和泉市きまぐれWatch

大阪府和泉市のネタをきまぐれに取り上げる個人ブログ

市立小学校の女性講師が帰宅途中にテスト答案など紛失

29日夜、和泉市立鶴山台北小学校に勤める女性講師(24)が帰宅途中に、児童31人分のテスト答案や出席簿などを紛失した、という話。和泉市教育委員会が30日、発表した、とのこと。

紛失したのは、女性講師が担任する4年生1クラス、31人分の国語のテスト答案など。29日午後10時ごろ、女性講師がバイクで帰宅途中に、テスト答案や出席簿などを入れたバッグを落とした、のだとか。紛失に気づいたあと和泉署に届けた、そうです。


同教委によると、生徒の個人情報に関する文書などを校外に持ち出すことは禁止していた、とのこと。ということで、一見すると「勝手に持ち出しするとは、けしからん」ということになりそうですが……。


ただ、個人的に気になったのが「帰宅時刻」。午後10時に帰宅ということは、その前まで小学校で仕事をしていたのでしょうか? そして、それでも終えられない分(テストの採点?)を自宅に持ち帰ろうとして、今回の紛失問題を起こしてしまった、ということでしょうか?

では、なぜ午後10時まで学校の仕事を終えられないのか?

以前、報道ステーションで『理想と現実・・・新人教師の苦悩』という特集がありましたが、まさにこういう状況だったのかなぁ? と思って見たり……。

児童を帰した放課後、職員会議やテストの採点、教材作りなど様々な業務をこなすため、帰宅はいつも夜の9時過ぎ。ゆっくりする時間もなく、すぐ机に向かう。放課後やりきれなかった仕事を自宅に持ち帰っているためだ。毎朝7時に出勤し、寝るのは深夜。休日である土曜日も、残った仕事をこなすため、出勤している。なぜ、こんなに時間が足りないのか。新人教師には“初任者研修”という研修が義務付けられている

今回の女性講師さんがこうした研修を受けているかどうかは分かりません。しかし、24歳ということなので、まだ「新人教師」さんのはず? それで、担任の仕事にまだ慣れてなくて、夜遅くまで残っても仕事が終えられなかったのか? それとも、誰か管理職の人から指導を受けていて、時間が遅くなってしまったのか?

……って、他の先生も午後10時前まで学校にいらっしゃったのでしょうか? そのあたりも気になってしまったり。もっとも、女性講師が帰宅直前まで学校にいたかどうかは不明ですが(寄り道していた?)。

とまあ、いろいろ考えてしまいました。いや、考えすぎかもしれませんが(苦笑)


【参考リンク】