和泉市きまぐれWatch

大阪府和泉市のネタをきまぐれに取り上げる個人ブログ

「蔭凉寺」(いんりょうじ)の桜が満開/和泉市尾井町

大阪・和泉市尾井町の「蔭凉寺」(いんりょうじ)の桜が満開、という話。和泉市で桜といえば「黒鳥山公園」が有名ですが、その黒鳥山から車で約10分程度のところにあります。駐車場(ただし地面が砂利)もあるので、車でのお参りも可能。近くを通りかかった際に、ちょこっと桜を楽しみに寄ってみる……という感じで訪れてみるのにオススメの場所かと思われます。

蔭凉寺入り口の桜並木
蔭凉寺入り口の桜並木

蔭凉寺の門前
蔭凉寺の門前

蔭凉寺の説明板
蔭凉寺の説明板


ちなみに蔭凉寺は和泉で唯一の禅宗寺で、寛文元年(1661)開基の曹洞宗の禅寺とのこと。本堂前には、樹齢350年といわれる銀木犀(ぎんもくせい)2本と、後に植えられた金木犀の大木があり、銀木犀は「大阪府の天然記念物」に指定されている、という(見ごろは秋とか)。
大阪府/大阪府指定天然記念物蔭涼寺のぎんもくせい ※「涼」=原文ママ(2016/04/06現在)


また蔭凉寺は、本堂正面廊下の天井板が「血天井」と呼ばれていることでも知られています。これは、大阪夏の陣で破れた豊臣方の武将が伏見桃山城で自刃した際に飛び散った血のついた床板を使ったといわれていることに由来している、とのことです。


【参考リンク】


【2016/04/06追記】
当初「蔭涼寺」と記していましたが、正しくは「蔭寺」でした(涼→凉:さんずいではなくて、にすい)。該当箇所を訂正いたしました。失礼いたしました。ただし、大阪府のページ名については「原文ママ」です(つまり、大阪府のページが誤字を用いている、という意味)。


※「蔭凉寺」の最新情報は、ブログ内検索にてチェックを!
蔭凉寺|和泉市きまぐれWatch