和泉市きまぐれWatch

大阪府和泉市のネタをきまぐれに取り上げる個人ブログ

和泉市立病院の新病院建設案が二転三転?

和泉市立病院の新病院建設案が二転三転している? という話。はろ~たいむすのピックアップニュースより。
はろ~たいむす ニュースのページ


和泉市立病院については、平成25年9月の本会議で、医療法人徳洲会を指定管理者とする議案が可決。平成26年4月から、徳洲会による病院運営に移行。その後、平成30年の開院を目指して「新病院の建設」が予定されています。

その和泉市立病院の新病院建設案が二転三転している、とか。病院本体床面積や総事業費・市の負担割合がコロコロ変わっているようです。

気がつけば当初の予定より、病院本体床面積が若干大きくなっただけなのに、総事業費と市の負担割合がずいぶんと増えているような……。最終的には、どう落ち着くのでしょう?


はろ~たいむすの記事をまとめてみると以下の通り:
同議案が可決された時点(平成25年9月):
・病院本体床面積2万5千平方メートル
・総事業費約78億円。市負担は約39億円(基本協定で決められた2分の1負担)

平成26年7月、市が見直し案を提示:
・病院本体床面積2万8千平方メートル
・総事業費約117億円。市負担は2分の1の約59億円

同年8月、徳洲会側が以下の建設案を提示、市と同案で合意:
・病院本体床面積4万平方メートル
・総事業費約170億円。市負担は約3分の1の約59億円(基本協定を上回る部分は徳洲会が負担するとした)

同年11月、徳洲会から見直し案が再度提示:
・病院本体床面積2万8千平方メートル
・総事業費約126億円。市負担は2分の1の約63億円

※この見直し案については、「現在協議中であるが、市がその要請を受けて、元の計画に戻すことは議会答弁などから明らかである」とか。以下のページより
新病院計画に関し住民監査請求 : オンブズ和泉


【参考リンク】