和泉市きまぐれWatch

大阪府和泉市のネタをきまぐれに取り上げる個人ブログ

「ほのぼのキッチン」(和泉市幸のお総菜店)、10月1日オープン

和泉市幸のお総菜店「ほのぼのキッチン」が2009年10月1日(木)にオープンする、という話。高齢者向けのお食事宅配サービスおよび子育て支援食材カットサービスを目的に、パック包装済みのお総菜を1パック100円から販売。また11月2日からは高齢者向けの弁当宅配サービスも開始予定なのだとか。食事のことで困っている在宅高齢者の方には、うれしいお店かも?

和泉市幸のお総菜店「ほのぼのキッチン」の広告チラシ画像
和泉市幸のお総菜店「ほのぼのキッチン」の広告チラシ画像

チラシによると「ほのぼのキッチン」とは、高齢者向けのお食事宅配サービス、子育て支援食材カットサービスを提供するお総菜店(和泉市立「小栗の湯」併設店舗)。病院と高齢者介護施設で長年勤務してきたという管理栄養士さんが、食事に苦労している在宅高齢者の力になりたいと思い、オープンしたのだとか。

商品はパック包装済みで手間いらず・衛生的、というのが、セールスポイント。メニューの例は、きんぴらゴボウ、青菜のお浸し、大根の煮付け、筑前煮、八宝菜、鶏のから揚げ、魚の煮付け、牛肉の炒め物、白身魚の甘酢あんかけなど。販売価格は1パック100円から、となっているようです。

また、11月2日からは「高齢者向け弁当の宅配サービス」をスタート。宅配弁当は昼食と夕食(日曜休み)で、配達地域は和泉市(ただし、配達地域に限りあり。要確認)。希望により、「個人別食事カルテの作成」(軟菜食・カット食・ミキサー食・治療食・食事摂取量など)や「配達時の安否確認」などにも対応する、とあります。


【「ほのぼのキッチン」の店舗概要】
住所
〒594-0005 大阪府和泉市幸二丁目8番21号(和泉市立「小栗の湯」併設店舗)
営業時間
午後4:00~午後8:00
定休日
日曜日
電話番号
(チラシには載ってないです)
【2010/07/14追記】Googleマップに「ほのぼのキッチン和泉1号店」として情報が掲載されていました。ほのぼのキッチンの地図や電話番号も確認できます。

和泉の国ジャズストリート 2009

2009年9月26~27日、4回目となる「和泉の国ジャズストリート」が開催された、という話。といっても、私は見にいっていないのですが(苦笑)
毎年9月下旬に開催されているようなので、来年は行こうかなぁ?


和泉の国ジャズストリート」は、和泉の屋内外でジャズライブを開催し、みんなで音楽を楽しむというイベント(基本的に無料?)。第1回和泉の国ジャズストリートは2006年(平成18年)に、和泉市制50周年記念事業として開催。2007年以降は、完全な市民主催イベントとして実施されているのだとか。

4年目となる今年は、バンド57組・ミュージシャン337人が参加。9月26日(土)は、和泉中央駅構内で前夜祭(17~19時)。27日(日)は、本番のストリートライブ。12~13時、和泉シティプラザ会場でオープニングセレモニー、13~20時は9会場で生演奏が行われたほか、桃大カンタベリーホール公演『大塚善章カルテット&中本マリ』ジャズコンサート(こちらは有料)が開催されたそうです。

ちなみに「和泉の国ジャズストリート」は、前市長の井坂よしゆき氏の街づくりアイデアのひとつだったそうです。井坂よしゆき氏のブログに取り上げられていました。


【和泉の国ジャズストリートの概要】
主催
和泉の国ジャズストリート実行委員会
後援
和泉市(熱中市民サポート事業)、和泉市教育委員会、和泉市文化協会、桃山学院大学、和泉商工会議所
協賛
大阪府都市開発KK(泉北高速鉄道)、和泉市商店連合会、広光印刷KKほか


【参考リンク】


「エコール・いずみ 東館(新館)」、2009年12月オープン予定

【2009/11/25追記】
「エコール・いずみ東館」2009年11月27日(金)グランドオープン
予定よりも早いグランドオープンになったみたい?




「エコール・いずみ 東館」が2009年12月、泉北高速鉄道・和泉中央駅前にオープン予定、という話。「関西都市居住サービス」のサイトに情報が掲載されていました。掲載日が2009.02.10なので、すでにご存じの方も多いかもしれませんね。でも私は知らなかった……。


建設中の「エコール・いずみ 東館」の写真画像。「ニトリ」のロゴ(看板)ができている。
建設中の「エコール・いずみ 東館」の写真画像。「ニトリ」のロゴ(看板)が。「ヤマダ電機テックランド和泉中央本店」「pivo和泉中央」の裏側。

「エコール・いずみ 東館(新館)」がオープンする場所は、和泉中央駅前の「エコール・いずみ 本館」の横。大型インテリア店舗のニトリを核店舗に、約30区画の専門店ゾーンを計画しているとのこと。

エコール・いずみ」を運営管理するデベロッパー「関西都市居住サービス」のサイトに、「エコール・いずみ 東館」のオープン予定日時およびテナント募集の案内が2009.02.10付で公開されています。このページからは「エコール・いずみ 東館」のパンフレットデータ(PDFファイル)もダウンロードできます。

「エコール・いずみ 東館」の住所駐車場など、施設概要は以下の通り。
オープン予定日:
2009年12月
所在地:
〒594-0041 和泉市いぶき野5-1-14
敷地面積:
7,200平方メートル
延床面積:
18,300平方メートル
建物構造:
鉄骨造 3階建
駐車場(駐車台数):
約1300台(内1200台は既設のもの)
核テナント:
ニトリ(大型インテリア)
専門店:
物販、飲食、サービス、銀行


ヤマダ電機テックランド和泉中央本店」や「pivo和泉中央」など、次々と商業施設がオープンしている和泉中央方面、ほんとにすごい勢いですね。

今回の「エコール・いずみ 東館」では、ニトリが核テナントになるとのこと。店舗名はやはり「ニトリ 和泉中央店」になるのでしょうか? 既存の「ニトリ 光明池店」に比べて規模も大きいようなので、オープンが楽しみ?


【参考リンク】


お好み焼・焼きそば「双月(そうげつ)」が黒鳥町にオープン

お好み焼き・焼きそば店「双月」が2009年9月17日(木)、黒鳥町にオープンした、という話。しかし住所を見ると、以前「お好焼き黄月和泉店」があったところ。店名を変えて新装オープンした、のでしょうか?


お好み焼・焼きそば「双月(そうげつ)」のチラシ画像
お好み焼・焼きそば「双月(そうげつ)」のチラシ画像

「双月」のチラシによると、メインとなるメニューは豚玉焼やイカ玉焼、エビ玉焼などのお好み焼き、そしてソースの味を選べる焼そば・焼うどん。それから、キャベツたっぷりの広島焼や、ボリュームアップのミックス焼(双月焼、双月デラックス)など。その他、ワンコインランチ500円(11:30~15:00)、夜の定食(700円)もあるようです。


チラシの店名ロゴに「商標登録」と印字があるので、「双月」ってフランチャイズチェーンかな? と思ったのですが、Google検索してみるとちがうようですね。特にチェーン展開している企業など見つかりませんでした。そういえば店名には、和泉店とか黒鳥店とか入っていませんね。

ただし、「双月」という名前のお好み焼き・焼きそば店は、ほかにもあります。有名なのは、大阪市北区天神橋商店街の中にある「味の双月」のようです。また岸和田にも「双月」という名の老舗のお好み焼き屋さんがあります。他にもいろいろな地域に「双月」という名の店舗があるようです。

ひょっとして「双月」というのは、お好み焼き・焼きそばの店名として定番の名前なのでしょうか? 中華料理店の名前としてよく見かける「北京」みたいなもの?


ところで「お好み焼き・焼きそば双月」の住所は、「〒594-0022 和泉市黒鳥町21-3(Googleマップへのリンク)」。この住所、以前は「お好焼き黄月和泉店」があったところ。ちなみに電話番号も同じ。ということは、今回の双月って、黄月和泉店が新装開店してできたお店なのでしょうか?

「お好焼き黄月和泉店」は、店内にだんじりが置いてあるのが特徴だったようですが、「双月」の店内写真(参考ブログのページ)にも同じくだんじりが写っています。

※ちなみに「黄月(こうげつ)」とは、「本家さぬきや」系列のお好み焼き店本家さぬきやの店舗紹介を見ると、現在は「黄月 住之江店」があるのみ。しかし、Google検索では圧倒的に「黄月和泉店」がヒットするという、なんだか不思議な検索結果?


【参考リンク】


井坂氏のブログに対する感想の補足

先日、前市長である井坂よしゆき氏のブログを紹介する記事(『前市長・井坂よしゆき氏のブログも始まっていた』)を投稿しました。それを井坂氏がご覧になられた、という話。井坂氏のブログで、この記事のことが取り上げられていました。ご本人のブログで話題になるとは予想もしていなかったので、びっくりしたやら焦ったやら(苦笑)。

ブログとしては、井坂氏の文章はやや硬すぎる気も?』という私の感想を気にされているご様子。この部分、いま読み直してみると説明不足だった気かも? というわけで、かんたんに補足説明を。

「硬すぎるのでは?」という感想は、ブログとして見る場合の、あくまで見た目の感想です。具体的には、漢字の量一段落あたりの文字数など……。これ、紙に印刷されたものとして見たなら、とくに気にならないと思います。

ただブログとして読む場合、パソコンの画面を通して見ることになります。紙の文字に比べると、パソコン画面の文字はどうも疲れやすい。とくに漢字が多かったり、あるいは文章を読み続けていると、目が疲れてくる……という人は多いのでは?

実際、ブログでは文章を読みやすくする工夫が加えられていることが多いと思います。例えば、漢字を減らしてひらがなを多くしたり、あえて短めの文章にしたり、あるいは、ひんぱんに改行するなど……。

一方で、井坂氏の文章はまさに新聞記事あるいはコラムのお手本のような文章。しかし、それゆえにブログとしては、硬すぎる気も……と個人的には思ったわけなのでした。
これは本当に個人的な感想なので。他の多くの閲覧者の方は「いや、読みやすいのでは?」と思っていらっしゃるかもしれません。


とにもかくにも、井坂氏が私の感想に対して「なんじゃコヤツは生意気な~!」とは思っておられないことを祈るばかりなのです(汗)

ブログの更新、頑張ってください。和泉市の話題も期待しておりますので……と、ここにこっそり書いておきます。ブログに直接コメントしなくて申し訳ありません(苦笑)