和泉市きまぐれWatch

大阪府和泉市のネタをきまぐれに取り上げる個人ブログ

国道480号「アンダーパス」部分が供用開始:JR阪和線和泉府中駅近く

国道480号のJR阪和線横断・立体交差事業のうち、アンダーパス部分が完成した、という話。3月28日(月)午後2時より一般開放(供用開始)された、とのこと。具体的には、JR阪和線和泉府中駅近く、府中病院前を走る道路。なお、今後も側道・踏切工事などが引き続き行われる、そうです。
参考:国道480号「アンダーパス」完成付近(Googleマップ)
和泉市: 国道480号「アンダーパス部」が供用開始

アンダーパス完全以前にあった踏切は、和泉府中駅に停車する列車の多さなどから、しばしば渋滞が発生。いわゆる「開かずの踏切」になっていた、という。
国道480号 - Wikipedia


いずみアピール課が非常勤職員を募集:和泉市

和泉市の「いずみアピール課」で、DTP実務経験のある非常勤職員を2名、募集する、という話。業務内容は、広報いずみ制作編集(企画・取材含む)、市ホームページ運営管理など、広報広聴業務全般。受付期間は、平成23年3月28日(月)から3月31日(木)までの午前9時から午後5時まで(但し、土日祝日を除く)、和泉市役所(3号館3階)いずみアピール課まで。詳細は以下のリンク先ページを参照のこと。
和泉市: いずみアピール課の非常勤職員を募集

参考までに、資格要件を引用しておきます:

資格など:次の要件を全て満たす者
  • 昭和41年4月2日生まれから昭和63年4月1日生まれまで
  • 高校卒業程度の学力がある
  • DTPエキスパートまたはDTP検定Ⅰ種を保有する
  • アドビCS4(InDesign、Illustrator、Photoshop)を使用して広報紙編集と広告デザインができる
  • 平成23年4月1日時点で5年以上のDTP実務経験があり過去3か月以内にDTP実務を行っていた(資格証コピーや証明書などが必要)
  • 平成23年4月4日から勤務できる


上記資格要件を全て満たす人って、どのくらいいらっしゃるのかな? と個人的には思ったりもするのですが……(^^;)何人ぐらいの応募があるのかなぁ?
※案外、いっぱいいてはるんでしょうか?


黒鳥山公園の花見の雪洞(ぼんぼり)を中止:東北関東大震災の被災者に配慮

黒鳥山公園の花見の雪洞(ぼんぼり)が中止になった、という話。東北地方太平洋沖地震の被災者に配慮したため。

桜のお花見スポットとして知られる黒鳥山では、夜桜見物など楽しめるよう、和泉市が花見シーズンに雪洞(ぼんぼり:いわゆる提灯)の点灯を実施。今年2011年は、4月2日(土)から10日(日)まで、雪洞の点灯を予定していた。
和泉市: 黒鳥山公園の花見の雪洞(ぼんぼり)を中止します


「ちょいず」結果公表:有効届出数12,396人、交付予定額合計5,135,208円

22日、和泉市あなたが選ぶ市民活動支援事業(愛称「ちょいず」)の投票結果(市民による支援団体の選択届出結果)がこっそり? 公表されている、という話。
「ちょいず(和泉市あなたが選ぶ市民活動支援事業)」選択届出結果(平成23年度)
→上記結果の告知ページ:和泉市: 和泉市あなたが選ぶ市民活動支援事業(愛称「ちょいず」)


「こっそり」という理由は、RSS配信や新着情報などで告知されていないため。更新履歴にも掲載されていません。結果の公表予定日は3月22日(火)なので、トップページなどで告知していてもよいと思うのですが……。

平成23年2月1日(火)から2月22日(火)の間に提出のあった選択届出書を集計。その結果、届出総数は13,945人。うち、有効届出数は12,396人、無効届出数1,549人、とのこと。

結局、投票する資格を持っていた人のうち、実際に届出をした人の割合はどのくらいだったのか? 有資格者である「平成22年6月1日時点の18歳以上の市民の人口」は、149,712人。そして届出総数は13,945人。ということで、有資格者の約9%の方が届出をしたということになります。

今回の交付申請額の合計は8,516,992円。しかし、届出集計の結果、希望額に達しなかった団体もあるため、交付予定額の合計は5,135,208円という結果に(ちなみに、市民からの届出額の合計は6,878,840円)。交付申請額に達した団体は14団体ありました。

ちなみに市民からの届出額の順で見たベスト5は以下の通り。
※ただし、目算でのチェックなので、間違いがあればごめんなさい。
※なお、カッコ内は順番に「1団体・2団体・3団体をそれぞれ選択した人の数」です。
※交付予定額の上限は50万円。

  1. 北松尾校区町会連合会『市民誰でも「ふれあいフェスタ」』……903,221円(1,518 83 204)
  2. 信太の森芸能祭実行委員会「信太の森芸能祭」……809,411円(1,340 113 186)
  3. のぞみ野街づくり推進委員会「第7回のぞみ野夏まつり」……650,666円(1,003 143 294)
  4. 信太連合会「信太連合会(安全対策・清掃活動事業)」……551,273円(928 54 115)
  5. 社団法人和泉青年会議所「(仮称)タイムカプセル開封式及び封印式」……441,951(771 28 34)

意外な結果というか、だんじり団体のうち2つが交付申請額の満額(50万円)に達しなかったという。あと、「和泉の国ジャズストリート2011」も、単独での支援数が少ないため、交付予定額が少なくなっていますね。

ところで個人的に気になるのが、集計作業をどのように行ったのか?(延べ人数とか、アルバイトを雇ったのか? など)ということ。あと、以前の記事『「ちょいず」って、経費がかかりすぎ?』でも取り上げてみたとおり、集計にかかった経費など。よく市の刊行物に記載されているように、費用を公表してみるのもよいかも?

なお、「平成23年度当初予算(案)について」の8ページ目を見ると、前年度(今回)3,574千円だった「いずみ市民活動支援事業(愛称”ちょいず”)」の平成23年度予算として、「13,279千円」と記載されています。


ちなみに「ちょいず」とは、各自が選択した市民活動団体へ支援金を交付する仕組み。18歳以上の市民が、支援対象団体を3団体以内で選択して届出を市に提出。団体への支援金額は、選択した市民の数に「支援額」をかけたもの(最大50万円)。
※1団体を選択した場合の1人当たりの支援額555円
※2団体を選択した場合の1人当たりの支援額277円(=555円÷2)
※3団体を選択した場合の1人当たりの支援額185円(=555円÷3)


【参考リンク】


「和泉府中南通線」が開通

平成23年3月15日、「和泉府中南通線」が一部供用開始となった、という話。JR阪和線和泉府中駅前の再開発事業で整備された道路で、この道路を通り大阪和泉泉南線から和泉府中駅へアクセスすることができる、のだとか。
※具体的にいうと、「フチュール和泉」の前(北東側)にできた道路、でしょうか?
大阪府和泉市府中町1丁目周辺の地図 - Yahoo!地図
和泉市: 和泉府中南通線が開通


和泉図書館がフチュール和泉にオープン:3月20日午後1時

和泉図書館が3月20日(日)午後1時、フチュール和泉(和泉市府中町一丁目20-1)にオープンする、という話。オープン初日の開館時間は、午後1時~8時まで。

通常の開館時間は、平日は午前10時~午後9時、土・日曜日・祝日は午前9時~午後8時。休館日は、毎月第2金曜日、年末年始、蔵書点検期間(2月下旬)、とのこと。

なお、駐車場はフチュール和泉の駐車場棟を利用すればいいようです(和泉図書館利用の場合、駐車料金は1時間無料なのだとか。ただし図書館カウンターにて手続きが必要)。

ちなみに、図書館カードをIC タグ付きに変更する作業が始まっています。まだという方は、それぞれの図書館カウンターで確認をオススメします。住所の確認できるもの(運転免許証、保険証、学生証など)を持参のこと。
※広報いずみ・平成23年3月号(8ページ目)にも詳細が掲載されています。
広報いずみ・平成23年3月号(PDFファイル)

※19日にリニューアルされています
和泉市立図書館ホームページ


和泉市が救援物資を輸送:福島県いわき市へ

18日午前、福島県いわき市へ救援物資を届けるため、和泉市から救援物資搬送車が出発した、という話。被災地救援物資支援として、水や食料、医薬品を積んだ4tトラックとライトバンが出発した、とのこと。福島県いわき市とは全国伝統地名市町村連絡協議会で、平成20年3月まで災害協定を締結していた、のだとか。

早ければ19日午前中に現地に届けられる、そうです。無事に任務を終えられて帰還されることをお祈り申し上げます。
和泉市: 福島県いわき市に救援物資を届けに出発


なお、ツイッター(和泉市 (izumi_city) on Twitter)でも逐次、情報発信されています。
Twitter / 和泉市: 本日午前9時40分、いわき市に向けて当市からの救援物 ...
Twitter / 和泉市: 支援部隊は、現在神奈川県を過ぎ、まもなく東京に入りま ...


和泉市が「平成21年度・財政状況等一覧表」を公表

18日、和泉市が平成21年度の財政状況等一覧表を公表した、という話。以下のページからダウンロードできます(PDFファイル)。
和泉市: 財政状況等一覧表を公表します


和泉市が給水タンク車を派遣:岩手県盛岡市へ

16日、和泉市上下水道部が日本水道協会の要請で、支援隊第1班を岩手県盛岡市に派遣した、という話。給水タンク車で応急給水活動を行う、とのこと。支援隊第2班も後日、出発する、そうです。活動に当たる職員さんの安全と健闘をお祈り申し上げます。
和泉市: 給水タンク車を派遣