和泉市きまぐれWatch

大阪府和泉市のネタをきまぐれに取り上げる個人ブログ

信太山駐屯地の自衛隊員、預金通帳詐欺の容疑で逮捕

陸上自衛隊信太山駐屯地の隊員が預金通帳詐欺の容疑で逮捕された、という話。通帳や口座を転売して借金返済に充てる目的だったとのこと。ただし借金の原因は家族の治療費などだったということで、それが本当だとしたら、残念な事件という気も。


転売目的で銀行の通帳やキャッシュカードを詐取したとして、大阪府警和泉署は11日、詐欺容疑で、陸上自衛隊信太山駐屯地(和泉市)第37普通科連隊所属の三等陸曹(37)=和泉市伯太町=を逮捕したとのこと。逮捕容疑は、今年7月上旬ごろ、他人に譲渡する目的で堺市内の銀行に口座を開設、預金通帳1通とキャッシュカード1枚をだまし取ったという疑い。

発覚の経緯については、メディアにより微妙に異なっているのが気になるところ? MSN産経ニュースでは『容疑者が駐屯地の警務隊に出頭して容疑が発覚、通報を受けた同署が捜査していた』とあります。しかし、時事ドットコムでは『本人が不在の時に銀行から問い合わせがあったことを伝えられた際、言動が不審だったため、同駐屯地が府警に連絡していた』とのこと。容疑者が自発的に告白したのか、それとも追及されて口を割ったのか?

容疑者はすでに容疑を認めているとのこと。犯行の動機については、通帳などを転売して借金の返済に充てようとしていたのだとか。借金の原因が遊びやギャンブルだったとしたら、身勝手なとんでもない話。しかしMSN産経ニュースの記事にあるように、家族の治療費が借金の原因だったのなら、ご家族が気の毒で、残念な気がします。もちろん、本当のことはわかりませんが。


【参考リンク】