和泉市きまぐれWatch

大阪府和泉市のネタをきまぐれに取り上げる個人ブログ

「マイナンバーの通知カード」を平成27年10月から送付/和泉市

平成27年10月から「社会保障・税番号(マイナンバー)」制度が始まるのに伴い、和泉市では「マイナンバーの通知カード」を平成27年10月から送付する、という話。『ご自身のマイナンバー(個人番号)が記載された「通知カード」が住民票の住所地に送付』『世帯主あてに世帯ごとに簡易書留で送付』とのこと。和泉市ホームページより。
個人番号(マイナンバー)の通知カードについて/和泉市ホームページ


以下、マイナンバーについて個人的にまとめたものです:

「マイナンバー」とは?
  • 「12桁の個人番号」のこと
  • なお、法人には、1法人1つの法人番号(13桁)が指定される。
  • 基本的に「一生、使うもの」
  • 「社会保障、税、災害対策の手続」に利用される。
  • 国や地方公共団体、勤務先、金融機関、年金・医療保険者などに提供される。
  • 平成28年1月から「社会保障、税、災害対策の行政手続」に、マイナンバーが必要となる。


マイナンバーの「通知カード」と「個人番号カード」

「通知カード」とは?
  • 「通知カード」とは、住民票を有する国民一人一人に、マイナンバーを通知する紙製のカード。「氏名、住所、生年月日、性別(基本4情報)、マイナンバー」が記載されている。
  • 顔写真が入っていないため、本人確認に使うことはできない(別途顔写真が入った証明書などが必要)。
  • 平成27年10月から「通知カード」を、市区町村から「住民票の住所」に送付する(「個人番号カード交付申請書」が同封されている)。

「個人番号カード」とは?
  • 「個人番号カード」とは、「氏名、住所、生年月日、性別、マイナンバー」および「本人の写真」が表示された、ICチップ搭載カード。
  • 「顔写真つきの身分証明書」として、広く利用できる。
  • 個人番号カードの交付を受けるには「申請」することが必要。通知カード記載の「マイナンバー」および「顔写真」を、市区町村に申請(「郵送申請」と「オンライン申請」の2つ)。
  • 個人番号カードの交付は、平成28年1月より。個人番号カードの交付準備が整うと、はがきで「交付通知書」が送られてくる。



詳細については、以下の3つのページがわかりやすいと思います。


※なお、「やむを得ない理由により住民票の住所地において通知カードを受け取ることができない方」は、以下のページを参照のこと。
マイナンバー-マイナンバーを受け取ることが出来ない方へ:政府広報オンライン(平成27年8月24日[月]~9月25日[金])


【参考リンク】