和泉市きまぐれWatch

大阪府和泉市のネタをきまぐれに取り上げる個人ブログ

坪井農業団地(天空の里)へ行ってみた(2)展望台編(全2回)

【2012/08/16追記】現在、展望台は閉鎖されているようです。詳細は以下の記事を参照下さい。
坪井農業団地・天空の里の展望台が閉鎖されていた - 和泉市きまぐれWatch -



広報いずみ5月号(第617号)の表紙写真(夜景)の撮影場所である「坪井農業団地(天空の里)」に行ってみた、という話。一度に投稿するとかなり長くなるので、「行き方編」「展望台編」の2回に分けてご紹介。

今回は二回目「展望台編」ということで、坪井農業団地の展望台から見た景色の写真などをご紹介したいと思います。

※前回の記事はこちら:「坪井農業団地(天空の里)へ行ってみた(1)行き方編(全2回)

「広報いずみ」2010年5月号(第617号)
表紙写真が、坪井農業団地で撮影された夜景(注:写真は平成21年4月撮影のもの。現在は、夜間については防犯上の理由で午後6時以降、進入路を閉鎖しているそうなのでご注意を)


駐車場から歩いて先に進むと、展望台にたどり着きます。展望台の階段の下には、左側にポニーや羊が飼育されている区画。一方、右側にはバイクが数台、駐車できるようなスペースがあります。

展望台および階段の写真。


やや長めの階段を登ると、展望台に出ます。展望台には望遠鏡が1台、設置されています。100円硬貨をいれるコイン投入口があるのですが、お金を貯めるところが無い状態? 覗いてみると、最初は何も見えなかったものの、動かしているうちに、景色が見えるように。無料の望遠鏡? ただし、映像がかなり大きく見えるため、かえって景色が見づらいかも?

坪井農業団地・天空の里の展望台の写真。
展望台。望遠鏡がある。

坪井農業団地・天空の里の展望台。大阪・神戸方面の風景の写真。

坪井農業団地・天空の里の展望台の写真。

展望台の望遠鏡。100円コイン投入口の写真。

展望台の望遠鏡。集金箱がない?


展望台からの眺めは良いです。大阪、堺、泉州、和歌山までぐるりと見渡せるようです。ただし、この日は天気があまり良くなくて、遠方の景色がかすんでいる状態。はっきりと見ることができず、残念。広報いずみの説明によれば、『堺、泉州、遠くは大阪湾の向こうに明石海峡大橋や六甲の山並み』まで、楽しめるようです。

坪井農業団地・天空の里の展望台からの風景写真。
大阪・神戸方面を見た景色。

坪井農業団地・天空の里の展望台からの風景写真その2。
大阪・神戸方面を見た景色・その2。

坪井農業団地・天空の里の展望台から見た風景写真その3。
大阪湾・堺方面を見た景色。

坪井農業団地・天空の里の展望台からみた風景写真その4。
泉州・和歌山方面を見た景色。


また眼下には、区画整備された広大な農地も見渡せて、なかなかの景色となっています。花咲くシーズンだと、すごくきれいな景色が楽しめるのでは? 広報いずみ5月号(第617号)では『面整備された坪井農業団地にはみかん栽培を初め、春は菜の花、チューリップ、夏はひまわり、秋はコスモスなど、四季を通じて色んな花が咲き誇っています』と説明がありました。しかし、私が訪ねたこの時期はちょうどシーズンの変わり目だったようで、花は全然ありませんでした(苦笑)。

坪井農業団地・天空の里の展望台の眼下を見た写真。
眼下には、区画整備された農地。

展望台正面下から見た農地の写真。
大きな貯水池が。

展望台左側・後方の景色。
展望台左側・後方の景色。坪井農業団地内の道は一周できそう?


ところで、展望台やその周辺にいろんなゴミ類が捨てられていて、残念でした。空き缶や空き瓶、タバコの吸い殻、何かの空箱まで……。「ゴミは各自で持ち帰りましょう」ということで、特にゴミ箱は設置されていないので、念のため。

展望台にあるタバコの吸い殻入れ? ゴミが散らかっている。

展望台正面の下。空き缶や空き瓶が捨てられている。

展望台背後の下。こんなところにも空き缶や空き瓶、ゴミがあった。


さて、展望台を下りた後、さらに奥へと続く道を進んでみることに。すると、なにやら建物が。地元の保険事務所さんが提供していらっしゃるテラスや庭園のようです。持参したお茶などをこちらでいただくというのも、よいかもしれませんね。

展望台を過ぎて、奥へと続く道路。

「井上保険事務所」さんの建物?

テラスの案内板の写真。
「ご自由にテラスを使って下さい」という案内文があります。

テラスの向かい側にある庭園「入幸園」。同じく「井上保険事務所」さん所有?
「ご自由に園に入って楽しんで下さい」という案内文が。園内の水は飲めないので、要注意。

庭園内にある子供向けの遊具施設の写真。

庭園の奥に続く道。

庭園内に設置されたテーブルやイスなど。
座って休憩することができるようです。

庭園内にあるトイレ(たぶん)。
たぶん、トイレ。でも使っていないので、詳細は不明。


以上で、『「坪井農業団地(天空の里)」に行ってみた・その2「展望台編」』は、おしまいです。前回の記事「坪井農業団地(天空の里)へ行ってみた(1)行き方編(全2回)」と合わせて、参考にしていただければ幸いです。


坪井農業団地(天空の里)へ行ってみた(1)行き方編(全2回)

【2012/08/16追記】現在、展望台は閉鎖されているようです。詳細は以下の記事を参照下さい。
坪井農業団地・天空の里の展望台が閉鎖されていた - 和泉市きまぐれWatch -



広報いずみ5月号(第617号)の表紙写真(夜景)の撮影場所である「坪井農業団地(天空の里)」に行ってみた、という話。一度に投稿するとかなり長くなるので、「行き方編」「展望台編」の2回に分けてご紹介。

今回は一回目「行き方編」ということで、坪井農業団地の場所やアクセス方法を、写真やGoogleマップ(地図)を交えながら御案内したいと思います。ネット検索しても、坪井農業団地の住所や地図など、場所が特定できる情報が全然見つからなかったので……お役に立てば幸いです。
※坪井農業団地のほか、小川東農業団地、小川西農業団地の行き方もわかると思います。


「広報いずみ」2010年5月号(第617号)
表紙写真が、坪井農業団地で撮影された夜景(注:写真は平成21年4月撮影のもの。現在は、夜間については防犯上の理由で午後6時以降、進入路を閉鎖しているそうなのでご注意を)


【注】最初にお断りしておくと、私が参考にしたのは「和泉市農業体験交流施設 いずみふれあい農の里」のアクセスマップ。この地図を見て、やっとおおよその場所が分かりました。というわけで、このアクセスマップを見て分かるという方は、このあとの文章を見なくてよいかも?(汗)
※ちなみに「いずみふれあい農の里」って、関西では有名な(はず?)いちご狩りの名所「いずみ小川いちご農園」と同じところ、なのですね? 知らなかった……。


さて、まずは出発点ということで、大阪外環状線(おおさかそとかんじょうせん。国道170号線)の交差点「槇尾中学校南を出発点とします(リンクをクリックすると、Googleマップが表示されます)。

この「槇尾中学校南」交差点から仏並町(ぶつなみちょう)・坪井簡易郵便局のほうへ進んでいきます。すると、槇尾山・施福寺への案内看板が見えてきます(そう、坪井農業団地って、基本的には「槇尾山」「いずみふれあい農の里」「いずみ小川いちご農園」方面なんですね)。

槇尾山・施福寺へ行く道。府道228号線。
ここを左折します。

ココを左折すると、細い道を進むことになります(クリックすると、Googleストリートビューが表示されます)。ストリートビューを見るとおわかりのとおり、とても狭い道です。初めての人だと「こんなに細い道、通れるの?」と不安になるかもしれませんが……。

で、先に進んでいくと、T字路みたいなところに出てきます。ここを右側の道を進みます。基本的には「槇尾山」の看板どおりに進みます
※ここ、帰る時は左折するわけですが、うっかり直進しそうになるのでご注意を。

道中、「みかんの花咲く坂道を歩きませんか」という看板があるので、うっかり曲がってしまいそうになるのですが、それに惑わされずに先へ進みます。すると、下の写真のように、「いずみふれあい農の里」「いちご狩り」「ふぁっとりあきらら」「小川東農業団地」「坪井農業団地」といった看板が立っているT字交差点(左はガードレール)に来るので、ここを右折します。

泉州基幹農道へ右折する交差点の写真。
ここを右折します。

泉州基幹農道の写真。
泉州基幹農道。広くて走りやすい道。

で、右折した先の道路=泉州基幹農道をまっすぐ進んでいくと、やがて橋みたいなところに出てきます。ここに坪井農業団地・小川東農業団地への案内看板があるので、矢印どおりに左折します。

坪井農業団地・小川農業団地への案内看板の写真。
ここを左折します。

このあとは、ずっと山道を上がっていくことになります。途中、狭い所もあるので注意。ひたすら上がっていくと、やがて二股に分かれた地点に。ここに「坪井農業団地」「小川東農園団地」「有限会社 農業法人楽山 天空の里」などの看板があります。この看板にしたがって左折すると、坪井農業団地へたどり着けます。

坪井農業団地・小川農業団地・天空の里の案内板の写真。
左右に道が分かれている。左が坪井農業団地への道。

坪井農業団地・小川農業団地・天空の里の案内掲示板の拡大写真。
木でできた案内板は「箕輪林道マップ」なのだとか。

看板から下の道を撮影した写真。
看板から下の道を撮影。この山道を上がってきた。

坪井農業団地・天空の里へと上る山道。
この山道を上がると、坪井農業団地の入り口に。


山道を上がっていくと、ようやく坪井農業団地の入り口にたどり着きます。ここから先も、車で上がっていくことができるようです。というか、できます。ただし車幅は狭く、傾斜もけっこうキツイのでご注意を(特に運転免許初心者の方や、車の運転に不慣れという女性の方など)。

坪井農業団地・天空の里の入り口の写真。
午後6時以降は、カギがかかります」という看板が。

坪井農業団地・天空の里へと続く坂道の写真。
けっこう傾斜がきつい坂道。


坂を登り切ると「天空の里」の看板が見えます。そしてそこには、広場が。どうやらここが駐車場のようです。トイレも設置されていました。ただし簡易水洗型。ちなみに、帰りに使ってみたら、水が流れなかったです(汗)洗面のほうは、ちゃんと水が出ました。ただし「この水は飲めません」との張り紙あり。飲料水としては使えないのでご注意を。


坪井農業団地・天空の里の駐車場? 広場? の写真

「天空の里」の看板の写真。

上ってきた坂道の写真。
このような坂道を上って、たどりつきます。

駐車場(広場?)の写真。
左に見えるのはトイレ。

トイレの写真。
簡易水洗型のトイレでした。トイレは、来る前に「和泉市南部リージョンセンター(道の駅 いずみ山愛の里)」などで済ませておくのがオススメかも。

槇尾山グリーンランドの展望台の写真。
駐車場から、山の方(坂道側)に見える謎の建物? これは「槇尾山グリーンランド」の展望台。「八ヶ丸山(はちがまるやま)」の山頂にあるもの。


以上で、『「坪井農業団地(天空の里)」に行ってみた・その1「行き方編」』は、おしまいです。続いて『その2「展望台編」』へと続きます。

→次の記事:「坪井農業団地(天空の里)へ行ってみた(2)展望台編(全2回)」(展望台から見た景色の写真などを紹介しています)


和泉市が市立中学校の音楽科臨時講師を募集中

和泉市が、市立中学校で勤務する常勤の音楽科臨時講師を募集している、という話。

必要な資格は、中学校音楽科の教員免許。勤務期間など詳細については、「教育委員会指導室までお問い合わせ下さい」とのこと。

和泉市のWebページ「和泉市: 公立中学校の音楽科臨時講師募集(2010.5.25更新)」からの情報です。

府中町のマンションで火災、男性1人が死亡

2010年5月23日(日)午後10時頃、和泉市府中町4丁目のマンション「ヴァンベール21」(7階建て)の最上階で火災が発生、男性1人が死亡した、という話。7階に住む会社員、浪越一帆さん(45)方から出火し、住民からの119番通報で約1時間後に消し止められたものの、この1室が全焼。室内から浪越さんの遺体が見つかったとのこと。延焼や他のけが人はなかったそうです。


和泉署などによると、浪越さんは一人暮らし。発見当時は、玄関先で倒れた状態だった、という。台所付近が激しく燃えているとのことで、同署が詳しい出火原因などを捜査中とのこと。

マンションのほかの部屋への延焼やけが人はなかったということで、不幸中の幸いだったと思います。同じマンションの住む人たちはもちろん、その周辺に住んでいたり、お店を持っているという方々は、延焼するのではないかと気が気ではなかったのではないでしょうか? また、和泉市立病院の近くということで、入院患者の方々も不安だったのでは?

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。


【参考リンク】


和泉市でゴキブリ駆除剤を無料配布(6月)

来月6月、和泉市がゴキブリ駆除剤を無料で配布する、という話。「ゴキブリ駆除月間」とのことですが、そんな月間があるのですね。市役所へ出かける機会がある方(そしてゴキブリに困っているという方)は、もらってみてはいかがでしょうか? ただし、あくまで6月からの配布なのでご注意を。

駆除剤の配布期間や申込方法は、以下の通り。

期間:6月1日(火)~30日(水) (土・日曜日を除く)
時間:午前9時~午後5時15分
申込:印鑑(スタンプ印不可)、または本人確認のできるものを持参のうえ、生活環境課(2号館1F)で直接

↓以下のページが情報源です。
和泉市: ゴキブリ駆除剤を無料配布