和泉市きまぐれWatch

大阪府和泉市のネタをきまぐれに取り上げる個人ブログ

「市民税5%減税案」が和泉市議会で可決

和泉市議会は25日、2013年度に限り個人市民税を平均5%減税する市税条例改正案を賛成多数で可決した、という話。減税は辻宏康(つじ・ひろみち)市長の公約。市民税や町民税の減税は名古屋市などに続き全国で6例目で、関西の自治体では初めて、とのこと。


今回の条例改正案は、来年度の1年間に限り個人市民税を平均5パーセント減税する、というもの。減税の方法は、所得に関係ない均等割額は3000円を100円に、所得に応じて課税する所得割の税率は6%を5・85%に、それぞれ引き下げる、とのこと。

対象となるのは、低所得で非課税の約4万6000人を除いた約7万6000人1人当たりの平均減税額は5792円で、減税期間は1年間

市税収入は約4億4000万円の減収になる、という。

辻市長は2009年6月の市長選で「市民税10%減税」を公約に初当選。市は昨年2011年9月の定例市議会に「12年度に10%減税」の条例改正案を提出。減収分は行革の経費削減で対応するとしたものの、議会側は「財源確保が不確定」として否決した。

今回は、昨年度の行財政改革効果額を財源とし、減税幅を5パーセントに引き下げ、再提案。市が減収分を補える根拠を示したとして、議員の多数が賛成に転じた、そうです。


今回の減税案は「行財政改革の効果を市民に還元する」ため、なのだとか。対象となるのは約7万6000人で(市民全員ではなく)、1人当たりの平均減税額は5792円(あくまで平均)、そして1年限り。市税収入は約4億4000万円の減収……ですが、聞くところによると、税額システム変更のために数千万円かかる(1年限りなのに)、とも……。

一方で、市民1人あたりの借金は昨年度より1万円増えている、のだとか。和泉市の和泉市の11年度普通会計では、「市全体の借金は16・1億円増えて927億円になった。市民1人当たり50万円(前年は49万円)の借金になる」(『コミュニティ2525』10月11日号により)。
コミュニティバックナンバー|コミュニティ2525 -泉北・金剛・狭山地域の総合情報サイト-

……今回の減税案可決、単純によろこんでよいのかなぁ? と個人的には思ってみたり。将来にどんな影響(プラスあるいはマイナス)が出るのか? あるいは出ないもの、なのか? どうなるのでしょうね……。


※ちなみに、減った分の財源の補い方は「基金からの繰り入れで埋め合わせる(読売新聞)」、「市長や幹部職員の給与カットや市が所有する土地を売却するなどしてまかなう(毎日放送)」、「行財政改革の効果で経費が削減できると見込んだ6億1900万円で補う(毎日新聞)」などと報じられています。


【参考リンク】