和泉市きまぐれWatch

大阪府和泉市のネタをきまぐれに取り上げる個人ブログ

「無痛分べん」で女性死亡 医師を書類送検へ/大阪・和泉市の産婦人科医院

ことし1月、大阪・和泉市の産婦人科医院「老木レディスクリニック」で、「無痛分べん」で出産した31歳の女性が意識不明になり、その後、死亡していたことがわかった、という話(赤ちゃんは無事に産まれた、とのこと)。警察は「女性が呼吸不全になった際に、医師が人工呼吸などの十分な対応をしなかった」として、近く院長(59歳)を業務上過失致死の疑いで書類送検する方針とのこと。NHKニュースのページより。
「無痛分べん」で女性死亡 医師を書類送検へ 大阪 | NHKニュース


ニュース記事によると、「無痛分べん」とは、出産の際に母親に麻酔をかけることで、陣痛の痛みを和らげる分べん方法のこと。「妊婦の間で人気が高まっていて、ここ数年でさらに増えていると見られます」とか。

一方で、麻酔の副作用に細心の注意を払う必要があり、「無痛分べんには通常の分べんとは異なる管理が求められる」とも。


老木レディスクリニックといえば有名な産婦人科医院で人気もあり、これまで多くの出産をサポートし、経験も豊富だと思うのですが……それでも、今回のような悲しい出来事が起こってしまい、非常に残念です。


赤ちゃんの誕生を心待ちにされていた中での、突然の別れ……。ご家族の心中お察しいたします。


なぜこのようなことが起きたのか? 原因が解明されることを願うとともに、今後、出産を予定されていらっしゃる方々が安心して出産に臨めるよう、お祈り申し上げます。


【参考リンク】