和泉市きまぐれWatch

大阪府和泉市のネタをきまぐれに取り上げる個人ブログ

和泉市消防本部で「結核の集団感染」が発生/感染拡大のおそれなし

和泉市消防本部で「結核の集団感染」が発生した、という話。「初発病者は、当本部に勤務(内勤)の消防職員」「発病者1人、感染者14人を確認」「感染拡大のおそれはない」「初発病者は入院治療を行い、現在勤務に復帰」とのこと和泉市ホームページより。
結核集団感染が発生/和泉市ホームページ(和泉市消防本部)


この件については、テレビニュースでご覧になった方も多いのでは?
16人が結核に集団感染 大阪周辺| ytv 読売テレビ ニュース&ウェザー


詳細については、大阪府の報道発表資料として提供されています。テレビや新聞のニュースなどは、こちらの大阪府の情報を元に作成されていると思います。
大阪府/報道発表資料/結核集団感染の発生について


上記、府のページでは「結核集団感染の定義」「感染と発病の違い」などの説明も掲載されています。

「府民の皆様におかれては、2週間以上咳や痰が続くなど結核が疑われる症状があれば、早期の医療機関の受診をお勧めします」とのこと。しかし、受診先の医療機関が結核を疑わない限り、検査もされずに見逃されたままになってしまいますね。

今回のケースも「平成27年9月下旬から咳、発熱が持続するため、11月4日に近くの医療機関を受診し、処方を受けましたが症状が改善しないため、12月9日に別の医療機関を受診し、胸部CT(コンピュータ断層撮影)検査を実施。結核と診断され」……という。

あまりに長引く咳や痰などの症状があれば、患者自ら、結核のチェックをお願いすることが必要なのかもしれませんね。