和泉市きまぐれWatch

大阪府和泉市のネタをきまぐれに取り上げる個人ブログ

井坂よしゆき前市長、学校給食米の報告ページの問題点を指摘

10月14日に和泉市のホームページに掲載された、学校給食米に関する和泉市教育委員会からの報告ページについて、井坂よしゆき・前市長がブログで、ある問題点を指摘していらっしゃる、という話。報告ページ冒頭「保護者からお問い合わせがありましたので」という一文に対し、従来の方針を変更したなら、保護者の方からの問い合わせが来る前に説明すべきではなかったのか? と、問題提起されています。


説明責任。 - 井坂よしゆきのブログ - Yahoo!ブログ
和泉市: 学校給食で使用するお米について(10月14日更新)


井坂前市長のブログによると、「和泉市の学校給食米については、以前から地産地消を目的にして、地元産の米を使用してきた」とのこと。しかし、今回の教育委員会の報告では、「今年度は4月から6月までの3か月間は地元産を使用してきたが、あとは大阪府の学校給食会から購入しているという説明だった」そうです。
※報告ページには「滋賀県産キヌヒカリ(1等米)を使用」とあります。

しかし、井坂前市長が疑問に感じたのは、その報告の内容ではなく、冒頭に「保護者の方からの問い合わせがありましたので」というくだり、なのだとか。

従来の方針を変更したのなら、その経過があり、事情もあるはず。ならば「なぜ保護者の方からの問い合わせがないと説明しないのだろう。なぜ報告できないのだろう」「なぜ児童、生徒が持ち帰る学校からの報告などの中に給食米のことを説明、報告しないのだろうか」などと指摘。

記事の最後は「方針変更が問題ではなく、保護者の方から問い合わせされること自体、教育行政としては『問題』である」と、厳しく締めくくられています。