和泉市きまぐれWatch

大阪府和泉市のネタをきまぐれに取り上げる個人ブログ

おすすめのオーブン電子レンジ「HITACHI MRO-GS7-H(日立)」購入レポート:評価・感想・レビューなど

今回はネット通販体験・評価レポート。日立の過熱水蒸気(ボイラー式)オーブン電子レンジ「MRO-GS7(H)」(ライトグレー)を、昨年12月にネット通販で購入した、という話。個人的には、あたためメインで使うならおすすめの電子レンジだと思います。3万円以下という価格ながら、給水タンク方式のスチーム機能も搭載されており、コストパフォーマンスの高いレンジ。また操作についてはジョグダイヤルではなく、時・分・秒などの専用ボタンがあるので、手動調理がしやすい便利な電子レンジとして、個人的には気に入っています。

というわけで、このページでは「日立の過熱水蒸気(ボイラー式)オーブン電子レンジ「MRO-GS7(H)」(ライトグレー)」の評価・感想・レビューなどをご紹介しています。あと、ページ末には、デジカメ写真画像も掲載(取扱説明書・マニュアルの一部も含む)しています。参考にしていただけるとうれしいです。

日立の過熱水蒸気(ボイラー式)オーブン電子レンジ「MRO-GS7(H)」(ライトグレー)の商品画像。
日立の過熱水蒸気(ボイラー式)オーブン電子レンジ「MRO-GS7(H)」(ライトグレー)


※購入したのはジョーシンWebのページ「MRO-GS7-H | 日立 | 過熱水蒸気オーブンレンジ 22L ライトグレー | ジョーシン」から。そのときの価格は長期修理保証(5年) も含めて、約26,000円でした。しかし2011年1月現在ではアマゾンでも、より安く購入できるようなので、ここではアマゾンの商品ページにリンクしています。


オーブン電子レンジ購入(買い換え)のきっかけ


買い換えのきっかけは、使っていた電子レンジがたびたびエラーメッセージを出すようになったため(「H98」のエラー表示。マグネトロンの問題? なのだとか)。購入後10年近く経っていることもあり、レンジが壊れる前に買い換えを決めました(ちょうど、不要家電の無料回収サービスもあったので)。
※ちなみに買い換え前の機種は、ナショナルのオーブンレンジ「NE-J40」(99年製)です。


通販利用時の注意点


ところで、通販の場合は基本的に「商品の配送」のみなのでご注意を。「宅配便」で、玄関先までの配達となります。梱包の開封から商品の設置そして旧製品の処分まで、すべて自己責任です。「アース線の取り付け」も自分でやることとなります(といっても、ドライバーでネジを外して取り付けるだけなので、それほど難しくないはず?)。
商品の設置および使用していたレンジの引き取り(処分)を望む場合は、地元の家電量販店などで購入するとよいでしょう。


オーブン電子レンジの選び方のポイント


さて今回、私がオーブン電子レンジ選びのポイントとしたのは、以下の2点です。
庫内の清掃のしやすさ
具体的には、庫内が全面フラット(平面)かどうか?
とくに庫内上面を要チェック。ヒーターガラス管が向きだしのタイプがある。
庫内の掃除のしやすさを重視する人にオススメのチェックポイント。
電子レンジの大きさ(設置スペース)
欲しいオーブン電子レンジが、設置したいスペースに収まるサイズかどうか?
「給水タンク」式のスチーム機能
スチーム機能をうたっていても、実際は角皿に水を注いだりする「簡易スチーム」タイプもあるので。
以上の基準をもとに「価格.com - 電子レンジ・オーブンレンジ | 製品情報、価格比較、通販」で、現在発売されているレンジを探してみたところ、「日立のオーブン電子レンジ MRO-GS7-H」を発見。他のオーブンレンジとも比較してみた結果、これを購入することに決めました。

というわけで、次は「日立オーブン電子レンジ MRO-GS7-H」の特長(メリット)を紹介してみます。


「日立オーブン電子レンジ MRO-GS7-H」の特長(メリット)


MRO-GS7-H」の特長について、箇条書きで紹介してみます。

  • コンパクトで省スペース。外形寸法は幅483×奥行386(ハンドル含む42.7)×高さ340(mm)。
  • 背面壁ピッタリ設置&上方放熱スペース10cmでオーケー。
  • 全面フラット庫内で掃除しやすい。上面もフラット。ヒーターガラス管がむき出しになっていない。
  • 「給水タンク」式のスチーム機能。
  • ボタンの数が多い。「早らくキー(カテゴリー選択ボタン)」ほか、ワット数および時分秒ボタンがある。
  • 操作音・終了音(メロディー)は「ブザー音(ピピピ音)」や「無音」に切り替え可能(音量調節はなし)。

逆に今度は、「日立オーブン電子レンジ MRO-GS7-H」の短所(デメリット)と思われる点について、触れてみたいと思います。


「日立オーブン電子レンジ MRO-GS7-H」の短所(デメリット)?


日立オーブン電子レンジ MRO-GS7-H」の短所(デメリット)については、以下の通りです(あくまで個人的な感想です)。
オート調理のメニュー数やレシピ数が少ない
上位機種と比較すると、オート調理のメニュー数やレシピ数が少ない。オートメニュー数は33、レシピ数(付属のクッキングガイド掲載数)は89。
庫内容量が22Lと小さめ?
個人的には前のレンジとほぼ同じなので、特に不満はありません。ただし上位機種では、庫内容量の標準的なサイズ30L以上がなので、念のため指摘しておきます。
オート調理の「できあがり時間の計算表示」が遅い?
オート調理では、「できあがり時間の目安」が表示されます、しかし、表示されるまでの計算時間が遅いような?(40秒ぐらい?)。前のレンジでは、すぐに表示されていたので。
複数調理機能がない
上位機種に搭載されている「2品同時オーブン」「2品同時あたため」といった、複数の食品を調理する機能はありません。
黒皿用の「取っ手」が別売
黒皿を取り出すときに使う「取っ手」は付属していません。別途購入するか、あるいはふきんやオーブン用手袋を用意する必要があります(ウチでは、前のレンジに付属していた取っ手をそのまま使っています)。
もっとも、こうしたデメリットよりメリットのほうが多いと思ったので、購入したわけですが。

というわけで、次は「こんな方におすすめのオーブン電子レンジでは?」という例を挙げてみたいと思います。

【2011/02/06追記】
ちなみに「MRO-GS7」の黒皿用の取っ手の型番は、「MRO-N80 003」(希望小売価格:840円・税込)です。MRO-GS7の取扱説明書(PDFファイル)の4ページ目に記載されています。
「MRO-GS7」の黒皿用の取っ手の型番

楽天で「MRO-N80 003」を検索すると、販売しているショップが見つかりますが、家電量販店に注文すれば取り寄せることができると思います(たぶん送料無料、というか不要)。


「日立オーブン電子レンジ MRO-GS7-H」は、こんな方にオススメ。


個人的には、以下のような方にオススメのオーブンレンジだと思います。

  • あたためがメインという方
  • お手入れ・掃除のしやすいオーブン電子レンジが欲しい方
  • コンパクトで省スペースなレンジを選びたい方
  • マニュアル調理が多いという方
  • ジョグダイヤルが苦手という方
  • ボタン操作を少なくしたい方
  • オート調理やオーブン機能はあまり使わない方

次は、「日立オーブン電子レンジ MRO-GS7-H」の評価・感想・レビューです。


「日立オーブン電子レンジ MRO-GS7」の評価・感想・レビュー


実際に日立オーブン電子レンジ MRO-GS7を使ってみた感想や評価、レビューそして気づいたことなどを以下に挙げておきます(といっても、メリットとデメリットのまとめみたいですが)。
  • 出力切替や時分秒のボタンがあるので、個人的には操作しやすい。ジョグダイヤル方式でボタンが少ない上位機種に比べると、ボタンを押したりダイヤルを回したりする回数は少なくて済んでいる、と思う(しかしこの評価は、個人の好みによって異なるかもしれません)。
  • ご飯のあたため(200g)は「やや弱」の仕上がり設定で、できあがりやや熱めかな? という感じ。ちなみに「100g未満のものはマニュアル調理で」と説明書にあります。
  • あたための出来具合は、食品の分量や器の大きさなどで違ってくるみたい。仕上がり調節あるいはマニュアル調理で好みの設定を見つけるのが良さそう。
  • オーブンやスチーム機能は、まだほとんど使っていないので未評価。
  • 運転中の音は、個人的には問題ないレベル(騒音に感じないレベル)。
  • 操作音・終了音(メロディー)の切替専用ボタンはない。「温度/仕上がりボタン」の3秒押しで切り替え。切替やすいとはいえないが、ひんぱんに切り替えるわけではないので、個人的には問題なし。
  • ウチでは「ブザー音」に設定。標準のメロディー音はやや大きめに感じるため。
  • 「Made in Thailand」(タイ製)だった。

続いては、購入時のトラブルや不具合など……。


購入時のトラブル、不具合など


日立オーブン電子レンジ MRO-GS7-H」の購入してから2011/01/現在で1ヶ月ほどになりますが、エラーメッセージが出たり、動作がおかしくなったりといったトラブルや不具合は、今のところありません。

次はお待ちかね? の、商品画像のご紹介です。


「日立オーブン電子レンジ MRO-GS7-H」の商品画像など


「日立オーブン電子レンジ MRO-GS7-H」の商品箱。
1)「日立オーブン電子レンジ MRO-GS7-H」の商品箱。上に載せているのは、半分に折った新聞紙。

商品箱の上面。
2)商品箱の上面。商品の取り出し方が記載されているので、この通りに取り出すと良い。

箱から取り出した「MRO-GS7-H」
3)箱から取り出した「MRO-GS7-H」

「MRO-GS7-H」の背面。
4)「MRO-GS7-H」の背面。アース線取り付け位置。プラスネジ。

「MRO-GS7-H」の背面。
5)「MRO-GS7-H」の背面。黒い部分が蒸気吹き出し口。

「MRO-GS7-H」の側面左側。
6)「MRO-GS7-H」の側面左側。下から電源コードが出ている。

設置した「MRO-GS7-H」。
7)設置した「MRO-GS7-H」。プライバシー保護のため、モザイクかけてます(汗)

「MRO-GS7-H」の取扱説明書および料理集(クッキングガイド)。
8)「MRO-GS7-H」の取扱説明書および料理集(クッキングガイド)。カラー印刷じゃないのが残念。

「MRO-GS7-H」の庫内。
9)「MRO-GS7-H」の庫内。

「MRO-GS7-H」の庫内。
10)「MRO-GS7-H」の庫内。スチーム吹き出し口。上面がフラット。

「MRO-GS7-H」の庫内右側。
11)「MRO-GS7-H」の庫内右側。

「MRO-GS7-H」を初めて使うときの説明。
12)「MRO-GS7-H」を初めて使うときは、空焼き(脱臭)しなさいとのこと。

「MRO-GS7-H」の付属品など。
13)「MRO-GS7-H」の付属品など。

「MRO-GS7-H」の給水タンク。
14)「MRO-GS7-H」の給水タンク。フタを開けた状態。

「MRO-GS7-H」の給水タンク
15)「MRO-GS7-H」の給水タンク。フタを閉じた状態。

旧製品レンジの付属品である黒皿用の「取っ手」。
16)旧製品レンジの付属品である黒皿用の「取っ手」。「MRO-GS7-H」にはこの取っ手が付属していないので注意(別売り品とのこと)。


次は、「日立オーブン電子レンジ MRO-GS7-H」の主な仕様をご紹介します。


「日立オーブン電子レンジ MRO-GS7-H」の主な仕様一覧


メーカー型番:MRO-GS7 H
サイズ:34.0×48.3×38.6cm
本体重量:約13500g
原産国:タイ
交流式
電源:AC100V
レンジ手動出力(W):800、600、500、200相当、100相当
レンジ消費電力(最大):1450W
オーブン出力:1280W
オーブン消費電力:1330W
オーブン温度調節:100~210度、250度※発酵(30・35・40・45度)※最高設定温度での運転時間は5分間です。その後は自動的に250→210度に切り替わります
グリル出力:1280W
グリル消費電力:1330W
庫内形状:フラット
センサー種類:赤外線センサー+温度センサー
スチーム機能:水タンク
スチーム機能(過熱水蒸気):ボイラー式
オーブン/グリル機能(方式):上下平面ヒーター式(1段)
オーブン/グリル機能(最高温度):250度※最高設定温度での運転時間は5分間です。その後は自動的に250→210度に切り替わります

最後におまけとして、他に比較したオーブン電子レンジをご紹介しておきます。


おまけ:他に比較したオーブン電子レンジ


日立オーブン電子レンジ MRO-GS7-H」と比較したオーブン電子レンジを、以下にご紹介しておきます。

「Panasonic 3つ星ビストロ スチームオーブンレンジ コモンブラック NE-A263-CK」の商品画像。
Panasonic 3つ星ビストロ スチームオーブンレンジ コモンブラック NE-A263-CK

「ビストログリル皿」がウリ。仕事などの関係で夜に家事をすることが多いいわゆる「夜カジ」な人向けの電子レンジということで、ボタン一つで終了音・操作音をOFFにできる専用の「ブザー音 切/入キー」を装備しているのが特徴。ただし、スチームは給水タンクを使うものの、庫内奥の「水受皿」に水をためてスチームを発生させる仕組み。なぜかこの機種、置いている実店舗が近隣にはなかったため、実物を見たことなし。おそらく庫内上部は管ヒーターむき出しだろうということで、却下となりました。あと、色がブラックしかないので。

「Panasonic 3つ星ビストロ スチームオーブンレンジ ホワイト NE-A303-W」の商品画像。
Panasonic 3つ星ビストロ スチームオーブンレンジ ホワイト NE-A303-W

ビストロシリーズでは唯一、庫内上部がフラットな機種(だったと思います。購入検討の方は要確認のこと)。ただ、ウチではサイズが大きすぎる、ということで却下。あと、ボタンキーの数が少なすぎるのも気になりました。


参考リンク




↓最後にもう一度、紹介しておきます。

日立の過熱水蒸気(ボイラー式)オーブン電子レンジ「MRO-GS7(H)」(ライトグレー)の商品画像。
日立の過熱水蒸気(ボイラー式)オーブン電子レンジ「MRO-GS7(H)」(ライトグレー)