和泉市きまぐれWatch

大阪府和泉市のネタをきまぐれに取り上げる個人ブログ

和泉市「容器包装プラスチック」の分別収集は、いつからスタート?

和泉市では「容器包装プラスチック」の分別収集は、いつからスタート? という話。

容器包装プラスチックとは、「商品を入れたり、包んだりしているプラスチック製の容器や包装物」で、「中身(商品)を取り出したり、使い切ったあとに不要となる」もののこと。「プラマーク」の目印が付いているのが特徴。

容器包装プラスチックの例
容器包装プラスチックの例


和泉市では現在、容器包装プラスチックの分別収集は行っていません。このため、日常(可燃)ごみとして出すことになっています。日常ごみは有料指定袋に入れて出すわけですが、この日常ごみの中でも、容器包装プラスチックは大きな割合を占めている状態です。

この「容器包装プラスチック」の分別収集を行えば、ごみの減量・再資源化をいっそう進められます。有料指定袋に入れて出す日常ごみの量を減らせます。有料指定袋にかかる費用も軽減できます(資源ゴミのため、無料で処分できる)。そしてリサイクルにより、資源の有効利用にもなります。

他市では、すでに「容器包装プラスチック」の分別収集を行っているところがあります。お隣の泉大津市でも、来年4月からスタートするようです。



和泉市では、「容器包装プラスチック」の分別収集をいつからスタートする予定するのでしょう……と個人的には気になる今日この頃。現在、開催中のタウンミーティングで質問が出たりしている?


※ちなみに、「容器包装プラスチック」の分別収集は『容器包装リサイクル法』に基づいて実施されるもの。この法律では、1)消費者である市民が分別排出し、2)市が分別収集し、3)容器包装を製造もしくは利用する事業者がリサイクルを行う、という役割分担が定められいる、とのこと。
3R 容器包装リサイクル法:容器包装リサイクル法の概要