和泉市きまぐれWatch

大阪府和泉市のネタをきまぐれに取り上げる個人ブログ

弥生文化博物館で「文楽」の講演会(1月30日)

2011年1月30日(日)、大阪府立弥生文化博物館(和泉市池上町)で「文楽」の講演会が行われる、という話。講演会のタイトルは『大阪文化再発見講座「世界無形文化遺産 文楽の魅力」』。人形浄瑠璃「文楽」を気軽に楽しめる講座なのだとか。大夫・三味線・人形の解説、人形遣い体験のほか、ミニ公演『「艶容女舞衣(はですがたおんなまいぎぬ)」酒屋の段より』も上演されるとのこと。

大阪文化再発見講座「世界無形文化遺産 文楽の魅力」のチラシ画像。
大阪文化再発見講座「世界無形文化遺産 文楽の魅力」のチラシ画像。

詳細は以下の通り。
タイトル
大阪文化再発見講座「世界無形文化遺産 文楽の魅力」
場所
府立弥生文化博物館ホール(和泉市池上町4。最寄り駅:JR信太山駅から徒歩10分)。
時間
午後2時~3時30分
定員
170名(当日先着順。午後0時30分から整理券配布・午後1時30分から受付)
参加費
無料(ただし入館料が必要)
※入館料 一般400円/65歳以上・高大生300円
※冬季企画展「続・発掘へんろ-四国の弥生時代-」も閲覧可能
内容
1)大夫・三味線・人形の解説
2)人形遣いの体験
3)文楽ミニ公演「艶容女舞衣(はですがたおんなまいぎぬ)」酒屋の段より


【参考リンク】