和泉市きまぐれWatch

大阪府和泉市のネタをきまぐれに取り上げる個人ブログ

和泉市の災害自動案内装置システム(火事火災などの災害テレホン案内)

今日は泉大津で大きな火事がありましたね。テレビなどのニュースでも取り上げられていたので、すでにご存じの方も多いと思います。空に大きく立ち上がる黒煙が和泉市内からも見えたようで、ビックリされた方も多かったのでは? 一方、和泉市内でも建物火災が発生していたという話。

泉大津の火事は、泉大津市小津島町の「伸共運輸」の屋外資材置き場から出火したもの。燃えたのは、輸出用の電化製品やバイク、家電製品などスクラップの山。敷地には約3,900トンの廃材が山積みになっていて、そのうちの1,300トンが燃えたのだとか。約6メートルの高さに積み上げられた廃材が燃え、出火から7時間ほどたった午後5時頃に、ようやく消し止められたとのこと。現場は、泉大津港フェリーターミナルの北西約500メートル。けが人がなかったということで、不幸中の幸いでしたね。

一方で、和泉市内でも火事が発生していたようです。府中町三丁目で昼の12時頃、外壁面及び屋外物品を若干焼損する建物火災が起きたという情報が、和泉市消防本部の災害情報ページにありました。この件はWeb上のニュースなど検索しても見つからないので、泉大津よりは小さい火事だった? といっても現場付近の方は、延焼の心配など、怖い思いをされたのではないでしょうか。


ところで和泉市消防本部では、「災害自動案内装置システム」を導入しているのをご存じでしょうか? これは、災害自動案内番号(電話番号)に電話を掛けると、自動音声が火災情報を教えてくれるというテレホン案内サービス。このシステムは同時に1,000回線まで応答可能なのだとか。

消防車がサイレンを鳴らして出場する音を耳にしたときは、この災害テレホン案内に電話すると、どこで火災が発生したのかなどを知ることができます。気になった方は、ぜひ利用されてみてはいかがでしょうか?

電話番号など詳細は、「消防情報-消防本部からのお知らせ(火災などの災害テレホン案内)」のページでご確認下さい。携帯電話からも問い合わせができるとのこと。ただし、PHS(NTTドコモ社含む)および、ひかり電話など一部の電話からは問い合わせができないそうなのでご注意を。


【参考リンク】


※ちなみに、泉大津市消防本部には、泉大津市内で現在発生している災害(火事など)の内容(情報)を提供するページ(災害情報のページ)があります。こちらはリアルタイムに情報が掲載される反面、鎮火した場合はすぐに削除される仕組みで、災害の履歴は残らないようです。