和泉市きまぐれWatch

大阪府和泉市のネタをきまぐれに取り上げる個人ブログ

調布市のシンボルマークに、和泉市のグラフィックデザイナーの作品が決定

東京・調布市のシンボルマークに、大阪府和泉市のデザイナー、深川重一さんの作品が選ばれた、という話。調布市が19日に発表。
調布市、市制60周年記念 ロゴとシンボルマーク発表 - 産経ニュース


ことし4月1日の市制施行60周年記念のプレイベントとして、市制施行60周年ロゴとともに募集。シンボルマーク応募作品数170点の中から、市民投票や名誉市民・水木しげる氏も特別参加したシンボルマーク等選定委員会による選定の結果、市民投票数1231票を得るなどして決まった、とのこと。

「大きく変貌し、発展していくまち・調布」というテーマに対し、『調布市の頭文字「ち」、「豊かな自然(緑・水)」「輝く太陽」「躍動する人」をモチーフに組み合わせてデザイン化した』、とか。


深川重一さん、実は、「全国各地のグラフィックデザイン公募コンテストにおいて最優秀賞や大賞をはじめ、優秀賞、佳作など、多くの賞を獲得しているグラフィックデザイナー」……と、以前のウチのブログ記事でも取り上げていたりしますヽ(*´∀`)ノすごいですね!
グラフィックデザイナー・深川重一(ふかがわ しげかず)さんの作品が池田市のシンボルマークに決定|和泉市きまぐれWatch

Google 画像検索でも、作品がたくさんヒットします。
深川重一 - Google 画像検索

【参考リンク】