和泉市きまぐれWatch

大阪府和泉市のネタをきまぐれに取り上げる個人ブログ

和泉市内の保育施設で「O26」集団発生/いずれも軽症

大阪府は19日、和泉市内の保育施設で腸管出血性大腸菌感染症(O26)の集団発生があったことを発表した、という話。園児ら10人が下痢、腹痛などの症状を呈しているものの、いずれも軽症で、入院患者はいない、とのこと。大阪府のページより。
大阪府/報道発表資料/腸管出血性大腸菌感染症の集団発生について


8月12日(金)、和泉市内の診療所から和泉保健所に「腸管出血性大腸菌感染症(O26)を発症した患者(1歳、女)がいる」との届出があり、同保健所が調べたところ、患者は和泉市内の保育施設に通園していることが判明。

この保育施設の園児や施設職員、感染者の家族に対し検便を実施したところ、8月18日(木)までに行った検査結果において、88名(園児44名、職員31名、家族13名)中、10名(園児9名、家族1名)の検体から腸管出血性大腸菌(O26)を検出した、とのこと。

届出のあった園児を含め、陽性が判明した11名のうち、10名が下痢、腹痛などの症状を呈しているものの、いずれも軽症で、入院している人はいない、ということです。


「O26による腸管出血性大腸菌感染症はO157によるものと比べて軽症で気づきにくい」とか。O157のように重症化することは少ないようで、軽症で済んだのは不幸中の幸いだったといえそうです。

早く快復されますよう、お祈り申し上げます。