和泉市きまぐれWatch

大阪府和泉市のネタをきまぐれに取り上げる個人ブログ

酒気帯び運転で再任用職員を懲戒処分/大阪・和泉市

和泉市は7日、酒気帯び運転で物損事故を起こした再任用職員を懲戒処分にした、という話。職員は同日付で依願退職した、とのこと。新聞の記事より。


処分を受けたのは、60代の上下水道部の再任用職員。職員は3月14日夜、堺市南区内のガソリンスタンドで乗用車を運転中、看板に接触する事故を起こした。駆けつけた警察官が呼気検査をしたところ、基準値を超えるアルコールが検知されたため、道交法違反(酒気帯び運転)容疑で取り調べを受けた、とのこと。その後、大阪府警に同容疑で書類送検された、という。職員は昼食時に焼酎を2~3杯飲んだ後、車でスーパー銭湯に向かう途中だった、とか。

職員はこの件を市に報告せず、4月に再任用期間が更新されていた……ということです。


都合の悪いことを黙っていた……ということで、一市民としては腹立たしい気持ちで一杯なのですが。再任用期間の更新時に事故・事件など起こしていないか自己申告を義務づけ、違反した場合には重い処分を科すような仕組みにはできないのでしょうか?(あるのかな? あったら申し訳ないです)。


しかし、今回の不祥事、和泉市のホームページ(Webサイト)の新着情報には、なんら情報が掲載されていません

本来は、マスメディア向けに発表する記事(プレスリリース?)は、同時に、ウェブサイトにも掲載するべきだと、個人的には思うのですが……と、以前も提案しました。公式サイトには「トピックス」「新着情報」「ニュースリリース」の項目があるのですから。

プレスリリースはすべて「ニュースリリース」で公表すべきでは? これは、「報道発表資料」として、という意味です。調べてみたら、堺市や岸和田市でも「報道発表資料」(あるいは「報道提供資料」など)のカテゴリを設けて、ウェブ上で公表していました。もちろん大阪府や大阪市でも同様です。


思うに、「ニュースリリース」は「報道発表資料」にあらため、報道発表資料はすべて公開していくことが、今後の和泉市の課題……ではないでしょうか?(和泉市議のみなさん、どうですか?)


【2015/08/11追記】この件について、和泉市ホームページ上で告知ページが、8月10日(月)に更新されていました。
職員の懲戒処分について/和泉市ホームページ