和泉市きまぐれWatch

大阪府和泉市のネタをきまぐれに取り上げる個人ブログ

受講料無料の学習塾『いずみ希望塾』開講 受講生を募集中/大阪・和泉市

大阪・和泉市が、受講料無料の学習塾『いずみ希望塾』の受講生を募集中、という話。対象は「市内に居住する小学5年生〜中学3年生」。定員は300名。講師は「家庭教師のトライ(大阪校)」より派遣とか。応募締切は2017年9月19日(火)。関戸繁樹・和泉市議のブログ記事より。
『いずみ希望塾』が開講されます‼️|和泉市議会議員 関戸繁樹オフィシャルブログ Powered by Ameba


対象者なら誰でも受講できるというわけではなく、「学ぶ意欲がありながら、現在、学習塾に通っていない人や家庭教師に習っていない児童・生徒を対象に」という条件が。また申込後に「審査」もあり、その結果、「受講対象とならない場合もある」ということなので、ご注意を。

詳細は、リンク先ブログ記事を参照のこと。


※和泉市ホームページで「いずみ希望塾」を検索してみましたが、きょう13日23時現在、塾の紹介や受講生募集に関するページは見つかりませんでした。
「いずみ希望塾」のサイト内検索結果/和泉市ホームページ


【参考リンク】


部活(クラブ活動)終了後の熱中症対策は?/帰宅・下校前のチェックなど

和泉市内の学校では、部活(クラブ活動)終了後の熱中症対策はどうなっているのだろう? という話。生徒の帰宅・下校前にも体調チェックや水分補給などの熱中症予防は行われているのでしょうか?


とある(ツイッターの)フォロワーさんのツイートによると、中学生の娘さんが熱中症でフラフラになりながら部活から帰宅、家の中に入るなりバターンと倒れた、とのこと。スポーツドリンクを飲ませて体を冷やしつつ足を高くして寝かせてたら、3時間ほどで回復。本人いわく「急に体が辛くなってきた」とか……(大事に至らず、何よりでした)。

で、このツイートを見て、ふと思ったこと。まず、学校では生徒の帰宅後の様子について、確認しているのか? 例えば、ときどきアンケートなどをとって、問題ないか情報収集しているのか?

一方、保護者も、帰宅後の子どもの体調不良を学校に報告しているのかどうか? もしそのようなことがあった場合は、学校にひとこと連絡を入れた方が良いのかも? そうすることで、学校の方でクラブ活動終了後の熱中症チェックや対策を行ってくれるかもしれません。
※今回の方は、報告されていないようでした。


クラブ活動中は、熱中症対策(熱中症予防のための水分補給や休憩、そして熱中症の症状チェックなど)が行われていることと思います。しかし、部活動終了直後や下校前はどうなのか? 例えば、「帰宅前にもう一度熱中症を発症していないかチェックする」とか「帰宅前に水分・塩分補給を行わせる」など、クラブ終了後においても「帰宅・下校前の熱中症対策」は行われているのか?


帰宅・下校途中に熱中症を発症すれば、路上で倒れて頭を打ったり、あるいは車にはねられるなどの危険が考えられます。また帰宅後に倒れたとしても、家に誰もいなかった場合はそのまま重症化する可能性も。


ひょっとしたら、生徒の帰宅・下校する前にも熱中症対策が行われているのかもしれません。しかし今回のツイートにあるように、帰宅後すぐに熱中症で倒れたという事例が実際にあるわけです。

なので、大きな問題が起きる前に今一度、現在行っている熱中症対策が十分かどうか? 検討が必要なのでは……と、個人的には感じた次第です。

一方、お子様が部活動されている保護者の方は、帰宅・下校前に水分補給するようアドバイスされてみてはいかがでしょうか?


最後に。今回の件は中学生のケースでしたが、小学生以下、あるいは高校生以上、そして大人でも気をつけたほうが良いのかも……。暑さ厳しき折、帰宅前には少し時間をとって、スポーツドリンクなどで水分補給して、熱中症にならないよう、お気を付けて!


【参考リンク】


学校と保護者のコミュニケーションは、どうなっている?

和泉市内の各小・中学校と、その保護者のコミュニケーションは、どうなっているのだろう? という話。大浦まさし・和泉市議のブログ記事に、4月21日に開催された「小学校の授業参観日」の話題が。それによると、同じ日に「中学校で進路説明会」があったため、途中で抜けて中学校へ向かうお母さんが多数。『顔見知りのお母さん方からも、「同じ日にせんといてって言っといて!」と声を掛けられました』とのこと。
大浦まさし「4月21日、小学校参観日に行って来ました」|和泉市議会議員 大浦まさしの日記


大浦市議は「平成29年4月から施設分離型小中一貫校がスタートしていますので、それぐらいの簡単な日程(時間)調整の連携は出来てほしいですね」とコメントされていらっしゃるのですが、たしかに「小中一貫」ということなので、主な行事の日にちについては、重複しないような工夫が欲しいような。

※ひょっとしたら、小学校と中学校で日程の確認をしたものの、調整がつかないため、やむを得ず……という事情があったのかもしれませんが。それならそれで、行事のお知らせにひとこと書いておいてもよいかと(書いてあったのかな?)


ところで、何かの行事が行われた後、参加された保護者の「気づき」「要望」などをくみ上げるような仕組みが、学校の方にはあるのでしょうか? 例えば、保護者からアンケートをとるとか? だいたい毎年、同じような行事があるわけですから、そうした行事が円滑に進むよう、また満足してもらえるよう、改善するための「アイデア募集アンケート」という意味ですが(「苦情」ではないですよ、あくまで「気づき」「要望」ということで)。

でも逆に、保護者のみなさんのほうから、話を持っていってもよいような? 「ちょっと気づいたことがあったので、みんなでまとめていました。今後の参考にしてもらえたらいいなぁと思ったので、お渡ししますね」とか。


関連情報として、和泉中学校の校長先生のブログ記事も。授業参観日のことで、「教室に入るときには上履きに履き替えてもらわないといけないことなどで、どうしても廊下に多くの保護者が溢れてしまいます。何か工夫が必要だと感じました」とか。
和泉中学校 校長の日記: おはよう運動・授業参観・PTA総会

実際に参加された保護者の体験から気づいたこと・改善アイデアなどあれば、校長先生にお伝えしてみるとか?


とにもかくにもインターネットやSNSが普及している今、いろいろ工夫することで、学校と保護者のコミュニケーションはもっと取りやすくなる気もするのですが……どうなんでしょうね?


以上、個人的な思いつきを書いてみました(て、最近、このまとめが多いような?)



がらりと話は変わりますが:

お酒に酔っぱらった人(人たち)が電車や駅で迷惑を掛ける話はよく見聞きしますが、バスでも同じようなことがあるのですね。4月22日(土)20:50ぐらいからのツイートで、和泉中央→泉府中駅前行き南海バスで目撃された酔っぱらい客(団体?)のことがつぶやかれていました。
「和泉 バス」のYahoo!検索(リアルタイム) - Twitter(ツイッター)、Facebookをリアルタイム検索


「南松尾はつが野学園」の新入生は47名/和泉市初の施設一体型小中一貫校

2017年4月に開校した和泉市初の施設一体型小中一貫校「和泉市立 南松尾はつが野学園」の新入生は47名、という話。内訳は、1年が29名、7年(中学1年)が18名、とのこと。和泉市ホームページより。
新(ニュー)学校に入(ニュー)学/和泉市ホームページ


上記ページによると、10日の始業式には「1年29名、2年29名、3年17名、4年21名、5年13名、6年21名、7年18名、8年14名、9年17名の9クラス」で迎えるとのこと。ということは、学校全体の人数は「179人」ということに。

※なお、通学エリアは「はつが野四丁目・五丁目・六丁目の地域」および「今年3月に閉校した旧南松尾小学校、旧南松尾中学校の地域」とか。


個人的には、近隣エリアの児童数・生徒数が過剰になっている学校から、半分~3分の1ぐらいの人数が合併するカタチになると(勝手に)思っていました。なので、今回の人数に関する情報を見て「え?」というのが、正直な感想です。結局、近隣エリアの学校は、現状のまま?(多すぎる状態のまま?)


ちなみに、南松尾はつが野学園の「規模」については、小林昌子・和泉市議のブログ記事に詳細が掲載されています。
市民の力で政治を変えよう:南松尾はつが野学園の見学会に参加しました

この小林市議のブログ記事によると、普通教室の数は「27」とあります。今年度は9クラスなので、人数的には、まだまだ余裕があるといえますね。

将来的には、校区エリアの宅地開発などが進んで、人口が増えることにより、児童数・生徒数も増えていく……ということでしょうか?


それにしても、学校によって新入生の人数や生徒数が全然ちがうんですね。例えば和泉中学校では「新たに294名の新入生を迎えました」とのこと。
和泉中学校 校長の日記: 平成29年度入学式

郷荘中学校では、新入生は「200名」。新年度は「合計22クラス、生徒数666名でスタート」とか。
郷荘中学校 校長室から: 平成29年度 入学式


一方で、二ケタ、あるいは一ケタという学校があるのかもしれませんが……。市内の各学校の児童数・生徒数の学校別一覧がホームページなどで公開されていないので、詳細は不明ということで(民間の学校情報サイトもありますが、全部調べるには、個人では時間がかかりすぎて、無理)。
※そういう資料があると、「この学校とあの学校の児童数は少なすぎる? 合併したほうがいいのでは?」といった意見も、市民から出てくるかも? 


南松尾小学校・南松尾中学校で「最後の修了式」そして「閉校式」/大阪・和泉市

きょう3月24日(金)は、和泉市立の小中学校で修了式が行われたようですね。子どもたちにとっては楽しい春休みの始まり、でしょうか? 一方で、保護者のみなさんにとっては、お昼ご飯の用意などが大変、でしょうか?(^^;)


そんな中、南松尾小学校・南松尾中学校では「最後の修了式」そして「閉校式」が行われた、とのこと。

南松尾小学校は「112年の歴史に幕を下ろす最後の修了式」が。
南松尾小学校校長のブログ: 南松尾小、最後の修了式

そして南松尾中学校では「70年間の歴史に幕を閉じる南松尾中学校に感謝の気持ちを込めて閉校セレモニーを行いました」とのこと。
なんまつダイアリー: 閉校式セレモニー


和泉市が昨年2016年(平成28年)、市制60周年だったので、年数だけでいうと和泉市よりも古い歴史を持っていた、ということに……。


南松尾小学校および南松尾中学校は、この3月末で閉校。来月4月から開校する和泉市初の施設一体型小中一貫校「南松尾はつが野学園」に移転統合されます。

新たに刻まれていく「南松尾はつが野学園」の歴史・伝統が輝かしいものとなりますように!


【参考リンク】


※前回のブログ記事「南松尾中学校で「最後の卒業式」/70年の歴史に幕|和泉市きまぐれWatch」と少し内容が似ていますが、あしからずご了承下さい。

※ところで、両学校の跡地はどうなるのか? 決まっているのでしょうか……。映画やドラマのロケに利用してもらうのも、とりあえず有効な活用法? などと個人的には思ったりもするのですが。