和泉市きまぐれWatch

大阪府和泉市のネタをきまぐれに取り上げる個人ブログ

「眼鏡市場 和泉観音寺店」、2010年7月30日(金)オープン

眼鏡市場 和泉観音寺店」が2010年7月30日(金)、和泉市観音寺町にオープンする、という話。同日オープンする大東扇町店(大東市)と合わせて、大阪府下に33店舗を展開することになるようです。オープン日から週末にかけて、周辺道路では「眼鏡市場混雑」「眼鏡市場渋滞」が起きそう?……かどうかはわかりませんが、一応、気をつけておいたほうが良いかもしれませんね?


眼鏡市場 和泉観音寺店」の場所は、「青木松風庵 和泉府中店」の近く、同じ道路沿いにあります。しかし、「眼鏡市場 和泉観音寺店」の住所が観音寺町なのに対し、「青木松風庵 和泉府中店」の住所は弥生町だったりします。だからどーした? といわれそうですが、ちょこっと気づいたので書いてみました(笑)。

にしても、メガネ一式が15,750円から買えてしまうという。しかも、超薄型遠近両用レンズも、超薄型単焦点レンズも、追加料金0円! ちなみにレンズ替えのみの場合は、全レンズが2枚1組11,340円(税込)。安い……すごいですね。

従来の眼鏡店の場合、一般的にはフレームとレンズを合わせて3万円以上は予算を見ておかないといけないような……あくまで個人的な計算ですが。セット価格で安いメガネも販売されているようですが、近視が進んでいる場合など、レンズを薄くするためには屈折率の高いレンズ=価格の高いレンズが必要。で、レンズを変えた結果、合計金額が高くなってしまう。そこから「もっとまけて!」とか値引き交渉したりもするわけですが、これがまた面倒……(^^;)

そう思うと、どのレンズでも(プラスチック・ガラスいずれも)追加料金不要で、メガネ一式が15,750円から買えてしまうという眼鏡市場は、確かに魅力的……というか、買いに行きやすい気がします。ワンプライスなので、値引き交渉も不要ですし。

ただし、気になるのは品質でしょうか? 実際のところ、耐久性とかどのくらいなのか……。あと、眼鏡の掛け心地を調整するフィッティングとか? と、これは実際に買いに行ってみないとわかりませんね(^^;)

機会があれば、行ってみたいと思います。


【「眼鏡市場 和泉観音寺店」の店舗概要】
住所
594-0065 大阪府和泉市観音寺町173番1
営業時間
10:30-19:30
定休日
記載なし
取扱商品
眼鏡、サングラス、補聴器
駐車場
26台
※2010/7/現在の情報です。その後、変更されている可能性があります。あらかじめご了承下さい。電話番号・地図・交通・アクセスなど、最新情報は「眼鏡市場 和泉観音寺店」のページで確認して下さい。


前市長らへの損害賠償請求訴訟に関する「臨時議会」が8月26日に開催予定

前市長他3名への損害賠償請求訴訟に関する「臨時議会」が、8月26日(木)に開催される見通しとなった、という話。議案は「上伯太線の工事にかかる前市長他3名への損害賠償請求について」。和泉市が行った損害賠償請求に前市長らが応じなかったため、市は損害賠償訴訟に踏み切ることに。ただし、市が損害賠償訴訟を提起するには議会の議決が必要となるため、臨時議会の招集が決まった、のだとか。あくまで予定ですが、ほぼ間違いないとのこと。杉本淳・和泉市議会議員のブログに情報がありました。


和泉市は2010年6月15日(火)、市が発注した「上伯太線」道路整備事業で不適切な支出があったとして、前市長の井坂善行(いさかよしゆき)氏を含む当時の市幹部4人に損害賠償請求を行った。請求額は、松尾寺町の仮設グラウンド整備費など約4570万円で、支払期限は7月15日だった。しかし、請求された4名はいずれもその請求には応じなかった

そこで、和泉市は損害賠償訴訟に踏み切ることに。ただし、市が訴えの提起をする場合、議会の議決を要する(地方自治法第96条第1項第12号の規定による)。このため、臨時議会を招集することになった。臨時議会の日程は、8月19日に議案発送、26日に議会開催とのこと。

臨時議会で議案が可決されると(たぶん、可決されるはず?)、和泉市による損害賠償請求訴訟の手続きが正式に始まり、裁判で「上伯太線工事における不適切支出問題」が争われることになるわけですが、判決が出るまでにはどのくらいかかるやら……?


ところで、「松尾寺町の仮設グラウンド」って、その後どうなったのでしょう?(あるいは、どうなる?) 仮設なので撤去される(わずか2年足らず)と思うのですが、もったいない話。なんとかならないのかなぁと思うのですが。もう撤去済み? あるいは、いつから撤去予定? そういう情報、全然わからない(汗)(私が知らなすぎなだけ?)。一方の「王子グラウンド」も、どうなっているのか……市民が誰でも使えるようになっている?
【2010/07/31追記】「王子グラウンド」は市営化することになったそうです。ただし、管理に関して問題が発生しているようです(地元の運営委員会で管理するか、条例により管理するか)。詳しくは「昌子の広場・第104報(小林昌子議会報告)」を参照のこと。

そういえば、「いずみ箱」への投稿に『いぶき野の中央公園に、有料でいいから駐車場を整備してほしい(5番目の投稿)』というのがありました。2年で撤去するグラウンドや、特定の人たちだけが使うグラウンドに何千万円も出すなら、こうした公園の駐車場を整備したほうが、よっぽど多くの市民のためになるのでは……と、話が飛躍してしまった?(^^;)
【2010/07/31追記】「特定の人たちだけが使うグラウンド」とは、王子グラウンドのことです。このグラウンドについては、土地収用法で原状回復の工事が補償される(と思う。誤解があったらすみません)ので、ある程度の費用がかかったとしても、それは利用者の人数とは関係ない……と考え直しました。そのため、上記文章を以下のように書き換えます。
※ただし、原状回復以上の工事が行われているとの指摘もあります。これについても、「昌子の広場・第104報(小林昌子議会報告)」を参照のこと。
※【2010/09/16修正】工事の用地取得はすべて任意取得(市との交渉)であり、土地収用法は適用されていないとのこと。


そういえば、「いずみ箱」への投稿に『いぶき野の中央公園に、有料でいいから駐車場を整備してほしい(5番目の投稿)』というのがありました。特定の人たちだけが使う、2年で撤去するグラウンドに何千万円も出せるのなら、こうした公園の駐車場整備にも予算が出せるのでは? グラウンド整備より安いはず? 駐車場は、多くの市民も利用できるでしょうし……と、話が飛躍してしまった?(^^;)


【参考リンク】


第5回『和泉の国ジャズストリート2010』、9月25日・26日開催

2010年9月25日および26日、第5回『和泉の国ジャズストリート2010』が開催される、という話。7月14日(水)に、公式ブログ『和泉の国ジャズストリート NEWS』で告知されていました。もっとも、私が知ったのは、きょうのまちBBS「【和泉市】〓〓和泉中央45〓〓」の投稿を見てのことですが(^^;)


以下、公式ブログからのコピーを貼り付けしておきます(少し文章に修正あり)。詳細は、公式ブログを参照のこと。

あと、第5回『和泉の国ジャズストリート2010』出演バンドの募集は「7月末締切」とのこと。参加希望の方・バンドは以下の募集要項をご覧の上、お早めにどうぞ。
出演バンドの募集です! 7月末締切ですが・・・ - 和泉の国ジャズストリート NEWS - Yahoo!ジオシティーズ


【事業名称】
「和泉の国ジャズストリート2010」

【開催日時】
▼9月25日(土)
14時~17時 前夜祭・無料ライブ(和泉中央駅)
18時~20時 上田正樹specialライブ(17時半開場)

▼9月26日(日)
12時~13時 式典(和泉シティプラザ)
13時~20時 ジャズストリート

【開催内容】
  • 25日の上田正樹ライブは、和泉シティプラザ「弥生の風ホール」で開催(当日券3800円、前売券3500円、全席指定)。小学生以下は入場不可とのこと。
    《チケット販売》和泉シティプラザ、はっぴいえんど(堺市竹城台)、マルゼン楽器店(和泉府中本店、光明池店)、新日本ミュージック

  • 26日のジャズストリートは、和泉中央駅、アムゼモール広場、和泉シティプラザ、大阪トヨペット、ホンダ、珈琲館、ルージュトマト、緑ヶ丘自治会館、はつが野ぞうさん公園の9ヵ所で、プロ・セミプロによる無料ジャズライブを実施予定。

【主催】
「和泉の国ジャズストリート 2010」実行委員会
【後援】
和泉市、和泉市教育委員会、和泉市文化協会、桃山学院大学、和泉商工会議所
【協賛】
大阪府都市開発株式会社(泉北高速鉄道)、和泉市商店連合会ほか
【協力】
和泉市公共施設管理公社(和泉市生涯学習センター)
【参加予定人数】
4000人


【参考リンク】


和泉市きまぐれリンク集(お気に入り・ブックマーク)

※2012/09/30更新:

和泉市の情報収集に役立つ(と思う)サイト・ページをきまぐれにまとめてみた、というリンク集(お気に入り・ブックマーク)です。

まちBBSの和泉市関連スレッド



「和泉市」の検索結果



テレビ・放送局のニュースサイト



和泉市関連のブログ



和泉市・市長



市議会・議員



和泉市オンブズマン



府議会議員



その他、情報収集や確認のための参考ページ




国道480号・鍋谷峠が全面通行可能に

鍋谷峠付近(和泉市父鬼町)の土砂崩れにより7月14日から続いていた国道480号の通行止めが、16日午後5時20分頃に解除されて全面通行が可能になった、という話。和泉市Webページからの情報です。


【参考リンク】