和泉市きまぐれWatch

大阪府和泉市のネタをきまぐれに取り上げる個人ブログ

火災の虚報・誤報が相次ぐ

ここ2日間、和泉市内で火災の虚報・誤報が相次いだ、という話。火災発生時に配信される「いずみメール」によると、21日(水)には「和泉市緑ヶ丘で発生した建物火災は虚報と判明」。また22日(木)は「和泉市桑原町で発生した建物火災は誤報と判明」とのこと。

火災がなかったことはなによりですが、虚報=「虚偽通報・いたずら119番」は大問題いたずら電話で消防車や救急車が出動している時に、本当の災害が発生した場合……到着が遅れて被害が大きくなってしまいます。いたずらの通報は、絶対にやめてもらいたいと思います。


なお、虚偽通報・いたずら電話をした場合、以下の刑に処せられる可能性があります:
  • 消防法第44条20号(消防機関等への虚偽通報)……三十万以下の罰金又は拘留
  • 刑法第233条(偽計業務妨害)……三年以下の懲役又は五十万以下の罰金
  • 軽犯罪法第1条16(虚構の犯罪又は災害の事実を公務員に申し出た者)……拘留又は科料に処する


ところで、大きな警報・サイレンの音や、何台も出動する消防車・救急車の音で、「どこか市内で火事?!」と驚かれる方もいらっしゃるのでは? そこでおすすめしたいのが「いずみメール」。

現在、いずみメールに「火災情報に関する配信カテゴリー」が追加されています。このカテゴリーは、和泉市内で発生した【建物火災及び山林火災】の情報をリアルタイムに配信するもの。火災情報については、1件の火災に対し「発生時」と「ほぼ消えた時点」の2回配信してくれます。ぜひ登録をオススメします。
いずみメールの登録方法など/和泉市ホームページ


【参考リンク】


■2014/05/22に「ツイッターアカウント @izumiwatch」からツイートしたリスト