和泉市きまぐれWatch

大阪府和泉市のネタをきまぐれに取り上げる個人ブログ

「第1回 市長と中学生の夏休みハートフルトーク」がおもしろかった

和泉市のウェブサイトで公開されている「第1回 市長と中学生の夏休みハートフルトーク」の概要(PDFファイル)がおもしろかった、という話。おもしろかったといっても、笑えるという意味ではなくて、いろいろ考え・アイデアがあるのだなぁと感心させられた、という意味で。あ、でも、「和泉市をヘチマの町に」というアイデアには、ホントに笑ってしまいましたが(良い意味で)。


「市長と中学生の夏休みハートフルトーク」とは、和泉市のまちづくりに関して、市長と中学生が自由な雰囲気で語り合う集まり(ミーティング)のこと。中学生には市政への関心を深めてもらうとともに、中学生の考えを将来の施策の参考にさせてもらうことを目的として、企画されたのだとか。

その第1回目となる今年は、平成22年8月24日に開催され、市内中学校の代表生徒10人と市長・副市長など市の幹部8人が出席。また保護者や学校関係者も観客として来場していたようです。

現在、そのハートフルトークの概要がPDFファイル形式で、市のWebサイトから閲覧することができます。各代表生徒のテーマは、以下の通りです。

  • しっかりルールを守るまちに
  • 施設の充実と、自然の保護を
  • 保育園増設を、認定こども園について
  • 保育園の充実を
  • 和泉市をエコのまちに
  • 農業の伝承について
  • 横山高校跡地利用と横山地域のバスについて
  • 地域のごみを何とかしたい
  • 北信太駅周辺をもっとにぎやかに
  • 日本の教育に望むこと


このうち、個人的に感心させられたのは「和泉市をエコのまちに」。主な内容は「ゴミの分別収集を促進させるために、資源ゴミにエコポイントをつけてみては?」と「植物を育てて『緑のカーテン』を増やせば、電気を節約できるのでは?」というもの。このうち、後者の具体的なアイデアとして、次の説明がありました。

この『緑のカーテン』を和泉市全体で行って、さらに和泉市を全国にPRするために考えたのは、和泉市を「ヘチマのまち」にすることです。ただ、植物を植えるだけでは、水やりがめんどくさくて長続きしないと思います。だからヘチマなんです。ヘチマ水とヘチマタワシを和泉市の特産物にしてしまえば、みんながヘチマを育てる気持ちになれるのではないかと思います。


和泉市を「ヘチマのまち」に!(笑) 思わず笑ってしまいましたが、イヤ、たしかにいいアイデアかも? 個人的には好きなアイデアです。

でも、ヘチマよりは、ゴーヤーのほうがいいかなぁ? という気も。だって、ゴーヤーは美味しいですし(爆)。でもゴーヤーだと、特産物にはなりにくい?(すでに特産地がある?)
※ちなみに、この生徒の学校では現在、ゴーヤを育てて『緑のカーテン』を作る運動をしているのだとか。


もちろん、他のテーマも興味深いテーマ&内容でした。このブログ記事をご覧になられた皆さんにもぜひ、オススメしたいと思います。


【参考リンク】