和泉市きまぐれWatch

大阪府和泉市のネタをきまぐれに取り上げる個人ブログ

和泉市が前市長らに損害賠償請求(市道・上伯太線整備事業での「不適切支出」問題)

和泉市は2010年6月15日(火)、市が発注した「上伯太線」道路整備事業で不適切な支出があったとして、前市長の井坂善行(いさかよしゆき)氏を含む当時の市幹部4人に損害賠償請求を行った、という話。請求額は、松尾寺町の仮設グラウンド整備費など約4570万円で、支払期限は7月15日。支払われなかった場合には、市は損害賠償訴訟に踏み切る、のだとか。なお、前市長の他に請求されたのは、前副市長の松田孝氏および都市デザイン部前部長、都市デザイン部前次長。


この件については、「和泉市: 市道「上伯太線」整備にかかる損害賠償請求について(2010.6.16更新)」のページで告知されてします。しかし、賠償請求に至った経緯など、全く書かれていないという……(^^;)

以下、引用します(番号はこちらで追加)。


1)市民の皆様には、上伯太線問題について多大なご迷惑とご心配をおかけし深くお詫び申し上げます。
2)今般、近隣住民の皆様、工事関係者の皆様のご協力をいただき6月25日に上伯太線供用開始の予定となりました。
3)つきましては、6月15日に前市長の井坂善行氏、前副市長の松田孝氏と市職員2人の合わせて4人に対し損害賠償請求を行いました
4)請求金額は、松尾寺町の仮設グラウンド整備費など45,668,120円です。
問:公民協働推進室(危機管理担当)


2)から3)のつながりが、全然、わからないです、私には(汗)。いきなり「つきましては」ですか?
※「供用開始が決まり、賠償金額が確定できたので、つきましては」ということ?
【2010/07/31追記】「つきましては」の部分は、「また、4月9日に本ホームページで、松尾寺の仮設グラウンド工事について違法及び過失があるということをご報告いたしましたが」と、6月24日付で更新されていました。


いずれにしても、上伯太線は6月25日に開通(こういう表現は変?)するということで(あ、「予定」となっているので、まだわからない?)。一度、見てみたいとは思うのですが、場所がいまいちわからない……和泉市のページにも、上伯太線の地図は掲載されていないようですし?
※ちなみに上伯太線整備事業は、まちづくり交付金事業として国からの補助金が40%あった。しかし、遅くとも2010年3月末に完了しなければ、返還する必要があった……ということで、無事開通できて、本当に良かった。


ところで、この「市道「上伯太線」道路整備事業に絡む『不適切支出』問題」(今、題名を作ってみました)については、話がややこしいようで、私にはちんぷんかんぷん……ですが、あえて、この問題の経緯をまとめてみますと、以下の通り。

ひとことでいうと「違法な代替グランド(=松尾寺グラウンド)の整備により、前市長らは市に損害を与えた」ということ、のようです。

※以下、2009年11月19日朝日新聞の記事などをもとに、経緯をまとめたもの。
あくまで個人的にまとめたものであり、勘違いや間違いがあるかもしれません。あくまで目安として、ご覧下さい。

●「市道「上伯太線」道路整備事業に絡む『不適切支出』問題」の経緯
1)市は2007年9月、市道上伯太線内の架橋工事を大阪市内の土木会社に発注。
2)道路建設地には、和泉市内の少年野球チーム(リトルリーグ?)が使う「王子グラウンド」(泉北水道企業団の所有)があった。このため、約4900万円かけて隣接地にずらすことに。→このグラウンド移設工事は、当初の契約に含まれていた
3)しかし、隣接地が工事の資材置き場として使われることに。→道路建設中、グラウンドの移設ができないことに。
4)そこで、07年末から08年2月にかけて、約7キロ離れた空き地を一時借り上げ、仮設の「松尾寺グラウンド」を整備することに。→つまり、代替グラウンド建設工事。これは、当初契約にはなかった「別工事」。「野球チームへの補償」として行ったもの?
5)仮設「松尾寺グラウンド」は入札を行わず、市議会の承認がないまま発注。しかも、2)の移設費用約4900万円を流用。当初の費用見積もりは、約1500万円。しかし、水はけ対策など追加工事があり、最終的に約6100万円かかった(2007年12月着工→2008年3月完成)。2008年2009年3月議会で、この分の補正予算案が提出され、承認
【2010/07/31修正】「2008年議会」は誤り。正しくは「2009年3月議会」でした。
6)一方、資材置き場を「新王子グラウンド」にするため(=本来の、グラウンド移設工事)、その費用約6100万円を橋の区間を含む市道の改良工事に含めて、2008年10月に別の建設会社に発注。
7)しかし、工事用の重機の重さによって、地下の粘土層が地表に出てきたことなどから、水はけを良くするために、費用が倍の約1億2千万円にはね上がった
8)市は2009年秋、この増額を含む補正予算を出そうとしたところ、議会から増額幅の大きさや手続きを問題視する声があがり、市が内部調査を始めた

※市の内部調査の報告(2009年11月18日に開かれた議会の全員協議会で報告されたもの):
結論:「グラウンド使用者に何らかの代替措置が必要なのは分かるが、金銭補償をした方が安価だったと思われる
議会側への説明時に出席した担当者の説明:
「一連の事務手続きは上司の了解を得ていた
地元と代替グラウンド整備の話が進んでおり、当初から金銭補償は考えていなかった
(松尾寺グラウンド工事で入札をしなかったことについて)「入札にすると時間かかり、橋の工期に影響が出るので、緊急的に業者にお願いした」


で、今回、賠償請求されて問題となっているのは、4)5)。「仮設「松尾寺グラウンド」は入札を行わず、市議会の承認がないまま発注」というのが、「違法な代替グランド(=松尾寺グラウンド)の整備により、前市長らは市に損害を与えた」ということ、のようです。


ただ、他にも問題があったのでは? という意見もあるようです。
  • 1リトルリーグ1少年野球チームのために代替グランドを整備する必要はあったのか?(金銭補償でよかったのでは?)
    【2010/07/31追記】1リトルリーグではなく、1少年野球チームだったということで、修正しました。
  • わずか2年足らずしか利用しない仮設グラウンドの、1カ月当たりの費用は363万円?
  • 照明設備、ダッグアウト、ブルペンなどばかりではなく、グランドの砂は言われるままに今治から購入?
  • 本来は議会がチェック機能をはたすべきではないか?(最終的には、8)で議会のチェックが機能したといえるのかもしれませんが)
  • 市長が変わっても問題がチェックされることなく、そのまま(2009年秋に)補正予算を出したのはおかしいのでは?


……などなど。

なんともややこしい問題で、今回は尻切れトンボで終わってしまいます。申し訳ないです。

ただひとつ、はっきりしているのは、市民の税金がかなり無駄に使われてしまい、そのしわ寄せは結局、市民の方へ来そう……ということだと思います(^^;)


なにはともあれ、この件で参考になるであろうページをご紹介しておきます。



以下も参考に。

  • 2009/11/21:泉州ニュース -泉州ドットコム- 和泉市の08年決算 不認定で調査報告
    →「asahi.com:和泉市の08年決算 不認定で調査報告-マイタウン大阪」の記事が掲載されています(でもここって、朝日新聞からの転載許可をとっているのでしょうか……?)
  • 2009/11/19:市民の力で政治を変えよう:議員全員協議会(上伯太線について) - livedoor Blog(ブログ)
    →2009年11月18日に開かれた議会の全員協議会の様子が掲載されている。『松尾寺グラウンドの撤去には8百万円の費用が新たに発生するため、総費用は6千9百万円となります。わずか2年足らずしか利用しない仮設グラウンドの1カ月当たりの費用は363万円となります。この数字が市民の理解を得られる数字なのか大いに疑問です』とのコメントあり。
  • 2009/12/18:2009年12月議会報告 NO・3 上伯太線 こんにちは 大橋涼子です。/ウェブリブログ
    →こちらも、2009年11月18日に開かれた議会の全員協議会の様子が掲載されている。『出された資料からは、グランドを主に利用していたリトルリーグの言いなりになっていた行政の対応が見えてきます。照明設備、ダッグアウト、ブルペンなどばかりではなく、グランドの砂は言われるままに今治から購入しています。事業が完了してから見積もりが出されるなど驚くことばかりです。なにせ1リーグに2億円が使われたのですから・・・』など、ほんとにびっくりするようなことが。また、『担当課長も部長も、当時の市長・副市長には1500万の予算内で代替グランドを行うことだけを伝えたと言っています』という話も。
  • 2009/12/23:市民の力で政治を変えよう:意見続出!上伯太線道路整備事業説明会(09,12,21) - livedoor Blog(ブログ)
    →12/21に開かれた「上伯太線道路整備事業説明会」の様子が掲載されてします。『最後の質問者の方は行政がこんな説明会を開催するのはおかしいのではとの指摘をされたように思います。本来は議会がチェック機能をはたすべきではないかとのことです。それについては山下副市長の方から議会にも松尾寺グラウンドの事は説明がなかったと言っておられました』『ご指摘のように議会が行政に面倒がられても、根掘り葉ほり付帯工事の詳細を聞いておれば、もっと早い段階で問題が露見したかもしれません』とのコメントあり。
  • 2010/04/09:和泉市: 上伯太線道路整備工事のお詫びとご報告
    →『松尾寺の仮設グラウンドは、そもそも市の義務でない工事を行ったことは議会や市民の皆様のご理解を得ることができず、違法かつ過失があると認め、前市長には市政を担う最高責任者としての責任があり、損害賠償を求めてまいる所存』という、辻宏康市長の言葉が。