和泉市きまぐれWatch

大阪府和泉市のネタをきまぐれに取り上げる個人ブログ

「いずみ小川いちご農園」で、いちご狩りがオープン:3月1日(土)より

今回の注目ツイートは、大阪観光局 (Osaka_Tabilog)さんのツイートから:
関西最大級を誇るいちご農園、いずみ小川いちご農園。立ったまま狩れるのが特徴です。先の予定は今のうちに決めてあたたかな春に苺狩りを楽しみませんか。3月1日オープン。予約はお早めに。詳細:いずみ小川いちご農園 いちご狩り:OSAKA-INFO 大阪観光情報
Twitter / Osaka_Tabilog: 関西最大級を誇るいちご農園、いずみ小川いちご農園。立ったまま ...


平成26年3月1日(土)より、和泉市仏並町にある「いずみ小川いちご農園」で、いちご狩りがオープンする、という話。関西最大級の規模を誇るいちご農園で、「立ったまま苺を狩れる」のが特徴、なのだとか。完全予約制(30分間食べ放題)。農園で栽培されたイチゴの直売も。

場所は「いずみふれあい農の里」(和泉市仏並町)。開催期間は、6月1日まで。開園日は水、土、日及び祝日。料金は中学生以上1,400円、小学生1,200円、3歳以上900円。

なお、いちご狩りは「完全予約制(30分間食べ放題)」で、「混み合う日は、二週間位前に満員になりますのでご注意ください」とのこと。予約方法は「いちご狩り受付専用電話」にて受付、とか。


地図・住所・電話番号・定休日および問い合わせ先など詳細は、以下のページを参照のこと。
いちご狩りの御案内|関西でイチゴ狩りなら【いずみ小川いちご農園】


■2014/02/28に「ツイッターアカウント @izumiwatch」からツイートしたリスト


和泉市立病院の運営問題(つづき):派遣切り・バイト切りは本当?

先日の「和泉市立病院の運営問題」について。

概要については、先日のブログ記事「和泉市立病院の運営問題:徳洲会の就業支度金制度ほか」に、まとめてみました(2014/02/27追記あり)。

この件について、個人的に思いついたことを、つれづれなるままに以下に記してみます。
※時間がないので、ほんとに思いつきをそのまま……(汗)

  • 看護師や放射線技師・薬剤師などの医療系職員が話題になっているが、事務系職員はどうなっている?
  • そもそも、市立病院の全職員数は? 内訳は?
  • 解雇? 雇用主変更? ということは、3月末にいったん解雇手当or退職金が出る?
  • 支度金について、そもそも法的にオーケーなのか? 民間事業者に公的資金?
  • 職員確保は、指定管理事業者の責任ではないのか? 市が手を貸してよいのか?
  • 経営・運営に関して、線引きをしっかりする必要は?
  • 「3年間勤務で返済免除」という支度金は誰のアイデアか? 徳洲会から依頼があったのか?
  • そもそも、なぜ「3年間」なのか? 基準は何なのか?
  • 支度金で、市立病院に残る職員が増えるのか? 「3年縛り」を受け入れるのか?
  • 「3年後に大量退職」の危険はないのか?
  • 職種変更の医療系職員を受け入れるため、市役所のアルバイト職員や新規採用の削減するというのは、問題ではないのか?


現時点で、とくに個人的に気になるのが、最後のリスト。医療系職員を事務職員として職種変更・受け入れる費用(給料?)を捻出するため、それまで市役所で働いていたアルバイト(パート? 臨時職員? 派遣社員?)が解雇・契約打ち切り? になる……という話も。


以下、個人的に見聞きした情報をまとめると:
和泉市役所のアルバイトが全員、3月末でクビになる。和泉市立病院で働いている看護師ら医療系職員・百数十人が、4月以降、和泉市役所で働きたいと希望。希望者らを和泉市役所で、和泉市立病院の時と同じ給料で雇う。その人件費を捻出するため、市役所のアルバイトが全員クビに。しかも、3月末で契約が切れるアルバイトは、契約がちょうど切れるので失業保険も無い……


はじめに断っておくと、当事者に直接、確認をとったわけではありません。ですが、新聞記事でも「アルバイト職員や新規採用の削減で対応」の一文がありました。よって、信憑性は高い、と個人的には思いました。


いずれにしても、派遣切り・バイト切りのようなことが行われるのかどうか? ちょうど議会が開催されていることですし、ぜひとも議員さんには、この点についても確認・ツッコミを期待したいと、個人的には思っています。

臨時職員の募集:和泉市公共施設管理公社

今回の注目ツイートはこちら:
【求人情報】「平成26年4月から働いていただける臨時職員を募集いたします」とのこと。勤務地:市民体育館・生涯学習センター・緑化センター
一般財団法人 和泉市公共施設管理公社

和泉市公共施設管理公社が臨時職員を募集している、という話。「4月から働いていただく臨時職員を募集」とのこと。勤務地は、市民体育館(市民球場、テニスコート、多目的グラウンドとの一括管理)、生涯学習センター(和泉シティプラザ内)、緑化センター。申し込みは、平成26年2月26日(水)から電話にて。

詳細はリンク先ページの新着情報欄を参照のこと。


■2014/02/27に「ツイッターアカウント @izumiwatch」からツイートしたリスト


和泉市立病院の運営問題:徳洲会の就業支度金制度ほか

※02/27、追記しました
きょうは、テレビニュースで、和泉市立病院の運営問題のことが報道されていましたね(>Д< ;)

ひとことでいうと、「今年4月から公設民営化する和泉市立病院=徳洲会に、人員確保の支援金として税金を投入するのは、いかがなものか?」ということだと、私は解釈したのですが。

もう少し詳しくいうと:
・今年4月から徳洲会を指定管理者とし、公設民営化となる和泉市立病院。
・しかし、看護師らの半数以上が、市の事務職員への職種変更や退職を希望
・そこで人員確保のために、3年以上勤務すれば返済を免除する「就業支度金」を徳洲会が用意。
・しかしその費用を全額、市が負担することを市が決め、2014年度の当初予算案に約3億5800万円を計上。27日(木)から始まる市議会の定例会に予算案を上程することに。
・これに対し、市内の男性2人が26日、「看護師を引き留めるために市が支度金を支出するのは不当」として住民監査請求を起こした。

これに対して、いろいろ思ったりしたことがあるのですが、もう今日はまとめるだけで時間が無くなってしまったので、「まとめ」だけということで……。

以下、新聞報道などをもとに、経緯の詳細を箇条書きにしました:
  • 和泉市立病院は今年4月から指定管理者制度を導入。医療法人「徳洲会」が指定管理者となり、民営化。市長の公約でもある救急医療の再開やコストの削減のため。
  • しかし市の調査によると、徳洲会への移籍を希望する職員(医師を除く)が、全体の6割にも満たない状況。
  • 看護師らの半数以上が、市の事務職員への職種変更や退職を希望。民営化により「病院に残ると給与が下がる」ことが主な理由。
  • 常勤の看護師と准看護師は計197人。このうち徳洲会へ移籍して病院に残るのは89人74人が職種変更を希望、34人が退職を希望。
  • 放射線技師など医療技術職員は計57人病院に残るのが17人で、職種変更希望者が30人、退職希望者が10人。

  • そこで人員確保を目指し、病院で引き続き勤務する看護師らを対象に、一定条件を満たせば返済の必要がない「就業支度金制度」を、徳洲会が設けることに。
  • 「就業支度金」とは、4月以降に病院に勤務する者に徳洲会が50万~300万円を貸し付け、3年以上勤めた場合は返済を免除する、という制度。新規採用者も対象
  • この就業支度金の費用は、「市が全額負担」することを市が決定。
  • 徳洲会に支払う管理費用約2億円に加えて、この支度金のための約3億5000万円を、市は2014年度の当初予算案に盛り込むことに。27日(木)から始まる市議会の定例会に予算案を上程。

  • これに対し、市内の男性2人が26日、「看護師を引き留めるために市が支度金を支出するのは不当」として住民監査請求。「4月以降の病院運営は徳洲会の責任で行うべきだ。就業支度金として支出することは市に損害を与える」などと指摘、予算案からの削除を求める。
  • (監査請求した和泉市民のコメント)「市長がタウンミーティングで『指定管理費だけで一切費用は発生しない』と」
  • 辻宏康市長は、「医療水準を維持するために必要な費用」。「徳洲会はパートナー。我々ができることはしたいということで、支度金制度の導入を決定した。地域医療を充実するために納得してもらえると解釈している」。
  • 市は「十分な人材を確保し、医療水準を維持するために必要な費用」。
  • 市議からは「税金投入はおかしい」との声も。
  • 予算案を審議する市議の一人は「人員確保は運営を引き継ぐ徳洲会の責任。新規採用者にまで返済不要の金を貸すのはおかしい」と批判。


【02/27追記】
  • 市立病院には、看護師や薬剤師などの医療職員(医師を除く)366人が勤務。市は3月末で解雇、4月以降は徳洲会が雇用主となる。
  • ベテラン医療職の給与水準が低く、市の調査に対して病院に残ると笞えたのは201人にとどまり、残りは市の事務職員への職種変更や他病院への転職を希望。
  • 市は職種変更を希望した看護師ら105人を事務職員として4月から受け入れアルバイト職員や新規採用の削減で対応




■2014/02/26に「ツイッターアカウント @izumiwatch」からツイートしたリスト


和泉市はつが野のイタリアン「クッチーナ イグサ」:青葉はつが野小学校前

今回の注目ツイートはこちら:
和泉市はつが野のイタリアン「クッチーナ イグサ」のレポートが。「行かれる際には予約したほうがいいと思います!」とのこと
dz. bakery&cafe - お店の並びにあるigusaさんにランチに行きました|Facebook


和泉市はつが野のイタリアン「クッチーナ イグサ」のレポートが、「dz. bakery&cafe」さんのフェイスブックページに投稿されている、という話。

「dz. bakery&cafe」さんといえば、青葉はつが野小学校の目の前のパン屋さん。その並びにイタリアンレストラン「クッチーナ イグサ(cucina igusa)」がある、のだとか。

ネット検索してみたら、「クッチーナ イグサ」さんのフェイスブックページを発見。それによると、「2014年2月12日に無事オープンさせて頂きました」とのこと。冒頭の紹介文には「畳のショールームがあるイタリアンをベースとした飲食店」とか。なかなか個性的なイタリアンのお店のようですね。
Igusa | Facebook

ちなみに食べログにもページがあって、現在1件の口コミが寄せられています。
クッチーナイグサ (cucina igusa) - 和泉中央/イタリアン [食べログ]


■2014/02/25に「ツイッターアカウント @izumiwatch」からツイートしたリスト


菓子工房 T.YOKOGAWAで、春の限定商品「桜スイーツ」2品の販売スタート

今回の注目ツイートはこちら:
春の限定商品「桜スイーツ」2品の販売スタート、とか。桜マカロン・桜ショコラ
菓子工房 T.YOKOGAWA オンラインショップ


和泉市の人気スイーツショップ「菓子工房 T.YOKOGAWA(ティ・ヨコガワ)」で、春の限定商品「桜スイーツ」2品の販売スタート、という話。販売期間は2月中旬~4月下旬の限定販売とか。

桜マカロン」は、ほのかな桜の香りがする春色のマカロン。そして「桜ショコラ」は、見ているだけでウキウキとしてくる桜色のチョコレート。「卒入学のお祝いとしても喜ばれます」とか。たしかに、卒業シーズン・入学シーズンのお祝いのお菓子として、「桜スイーツ」はぴったりかも、ですね(^ー^)


■2014/02/24に「ツイッターアカウント @izumiwatch」からツイートしたリスト