和泉市きまぐれWatch

大阪府和泉市のネタをきまぐれに取り上げる個人ブログ

歩きタバコしている人は、どう思われているかご存じですか?

昨日のブログ記事「落とし主は「カラス」? 公園周辺に散乱したゴミ」に、ブログ拍手ボタンからコメントをいただきました。ありがとうございます。
FC2ブログ ユーザー拍手ページ

そのコメントによると、カラスの可能性も高いものの「カラスではない、ポイ捨ても、遊歩道や公園などでされていますので」とのこと。お菓子の袋とか、タバコのポイ捨てなどが思いうかびましたが……。たしかに人為的なゴミのポイ捨てがあるのも事実、ですよね、残念なことですが。


ちなみにポイ捨てといえば、目撃して忘れられないポイ捨てが2つ、あります。

ひとつは、自転車に乗った高校生らしき男の子が、飲み終わったジュースの紙パックを道路脇に投げ捨て、通り過ぎて行った、というもの。

もう一つは、ドラッグストアの駐車場で、車に乗りこんだ若い男性が運転席の窓を開けたかと思うと、空き缶を後ろの壁に投げ捨て、走り去った、というもの(助手席には、赤ちゃんを抱いた女性が乗ってました……)。

どちらも個人的には「なんでそんなことができるんやろう?」という思いしかありません。


そうそう、今回の記事のタイトル「歩きタバコしている人は、どう思われているかご存じですか?」です。歩きタバコしている人は、周囲の人たち(後ろを歩いている人や、あるいは前からやってきて、すれ違おうとしている人など)からどのように思われているか、ご存じですか? はっきりいって「シ○!」とか「○ネ!」とか、それぐらいキツイことを思われてます(※1)よ!

ましてやポイ捨てしようものなら……ていうか、歩きタバコしている時点で「ポイ捨て確定」ですよね?

……と書いても、気にされない方は全く動じないとは思いますが。でも「えっ!」と驚かれた方には、ぜひ改めるキッカケとしていただければ幸いと思い、書いてみました。

※「ホンマ、それな!」と思われた方は、拍手ボタンのクリックどうぞ(笑)


【2016/05/10追記】
(※1)そこまでキツイことを思われている理由を補足しておきます。要するに「ケムリ・ニオイ・灰」。例えば後ろを歩いている人には、歩きタバコのケムリ・ニオイ・灰がずっと流れてくるわけです。後ろを歩いていた人が追い抜いて行くこと、多くないですか? あるとすれば、そういう理由からです。


和泉市役所や和泉市立病院の建て替え前に「ロケ地」の誘致活動を?

和泉市役所や和泉市立病院の建て替え(取り壊し)前に、テレビドラマや映画などの「ロケ地」(ロケーション撮影)の誘致活動ができないかなぁ? という話。廃墟のシーン、廃病院のシーン、あるいは建物の取り壊しシーンなど……「普段では撮影できないようば場所・シーンを撮影できますよ!」とアピールしておけば、「ロケ地として使わせて欲しい!」というオファー(申し出)があるかも? そして使用料を建て替え費用の財源などに活用するとか?
ロケーション撮影 - Wikipedia


また、統廃合される南松尾小学校・中学校の校舎も、どうかと……。『ロケ地のテッパンは「廃校」「廃墟」「病院」の3つ』などという話もあります。
【1年で約2倍!】 なぜ今、熱海はロケ地に選ばれるのか | DIGITAL BOARD


逆に、新庁舎・新病院など新しく建設された施設などをロケ地としてPRするのも、アリかと? 「一部の映画ファンやテレビドラマファンの間では、このようなロケ地を実際に訪ねて歩くことが趣味として行われており」「このようなファン行為を一部では巡礼と呼ぶ」(前述『ロケーション撮影 - Wikipedia』より)ともありますので。新しい観光地の創造につながる可能性も。

いや、和泉市には他にも、ロケ地に使えそうな場所がたくさんあるような気がします。お寺や神社、古い街道や坂道とか(坂道多いですよね、和泉市は? 笑)。あるいは大きな池や湖、昭和の古い街並みや潰れた映画館(府中町にあったような?)。あるいは和泉中央の都会的な風景、大学、美術館などなど……。和泉市にないのは「海」だけでしょうか?(苦笑)


映画やドラマのスタッフさんは、インターネットを使ってロケ地を探しているはず(いわゆる「ロケハン」)。そうした需要にうまくマッチするよう、「大阪・和泉市ロケ地検索サイト」みたいなサービスを和泉市が製作して、PRしてみるのも良いのでは?


……と個人的に思ったりしたので、書いてみました。きょうからゴールデンウィークがスタートということで、ニュースがあまり見つからなかったので(苦笑)


関西・大阪で「廃校」「廃墟」「病院」などのロケ地を検索されているロケハン・スタッフさん、和泉市をぜひご検討ください!(^ー^)


各種イベント、地震で自粛するよりも、開催して被災地の支援につなげては?

開催予定だった各種イベントを地震の発生で自粛するよりも、開催することで「被災地の支援」につなげては? という話。

4月14日夜に発生した、熊本県熊本地方を震源とする地震(4月15日、気象庁が「平成28年熊本地震」と命名)の影響により、自粛・中止となったイベントが多いようです。被災地で開催予定だったイベントが中止になるのは当然ですが、九州以外の地域でも、イベントを中止したところが多いのでは……と思います。

和泉市周辺であれば、4月16日(土)に大阪府堺市の農業公園レジャー施設『ハーベストの丘』で予定されていた開園16周年記念の「花火イベント」が急遽、中止に。また17日(日)に『KOHYO光明池店』で予定されていた「くまモン」来店イベントも、熊本地震の影響により「来店を見合わせることとなりました」とのこと。

災害救援活動の人員派遣などにより、イベント運営のための人員が足りなくなり、開催が難しくなった……のであれば、中止も仕方がないと思います。

ただしそうではなく、大災害直後のイベント開催は不謹慎だから……という理由で中止するのであれば、「それってどうなのだろう……」と個人的には感じるのです。というのも「被災地の支援」という観点からすると、イベントを自粛・中止しても直接、被災地の支援にはつながらないし、またイベント開催側にとってもイベントの中止はマイナスになるため、支援する余裕が生まれないから、です。

むしろイベントを開催することで、被災地の支援につなげられるのでは? 例えば無料イベントなら、会場で募金活動する。有料イベントであれば、収益の一部を義援金として被災地に送る。飲食店などでの宴会(歓迎会など)であれば「料金の一部を被災地への寄付金に致します」などとする(あるいは募金費用として客にキャッシュバックするなど)。

そういうふうに「被災地の支援につなげるため、あえてチャリティーイベントとして、予定どおりに開催する」という考え方もあるのでは? と個人的には思うのですが、ダメでしょうか……。


【2016/04/18追記】
『4月15日に発生した「平成28年熊本地震」』と書いていた部分を『4月14日夜に発生した、熊本県熊本地方を震源とする地震(4月15日、気象庁が「平成28年熊本地震」と命名)』に変更いたしました。

なお、すでに中止されたイベントなどについては、主催者側も熟慮された上での判断だったと思います。イベント中止を批判する意図でこのブログ記事を書いたわけではありません。あらかじめご理解いただければ幸いです。

「愛」に囲まれた街・和泉市

堺市には「愛」があるそうですが、
SAKAI→SAK [AI]

堺市職員募集ポスター画像
2015年・堺市職員採用試験ポスター


和泉市は「2つの愛」で囲まれています!
IZUMI→[I] ZUM [I]


「愛」に囲まれた街・和泉市
来年の和泉市職員募集ポスターのアイデアにどうでしょう!ヽ(*´∀`)ノ

和泉市職員募集ポスター画像
2015年・和泉市職員募集ポスター


※注)このアイデアは、ツイッターのフォロワーさんのものです。私のオリジナルではありません。


和泉市の粗大ごみ処理手数料一覧に「ヘルメット」がない?

和泉市の「粗大ごみ処理手数料」ページの一覧に「ヘルメット」が載ってない、という話。ふと「バイク用のヘルメットはやっぱり粗大ゴミとして出すのかな?」と思いついたので、探してみたのですが、意外にも載っていないことが分かったのでした。
粗大ごみ処理手数料/和泉市ホームページ


「粗大ごみ処理手数料」の一覧を見ると、けっこうたくさんの品目が掲載されています。アイロン・照明器具・DVDデッキなどわかりやすいものから、剣道具・仏壇など「こんなものも出せるの?!」というものまで、ざっくり数えて、約270以上!

にもかかわらず「ヘルメット」がない! というのが、個人的には意外でした。一覧の一番下に「この表に記載のないもの」という項目があるので、ここに当てはまると思うのですが……。

でも、自転車用ヘルメットとか野球用ヘルメットとかで、ゴミとしての出し方が違ってくる? まあ実際に処分することがあれば、電話してゴミ処理の仕方を問い合わせますが(^^;)