和泉市きまぐれWatch

大阪府和泉市のネタをきまぐれに取り上げる個人ブログ

フェイスブックページのデメリット/アカウント登録やログインを促すメッセージが邪魔

今回は、フェイスブックページのデメリットについて、少し書いてみる、という話。


フェイスブックページのデメリットとは「フェイスブックを利用していない人がフェイスブックページにアクセスした場合、ページの内容が見られず、すぐに閉じてしまうことがある」というもの。なぜなら、「フェイスブックへのアカウント登録やログインを促すメッセージ」が表示されて、ページの内容が見られなかったり、見づらかったりするから、です。
※パソコン(PC)だけでなく、スマホやタブレットでのアクセスでも同様


フェイスブックを利用していない人、あるいはログインしていない人がフェイスブックページにアクセスした場合、「フェイスブックへのアカウント登録やログインを促すメッセージ」が表示されることがあります。具体的には、画面のほぼ全体を「Facebookにログインして、○○○のコンテンツをさらにチェック」などというメッセージの白枠が覆い、「アカウント登録」「ログイン」ボタンなどの選択を迫る、というもの。当然、そのままではページの内容を見ることができません。

「フェイスブックへのアカウント登録やログインを促すメッセージ」の例(PCの場合)
「フェイスブックへのアカウント登録やログインを促すメッセージ」の例(PCの場合)


このメッセージ枠にはボタン以外に、「後で」というリンクもあります。これをクリックすると表示が消える……と思いきや、完全には消えません。画面の下・4分の1ほどを隠すカタチで表示が残った状態になります。このため、ページの内容が見づらいままとなります。

「後で」というリンクを押しても、画面の下・4分の1ほどを隠すカタチで表示が残った状態に(PCの場合)
「後で」というリンクを押しても、画面の下・4分の1ほどを隠すカタチで表示が残った状態に(PCの場合)


フェイスブック利用者でログインしている場合は、こうしたメッセージ枠が表示されないので問題ないのかもしれません。しかし、すべての人がフェイスブックを利用しているわけではありません。むしろ、利用していない人のほうが多いのでは?(個人的な印象)

また登録しているものの、その後利用していなくてログインしていない場合や、あるいはログインパスワードを忘れてログインしたくてもできない場合もあると思います。


Yahoo!・Googleなどサーチエンジンの検索結果からアクセスしたものの、ページの内容が見づらくて(場合によっては、見ること自体できない)、すぐに画面を閉じてしまう人って、けっこう多いのでは?


「フェイスブックユーザー」向けのサービスとして、フェイスブックページを開設するのは、良いと思います。しかし、フェイスブックページ「だけ」で済ませるのはどうか? と。


非フェイスブックユーザー向け、というか「一般向け」に、誰でも普通に閲覧できるWebサイトあるいはブログなどを「メイン」として用意しておいたほうが良いのでは……と個人的には思うのですが、いかがでしょうか?


フェイスブックページ「だけ」で満足して良いのか? フェイスブックページのデメリットをご存じでしょうか? ……と思って、今回、記事にしてみました。
※情報発信ツールとしてフェイスブックページを採用しているケースは、和泉市内の企業やお店、公的機関などでも多いようなので。