和泉市きまぐれWatch

大阪府和泉市のネタをきまぐれに取り上げる個人ブログ

和泉中央移転「3分の2超の賛成で」に杉本市議が異議/和泉市庁舎移転・住民投票

11月22日(日)に行われる『和泉市庁舎整備に関する住民投票』について、和泉中央移転は「3分の2超の賛成で」という市の判断に杉本市議が異議を唱えていらっしゃる、という話。国民投票においてさえ「過半数」が判断基準なのに、住民投票の判断基準を「3分の2超」として良いのか? とのこと。
淳のよもやま話:九月議会はまだ終わらない!


『和泉市庁舎整備に関する住民投票』の結果について和泉市は、和泉中央移転については賛成が「有効投票数の3分の2を超えること」を庁舎移転の判断基準としました。なぜ過半数ではなく、3分の2超なのか? 市が提示している理由は以下の通り:

  • 『和泉中央住宅展示場跡地へ移転する場合は、住民投票の結果とは別に、「和泉市役所の位置を定める条例」の改正が必要』である。
  • 条例の改正には、『市議会(議長を含む出席議員)の3分の2以上の賛成による議決を経ることが、地方自治法に規定』されている。
  • よって『市としては、「和泉中央住宅展示場跡地への新築移転に賛成」が有効投票数の3分の2を超えることを庁舎移転の判断基準といたします』とのこと。

和泉市庁舎整備に関する住民投票及び市民説明会を実施します/和泉市ホームページ


こうした市の判断基準に対し、杉本淳・和泉市議がご自身のブログで次のように異議を唱えておられます。少し長いのですが、以下に引用します:

 住民投票における結果については、”移転”については、議会の議決が3分の2を必要とすることから同じく3分の2を超える投票でないと当該結果を”尊重しない”ときたもんだ!
 驚いた!住民投票の判断基準を勝手に”過半数”から変えてしまったのである。
 もう一段飛んで言うと”憲法改正の手続き”においても衆参両議員で3分の2の議を経て発議し、”国民投票”、つまりは直接国民にご判断をいただく場合でも”過半数”なのである。
 なんと和泉市は、住民の判断が二者択一でありながら、もう片方は過半数に満たなくとも、言い換えれば、過半数の和泉市民の意見を尊重せず、ご自分の判断を尊重するということです。
 これでいいのでしょうか?
 住民投票条例のどこをさがしても「3分の2」などという数値は出てきません。提出した私が言うのですから確かなことです。


個人的には、杉本市議の考えに同感です。国民投票でも最終決定は「過半数」……。また、他市の住民投票の例をざっと調べてみても、「3分の2」という判断基準は(あくまでざっと調べた限りですが)見あたりませんでした。
市庁舎整備 住民投票 - Google 検索


他の議員のみなさんや市民のみなさんは、この「和泉中央移転は3分の2超の賛成で」という判断基準をどのように思われているのでしょうか?

住民投票の結果、「現在建て替え案が過半数」あるいは「和泉中央案が3分の2超」の賛成票を得たのであれば、異論はないと思います。

しかし「和泉中央案が過半数の賛成」となった場合はどうなるのか? 議員のみなさん、そして市民のみなさんは、「3分の2超ではなかったから、現地建て替え案」という結果を素直に受け入れられるのでしょうか……?


【参考リンク】