和泉市きまぐれWatch

大阪府和泉市のネタをきまぐれに取り上げる個人ブログ

3月16日(木)南海・泉大津駅に「N.KLASS(エヌクラス)泉大津」グランドオープン

2017年3月16日(木)、南海・泉大津駅の高架下に商業施設「N.KLASS(エヌクラス)泉大津」がグランドオープン、という話。流通ニュースより。
南海電鉄/大阪府泉大津市に「N.KLASS泉大津」オープン (2017.03.15)|流通ニュース


以下のページから、「N.KLASS(エヌクラス)泉大津」の紹介パンフレットがPDFファイルにてダウンロードできます。
N.KLASS|南海商事グループ


なお、オープン記念として「アンスリーN.KLASS泉大津店」では、「おにぎりやお菓子、飲料等お買い得なセールを開催」とのこと。
3月16日(木)~22日(水)アンスリーN.KLASS泉大津店オープンセール開催!|南海商事グループ


また、3月18日(土)、19日(日)、20日(月・祝)には、各種イベントが開催される、とか。
N.KLASS泉大津にてオープン記念イベント開催|南海商事グループ


ということで今回は、和泉市の周辺情報でした!


※きょう2017年3月15日(水)は、和泉市内の各小学校で卒業式でしたね! 卒業生&ご家族、関係者のみなさま、おめでとうございます! 春からの、中学校での新しい学校生活が楽しく充実したものとなりますよう、お祈り申し上げます!!


2017年3月9日(木)午前9時「ケーズデンキ アリオ鳳店」2Fにオープン

2017年3月9日(木)午前9時「ケーズデンキ アリオ鳳店」がアリオ鳳の2Fにオープンする、という話。「オープン4日間は9時開店となります」とか。ケーズデンキの店舗紹介ページより。
ケーズデンキ アリオ鳳店|店舗情報|ケーズデンキ

きょう、とっても大きな新聞折込チラシが入っていたお宅も多かったのでは?
テレビCMでもよく流れているようですね!

「ケーズデンキ アリオ鳳店」オープンチラシ
「ケーズデンキ アリオ鳳店」オープンチラシ(実際にはもっと大きく開きます)


なお、開店狙いで来店の際は、専用の入り口? があるようなのでご注意を。

「(14)2F立体駐車場側入口」にお並び下さい、とのこと。優先で入場できるとか。
「(14)2F立体駐車場側入口」にお並び下さい、とのこと。優先で入場できるとか。


2017年3月7日(火)大阪湾「イカナゴ」新仔(しんこ)漁が解禁

2017年3月7日(火)から、大阪湾「イカナゴ」新仔(しんこ)漁が解禁、という話。「この漁は、イカナゴの新仔が現れ、成長するまでの約1か月間続けられます」とか。大阪府の報道発表資料より。
大阪府/報道発表資料/大阪湾に春を告げる「イカナゴ」新仔(しんこ)漁の解禁について


しかし「海」に面していない和泉市に、漁港はありませんね……(和泉市唯一の弱点?)

というわけで、お隣の岸和田市地蔵浜町にある「大阪漁連直売所」をご紹介。いかなご漁の解禁日を迎えるこの時期、朝どれの大阪湾「生いかなご」の購入予約を受け付けている、とのこと。

いかなごのくぎ煮を炊く方やお吸い物にされる方など、毎年楽しみにされている方は、ぜひチェックされてみてはいかがでしょうか?(すでにご存じの方も多いかも? ですが……)
大阪府漁業協同組合連合会……現在、「生いかなご予約受付中!3月7日が漁解禁日です!」とあります。


あ、ちなみに話は変わりますが:
2017年3月7日(火) は、コストコ和泉倉庫店が午後6時で閉店するとのこと。「全倉庫店にてシステムアップグレードを実施するため」「通常より2時間早い午後6時に閉店」なのだとか。来店予定の方は、ご注意を!
2017年3月7日(火) 営業時間変更のお知らせ || Costco Japan


大阪・岸和田のミカンが宇宙に?!/国際宇宙ステーションに届けられる

大阪・岸和田のミカンが国際宇宙ステーションに届けられた、という話。「宇宙飛行士に提供される食品として選ばれ」「12月14日、国際宇宙ステーションに実験機材や生活物資とともに無事に届けられました」とのこと。NHK関西のニュース記事より。
大阪 岸和田のミカンが宇宙に - NHK 関西 NEWS WEB


国際宇宙ステーションに滞在するアメリカやロシアなど6人の宇宙飛行士にプレゼントするため、JAXA(宇宙航空研究開発機構)が「常温で保存できて調理のいらない食品」として、全国の自治体から野菜や果物を募集。

これを受け、大阪府では「府内で栽培されているキュウリや水なすなど4品目とともに、岸和田市産のミカンを推薦した」のだとか。その結果、岸和田のミカンが宇宙へ!


この記事を見て思ったのは、「えー、なんで『和泉みかん』を推薦してくれへんかったん???」ということ。みかんは和泉市の特産品! 和泉市は、みかんの栽培面積が大阪府内最大(約280ヘクタール)!! 大阪のみかんといえば「和泉みかん」!!!(のはず) なのに……。


今回は残念でした。でも、また同じような機会があれば、ぜひとも「和泉みかん」が選ばれるよう、頑張ってもらいたいところです。


なにはともあれ、大阪・岸和田のミカンさん、今回はおめでとうございました!!ヽ(*´∀`)ノ


11月19日(土)かつらぎ町・道の駅「くしがきの里」プレオープン/農産物などを販売

2016年11月19日(土)和歌山・かつらぎ町の道の駅「くしがきの里」がプレオープンする、という話。「プレオープン期間中は土日・祝日の午前9時~午後5時に営業し、柿やミカン、野菜などを販売」とのこと。正式オープンは、来年春の予定とか。読売新聞のネット記事より。
かつらぎの道の駅 19日プレオープン 「くしがきの里」 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)


一方、橋本新聞のネット記事によると「駐車場は乗用車70台、観光バス6台収容のスペース。とくに育児中のお母さんやドライバーの便利を図っている」とのこと。施設概要については、こちらの記事のほうが詳細な説明があります。
道の駅「くしがきの里」(四郷)19日プレオープン | 高野山麓 橋本新聞


和歌山・かつらぎ町にある道の駅「くしがきの里」の話題、実は大阪・和泉市とも関係が大いにあるという。

まず、和歌山県伊都郡かつらぎ町と和泉市は「友好姉妹都市」を提携しています(昭和63(1988)年6月22日に友好都市提携を調印)。
和泉市の友好・姉妹都市/和泉市ホームページ

そして、道の駅「くしがきの里」があるのは、かつらぎ町と和泉市を結ぶ国道480号沿い・正月の鏡餅に使う「串柿」の生産地として知られる四郷地区の一角。

ここへは現在、国土交通省が整備している「鍋谷トンネル」が来春開通の予定(平成29年3月完成予定)。このトンネルが完成すれば、互いの距離(というより、大阪~和歌山の間)が一気に縮まるとともに移動時間も短縮され、通行車両の増加が見込まれています。

ということは、道の駅「くしがきの里」あるいはその先にある「高野山」をはじめとする和歌山の観光地を訪れる和泉市民(あるいは大阪府民)も増えるのでは?

逆に和泉市のほうは、和歌山から観光客を取り込むため、和泉市の道の駅「いずみ山愛の里(南部リージョンセンター)」あるいは市内の主要な観光施設を充実させる必要がでてくるのかもしれませんね?


ちなみに杉本淳・和泉市議のブログによると、「鍋谷トンネル」開通記念イベントが、それぞれの地元である父鬼町(和泉市)・かつらぎ町(和歌山)において行われる予定、とのこと。和泉市のほうは「開催委託料1,000千円」とあります。
淳のよもやま話:第3回和泉市議会定例会報告 淳風満帆11月号より