和泉市きまぐれWatch

大阪府和泉市のネタをきまぐれに取り上げる個人ブログ

みかん果汁を使った「みかんピラフ」/和泉市学校給食

大阪・和泉市の学校給食に、みかん果汁を使った「みかんピラフ」が再登場、という話。1年前に市内の中学生が考えた献立で、「好評だったので再び登場」とか。南池田中学校の給食ブログより。
もりもりブログ(給食ブログ): みかんピラフ


「今日は、作り方を紹介します」ということで、リンク先ブログページでは、給食室で調理している様子が写真付きで紹介されています。給食の調理だけあって、大人一人が余裕で入れそうなぐらい?! の、すごく大きな釜で作られていて、とても迫力がありますね(汗)


ちなみに、レシピ紹介サイト「クックパッド」でも、みかんピラフのレシピがいくつかありました。ご家庭で作る場合には、こちらのレシピが参考になるかも?
みかんピラフのレシピ 4品 [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが257万品


なお、給食でつかわれたみかん果汁は、大阪いずみ産の100%の「大阪みかんジュース」とのこと。ですが、メーカーや、販売場所は不明……。

みかんを使う場合は、仏並町の「道の駅・いずみ山愛の里」(南部リージョンセンター)や大野町の農林産物直売所「葉菜の森」で、「和泉市産のみかん(和泉みかん)」を入手して、調理されてみてはいかがでしょうか!ヽ(*´∀`)ノ
道の駅 いずみ 山愛の里
葉菜の森(はなのもり)―(株)いずみ・ファーマーズ|和泉市の農林産物直売所


和泉市学校給食に「クリスマス献立」/2学期の給食が終了

きょう12月20日、大阪・和泉市の学校給食に「クリスマス献立」が登場した、という話。鶏肉のバジルソースや野菜スープそしてチョコムースなど。「お昼の放送ではクリスマスソングも流れ、いい雰囲気でした」とか。南池田中学校の給食ブログより。
もりもりブログ(給食ブログ): クリスマス献立|南池田中学校


そして「2学期の給食は今日で終わりです」ということで、冬休み中のご家庭では、お子様のお昼ご飯の用意が大変になるのでしょうか……?(^^;)


「和泉市制施行60周年記念献立」を実施/大阪・和泉市の学校給食

ことし9月1日で市制施行60周年を迎えた大阪・和泉市(いずみし)で、9月7日(水)市内小中学校において、学校給食の統一献立「和泉市制施行60周年記念献立」を実施した、という話。『メニューは「和泉のおにぎらず」「野菜いっぱいのスープ」「大阪みかんゼリー」「牛乳」です』とのこと。郷荘中学校・校長先生のブログ記事より。
郷荘中学校 校長室から: 和泉市制施行60周年記念献立


記念献立を食べているときの様子が、学校ブログや給食ブログで取り上げられていました。そのうちの主なものを紹介しておきます。

もりもりブログ(給食ブログ): おにぎらず(南池田中学校)
和泉のおにぎらず - 給食ブログ(緑ケ丘小学校)
新しいALTの先生が来たよ(^o^) & 和泉市制60周年記念献立(おにぎらず) - ドラ校長の広場
なんまつダイアリー: 記念献立


【参考リンク】

※ちなみに和泉市は、みかんの栽培面積が約280ヘクタールと大阪府内最大で、みかんは和泉市の特産品なのだとか。そして「大阪みかんゼリー」といえば、もともとは「和泉みかんゼリーという名前」で、「和泉市産のみかんを使って、学校給食専用に作られたゼリー」だったとのこと。しかし現在では「大阪府内すべての学校で使いやすいようにと、大阪みかんゼリーという商品名に変わりました」とか。そして、和泉市以外の産地のみかんも使われているそう……と、以前のブログ記事で紹介しました。
菓子工房T.YOKOGAWAの「大阪 和泉みかんゼリー」が関テレ「よ~いドン!」に/2016年7月13日(水)放送|和泉市きまぐれWatch


※なお、和泉市の学校給食は、1949年(昭和24年)に小学校給食、1956年(昭和31)年9月に大阪府内で初めて中学校給食を開始。1959年(昭和34年)からは小・中学校の全校で学校給食を実施している、とのこと。各学校に調理室がある「全校自校調理方式」を採用しているのが特徴で、「4時限目になるとおいしいにおいが学校中に漂っています」という、できたてのおいしい給食が食べられるのが魅力となっています……と、こちらは以下のブログ記事で。
「和泉みかんパン」が和泉市の学校給食に初登場|和泉市きまぐれWatch


4月2日 石尾中学校で「給食試食会」開催/今年度から給食の調理部門を民間委託

4月2日(土)和泉市立 石尾中学校で「給食試食会」が開催された、という話。石尾中では今年度から、給食の調理部門が民間業者に委託される、とのこと。これに伴い、石尾中学区の小中学校(石尾中学校・北松尾小学校・緑ケ丘小学校)の保護者を対象に開催された、のだとか。関戸繁樹・和泉市議のブログより。
『石尾中学校給食試食会』に参加しました。|和泉市議会議員 関戸繁樹オフィシャルブログ Powered by Ameba


調理部門の民間委託とは「調理のみ委託される」という意味。「献立の作成や食材の購入は、これまでどおり、市や学校で」行われる、とのこと。今回の石尾中学校からスタートして、「来年度からは新たに3校での導入が予定されています」とか。

調理部門の民間委託が導入された経緯については、関戸市議のブログに説明が掲載されていますので、ご覧いただければと思います。


第一次審査の結果、上位 5社 が通過/和泉市立学校給食「調理等業務委託事業者」選定に係る審査

和泉市立学校給食「調理等業務委託事業者」選定に係る審査について、第一次審査の結果、8社のうち上位 5社 が通過した、という話。企画提案参加申込事業者は、第二次審査終了後に公表とのこと。なお、選定に漏れた3社のうち、2社は辞退。和泉市ホームページより。
和泉市立学校給食調理等業務委託事業者選定に係る審査結果/和泉市ホームページ


和泉市では「学校給食の運営方法」について、従来の「自校直営調理方式」から「自校委託調理方式」への変更を進めていく計画。これは「調理業務のみを委託する」ということ。というわけで、「調理等業務委託事業者」選定に係る審査が行われているようです(日付などの情報が未掲載なので、いつ行われる/行われた、かは不明なのですが)。

和泉市立学校給食「調理等業務委託事業者」選定に係る審査:第一次審査の結果
和泉市立学校給食「調理等業務委託事業者」選定に係る審査:第一次審査の結果


それにしても、第一次審査の結果(PDFファイル)を見ると、評価点の合計はそれぞれ近くても、内訳(実施体制と提案金額)を比較すると、まったく評価が異なる印象を個人的には受けるのですが……。


【参考リンク】