和泉市きまぐれWatch

大阪府和泉市のネタをきまぐれに取り上げる個人ブログ

「南松尾はつが野学園」の新入生は47名/和泉市初の施設一体型小中一貫校

2017年4月に開校した和泉市初の施設一体型小中一貫校「和泉市立 南松尾はつが野学園」の新入生は47名、という話。内訳は、1年が29名、7年(中学1年)が18名、とのこと。和泉市ホームページより。
新(ニュー)学校に入(ニュー)学/和泉市ホームページ


上記ページによると、10日の始業式には「1年29名、2年29名、3年17名、4年21名、5年13名、6年21名、7年18名、8年14名、9年17名の9クラス」で迎えるとのこと。ということは、学校全体の人数は「179人」ということに。

※なお、通学エリアは「はつが野四丁目・五丁目・六丁目の地域」および「今年3月に閉校した旧南松尾小学校、旧南松尾中学校の地域」とか。


個人的には、近隣エリアの児童数・生徒数が過剰になっている学校から、半分~3分の1ぐらいの人数が合併するカタチになると(勝手に)思っていました。なので、今回の人数に関する情報を見て「え?」というのが、正直な感想です。結局、近隣エリアの学校は、現状のまま?(多すぎる状態のまま?)


ちなみに、南松尾はつが野学園の「規模」については、小林昌子・和泉市議のブログ記事に詳細が掲載されています。
市民の力で政治を変えよう:南松尾はつが野学園の見学会に参加しました

この小林市議のブログ記事によると、普通教室の数は「27」とあります。今年度は9クラスなので、人数的には、まだまだ余裕があるといえますね。

将来的には、校区エリアの宅地開発などが進んで、人口が増えることにより、児童数・生徒数も増えていく……ということでしょうか?


それにしても、学校によって新入生の人数や生徒数が全然ちがうんですね。例えば和泉中学校では「新たに294名の新入生を迎えました」とのこと。
和泉中学校 校長の日記: 平成29年度入学式

郷荘中学校では、新入生は「200名」。新年度は「合計22クラス、生徒数666名でスタート」とか。
郷荘中学校 校長室から: 平成29年度 入学式


一方で、二ケタ、あるいは一ケタという学校があるのかもしれませんが……。市内の各学校の児童数・生徒数の学校別一覧がホームページなどで公開されていないので、詳細は不明ということで(民間の学校情報サイトもありますが、全部調べるには、個人では時間がかかりすぎて、無理)。
※そういう資料があると、「この学校とあの学校の児童数は少なすぎる? 合併したほうがいいのでは?」といった意見も、市民から出てくるかも?