をできるだけ避けて行動したり、自身の警戒レベルを上げることで、犯罪から遠ざかることができる、というもの。

これまでの防犯常識・指導の基本は「不審者の見分け方」や「犯罪者に連れて行かれそうになったらどうするか」といったこと(=犯罪原因論)。しかし、子どもたちには対応するのが難しい。というのも今時、「不審者」に見える犯罪者はいない。また、大人に連れ去られそうになったとき、子どもが抵抗するのは無理なだけでなく、極めて危険である。

そうした「人」ではなく、危ない「場所」を避けるほうが、犯罪に遭わないためには効率的。具体的には「入りやすく」「見えにくい」場所を避けること。そのような場所にできるだけ近づかないようにすることで、犯罪から遠ざかることができる、という。

本書では、そんな「入りやすく」「見えにくい」場所を見分ける方法を具体的に解説。例えば「公園は危険がいっぱい」「店舗のトイレも要注意」など。

さらに、犯罪に遭う危険性のある場所を「読み取る能力」を高めるための「地域安全マップ」づくりなども紹介している。
※ちなみに「地域安全マップ」づくりの狙いは、地図づくりそのものではなく、地図の作成を通して、「危険な場所を読み取る能力(=景色読解力)を高めること」にある、とか。


……ということで、興味を持たれた方は、ぜひ和泉市の図書館で借りてみることをオススメします!


アストロプロダクツ和泉店に「空き巣」か?

2016年11月14日(火)未明、和泉市伏屋町の工具店『アストロプロダクツ和泉店』に「空き巣」か? という話。まちBBSに「ワンカルビ向かいのアストロプロダクツで空き巣。目の前に交番あるのによくやるわ」との投稿が。908番目。
【堺市南区】♪♪♪光明池30♪♪♪【和泉市】


ツイッター上でも「アストロに来たけれど、事件があったらしくて工具が買えなかった」とか、あるいは「空き巣が入った店舗の数メートル先に交番があるのに」という内容のツイートが、別々のアカウントで投稿されているのが見つかりましたが、詳細は不明です。

一応、「こういう情報がネット上で見つかった」ということで、了承願います。


ところで、こういう身近な事件の情報が、その地域の交番、あるいは公的な機関などから迅速にツイッターなどで配信されたら、近隣住民の方など「あ! じゃあウチも気をつけないと! 少しでも不審な人物や車両を見つけたら、通報しないと!」と、防犯意識が高められると思うのですが……難しい? 

空き巣や車上ねらい・ひったくりなど、市民からすると身近に発生したら「大事件」でも、新聞などでは全然、掲載されないですし……でも、こういう身近な事件情報こそ、知らせて欲しい、と個人的には思います。


※ちなみに大阪府警では、犯罪情報のメール配信サービス「大阪府警察安まちメール」を行ってくれています。しかしメール配信なのと、あと、すべての事件が配信されるわけではない? のかも……。
最新情報一覧[大阪府警察安まちメール]


和泉市で「還付金詐欺」が多発 ご注意を!

2016年10月現在、大阪・和泉市で「還付金詐欺」が多発している、という話。『現在大阪府内では「医療費(保険料)の還付金があります。」と高齢者宅に電話をかけ、お金を騙し取る還付金等詐欺が多発』『最近では特に和泉市が狙われています』とのこと。大阪府警のツイッター「大阪府警察防犯情報」のツイートより。


市役所の職員を騙り(かたり)、医療費・保険料の還付名目でだまして、銀行・コンビニなどのATMまで行かせ、お金を振り込ませる……という手口のようです。

とくに「ATMで電話してるお年寄り」を見かけたら、気をつけてあげた方がよいとか。

和泉市民のみなさまは、くれぐれもご注意を!


※ちなみに10月15日(土)・16日(日)は、和泉中央で「第18回和泉弥生ロマン・ツーデーウオーク」が開催されます。
第18回和泉弥生ロマン・ツーデーウオーク開催!/和泉市ホームページ

※光明池車庫では10月15日(土)「泉北高速 トレインフェスタ2016」も。
泉北高速 トレインフェスタ2016(2016年10月15日) - 鉄道コム