和泉市きまぐれWatch

大阪府和泉市のネタをきまぐれに取り上げる個人ブログ

ノロウイルス:いぶき野小学校の2児童から検出(24日のお話)

(少し前のお話ですが)府と和泉市教委は12月24日、いぶき野小学校の2児童からノロウイルスを検出したことを発表した、という話。今月13~24日、1~6年の児童106人が下痢や嘔吐などの症状を訴えていた、のだとか。このため、同校は学級閉鎖などで対応。さいわい重症者はおらず、おおむね快方に向かっている、とのこと。
※このブログ記事を書いている28日現在では、みなさん、お元気になっているのではないでしょうか?


感染しないように気をつけたいと思うものの……新聞記事によると、発生原因は不明なのだとか。校内での嘔吐によって、感染が拡大した可能性がある、とのこと。「厚生労働省:ノロウイルスに関するQ&A」のQ19には、こんな説明文があります。

ノロウイルスは乾燥すると容易に空中に漂い、これが口に入って感染することがあるので、吐ぶつやふん便は乾燥しないうちに床等に残らないよう速やかに処理し、処理した後はウイルスが屋外に出て行くよう空気の流れに注意しながら十分に喚気を行うことが感染防止に重要です』

ノロウイルスって、本当にやっかいなウイルスなのですね。学校に限らず、他の集団施設でも、下痢や嘔吐などの症状を訴える人が現れたら、真っ先にノロウイルスを疑ってみたほうがよいのかもしれませんね。のちの感染拡大の危険性や防止の重要性を考えると……。

さいごに、感染・発症された方々が早く回復できるよう、お祈り申し上げます。


【参考リンク】